サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ジャックナイフ・ガール 桐崎マヤの疾走

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ジャックナイフ・ガール 桐崎マヤの疾走(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/31
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-2770-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ジャックナイフ・ガール 桐崎マヤの疾走 (宝島社文庫 このミス大賞)

著者 深町 秋生 (著)

稀代の不良・桐崎マヤ―ナイフを常に持ち歩く、通称“切り裂き”マヤが、近未来の東北を舞台に暴れ回る!目的のためならどんな手荒い行為もいとわない。大麻を収穫すべく隣県に乗り込...

もっと見る

ジャックナイフ・ガール 桐崎マヤの疾走 (宝島社文庫 このミス大賞)

594(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

稀代の不良・桐崎マヤ―ナイフを常に持ち歩く、通称“切り裂き”マヤが、近未来の東北を舞台に暴れ回る!目的のためならどんな手荒い行為もいとわない。大麻を収穫すべく隣県に乗り込んだところ事件に巻き込まれる「スラッシュ&バーン」、放火容疑を晴らすため真犯人を追う「サーチ&デストロイ」など、全5話を収録。マヤが暴走する理由が明かされたとき、哀しみが胸を打つ。【「BOOK」データベースの商品解説】

悪事はすれども非道はせず−。目的のためならどんな手荒い行為もいとわない“切り裂き”マヤが、近未来の東北を暴走する! 放火容疑を晴らすため真犯人を追う「サーチ&デストロイ」など、全5話を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

スラッシュ&バーン 9−81
サーチ&デストロイ 83−127
ストリート・ファイティング・マン 129−183

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/25 17:35

投稿元:ブクログ

近未来の東北を舞台に、切り裂きマヤこと桐崎マヤが暴れ回る。連作短編集。

スプラッター映画さながらに、これでもかと主人公のマヤがナイフを片手に切りまくる。退廃的で殺伐とした雰囲気が全体を漂わせている中、力強く生きるマヤや周りの連中が妙に明るく、生々しい血みどろ描写にも爽快感さえ覚えてしまうのが不思議。終始、ウゲェとなりながらも、サラサラッと楽しく(?)読めた。でも、もう少し、マヤに突っ込んでも良かったかな。裏表紙を読んで期待してたのに、あれ、もう終わっちゃった?って感じ。

2014/07/31 23:11

投稿元:ブクログ

アウトローな雰囲気に溢れる、バイオレンスミステリ。ヒロインの桐崎(切り裂き)マヤがかっこいいったら! かなりやることはえげつないけれど、それでも外道ではないプライドと強さがとんでもない魅力です。しかしそれにしても、現実にこんな荒んだ世の中にならないことを切に祈ります。
お気に入りは「ストリート・ファイティング・マン」。マヤもだけど、あの人も実にかっこいいなあ。

2014/06/27 18:36

投稿元:ブクログ

軽く読めて面白い娯楽小説。素直にマヤちゃんかっこいー!ってなった。王道は素晴らしいと再確認。シリーズ化してほしいくらい、読んでて楽しかった。ただもうちょっと内面の深いところまで描写してほしかった感じはある。

2014/07/06 18:22

投稿元:ブクログ

202X年、荒廃しきった日本東北地方。
17歳の戦闘美少女マヤは、ナイフ片手に悪者とわたりあう。

山形弁の悪党がいつもの深町節というかんじ。
三家本礼の『血まみれスケバンチェーンソー』の小説版的なかんじかな。
漫画にするなら絶対そう。
ポップで血まみれでやっぱりいいね!

2016/02/11 17:24

投稿元:ブクログ

私には合わないジャンル。マヤが暴走する理由が明かされたとき、哀しみが胸を打つとある。確かに背景には哀しみがあるが胸にガツンとくるものは無かった。

2014/06/11 21:52

投稿元:ブクログ

最初のほうの現代風刺にたいなのがちょっと鼻についたが後半につれてどんどん面白くなった。こなれていった感じ

2014/07/13 12:24

投稿元:ブクログ

新シリーズになる短編集、なのかな?
今までの深町ヒロインよりもさらにハードな主人公があまりにも危なっかしすぎるw

ただ、今までと比べて軽いので、読み応えはイマイチかも。

2014/09/09 08:02

投稿元:ブクログ

時は202X年。
あの大震災直後。
舞台は崩壊しきった日本。
1人のアウトロー少女の命がけの壮絶な日常を描いた作品。
主人公「切り裂きマヤ」のナイフさばきは爽快な程、切れ味抜群!

2016/01/18 09:25

投稿元:ブクログ

ミステリー? 最後のオチも? 内容はおもしろかった。『果てしなき渇き』から入ったので、イメージ変わった。

2015/08/13 15:40

投稿元:ブクログ

多数の刃物を用いて相手を切り刻むことから"切り裂きマヤ"の二つ名で周囲から恐れられている不良少女、桐崎マヤがギャングや他の不良と抗争を巻き起こす物語。

所々に性的な描写が出てくるのはあまり好ましくなかった。またサヤの過去について匂わす表現も多々見られたが、それについては最後まで明らかにされずに終わってしまったなと感じる。
サヤのキャラクター性はよかったが、他のキャラの設定が不十分に思えた。

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む