サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 魔女は世界に嫌われる 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔女は世界に嫌われる 3(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2014/07/18
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/310p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451500-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

魔女は世界に嫌われる 3 (ガガガ文庫)

著者 小木 君人 (著)

ついに旅の目的地である旧魔導帝国へと足を踏み入れたネロとアーシェ。皇都跡地を目指して歩き続ける二人は、水と食料が尽きるころ、中継地点となる“小さな古城”にたどり着く。そこ...

もっと見る

魔女は世界に嫌われる 3 (ガガガ文庫)

660(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

魔女は世界に嫌われる3(イラスト簡略版)

324 (税込)

魔女は世界に嫌われる3(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より336おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

魔女は世界に嫌われる3

659 (税込)

魔女は世界に嫌われる3

ポイント :6pt / 紙の本より1おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「魔女は世界に嫌われる 3」が含まれるセット商品

魔女は世界に嫌われる (ガガガ文庫) 3巻セット(ガガガ文庫)

魔女は世界に嫌われる (ガガガ文庫) 3巻セット

商品説明

ついに旅の目的地である旧魔導帝国へと足を踏み入れたネロとアーシェ。皇都跡地を目指して歩き続ける二人は、水と食料が尽きるころ、中継地点となる“小さな古城”にたどり着く。そこには圧政に耐えかね国を追われた人々が寄り添うように暮らしていた…。一方、“真実の書”を奪った魔女“ギルダ”を追うモーガンは、300年前にも同じ名の魔女が存在していたことを知る。さらなる手がかりを求め、モーガンもまた旧魔導帝国の地へと向かう。そして、皇都跡地ではひとリの魔女が、“その時”が訪れるのを静かに待ち続けていた…。【「BOOK」データベースの商品解説】

ついに旅の目的地である旧魔導帝国へと足を踏み入れたネロとアーシェ。覚醒の儀式を行うため皇都跡地へと急ぐ2人だったが、そこには“その時”が訪れるのを待ち続けるひとりの魔女がいた…。最終巻。【「TRC MARC」の商品解説】

旅の終焉。覚醒の時。そして別れ――

ついに旅の目的地である旧ガルディア魔導帝国へと足を踏み入れたネロとアーシェ。そこは、魔法使いたちの呪いによって荒野と化した不毛の領域だった。皇都跡地を目指してさらに歩き続けた二人は、水と食料が尽きるころ、中継地点である“小さな古城”へとたどり着く。そこには、圧政に耐えかね国を追われた人々が寄り添うように暮らしていた……。
一方、“真実の書”を奪ったギルダという名の魔女を追う、エスタルトの軍人モーガンは、300年前にも同じ名前の魔女が存在していたことを知る。魔導帝国の皇帝となるはずだったその魔女は、帝国の滅亡とともに処刑されたという。手がかりを求め、モーガンもまた旧魔導帝国の地へと向かう。
そして、皇都跡地ではひとりの魔女が、“その時”が訪れるのを静かに待っていた……。長い道のりを経て、旅の終わりを迎えたネロとアーシェを待つのは、希望か、それとも……。
優しさと残酷さに満ちた世界を旅する少年と魔女の娘の物語、いよいよ完結。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/17 14:08

投稿元:ブクログ

アーシェに角人の血が混ざっていることが分かり、旧ガルディア魔導帝国内に入りギルダと会い儀式の真実が分かってから話は急展開。物語が転がるようになり面白くなった。旧ガルディア魔導帝国の滅んだ真実、ギルダとミドアの確執、アーシェの魔法とアンの蘇生と謎が解明され面白い。

魔法を使えるようになったアーシェが頼もしい。ギルダはただの人間となり、アーシェは不老不死に近い魔法使いとなり、といろいろあったが、アーシェとネロが互いのことを許せて愛し合えるハッピーエンドで良かった。未来のことは誰にも分からない!大好きな人たちに囲まれて、アーシェとネロが穏やかに暮らしていけるといい。ヒトは希望を失っても新しい希望があれば生きていけるものだから。

2014/07/19 01:38

投稿元:ブクログ

 ネロ達が旅を続けて、旧魔導帝国へ入るところからの話です。
 色々盛り沢山な内容でした。最後は綺麗に終わって良かったです。

2017/03/26 16:52

投稿元:ブクログ

ワンピースを着た揚羽が可愛い。

まさかミドナが三百年前に支配を崩壊させた張本人だなんてビックリ。長生きにも程がある……。
というよりも、魔女(魔法使い)が長寿すぎるし、見た目からは想像もつかない。
彼女の起こした行動とそれによって得られた結果は、純粋な善意が必ずしも最善の結果につながるわけではないことのいい例だと思う。

アーシェの角が生えていた理由が思ったよりしょぼくてガッカリ。
でも、作品のテーマ(のようなもの?)からは外れてはいないように思う。

今の角人は当時の驕り高ぶった当時の魔法使いたちと大して変わらないのではないかと感じた。

「お母さん」と「ママ」というのは、良い表現だと思う。
魔女であることを誇りに感じていたギルダが人間になっても幸せに娘と暮らしている様子は、見ていてホッとする。
最後に二人が再開した場面は感動した。それにしても成長しても尚、女装が似合うだなんてすごい。

マルガレットは同じ角人であり戦っているという意味ではモーガンと似ているようにも感じるが、彼女とは違う意味でかわいい。

ご都合主義も多かったが、其れでもいいやと思わさせるだけの分は頑張っていたと思う。
最後はハッピーエンドでよかった。

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む