サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2014/06/25
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/255p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630790-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議 (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 水沢 史絵 (著)

七年ぶりに故郷、神楽坂に帰ってきた高校生・小森英介。英介は早速、憧れの女性だった浅野真弥との再会を果たすため、彼女が経営する『カフェ・GREEN』へと向かう。だが真弥の身...

もっと見る

神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議 (集英社スーパーダッシュ文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議

486(税込)

神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議

ポイント :4pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

七年ぶりに故郷、神楽坂に帰ってきた高校生・小森英介。英介は早速、憧れの女性だった浅野真弥との再会を果たすため、彼女が経営する『カフェ・GREEN』へと向かう。だが真弥の身体には代々浅野家の子に受け継がける“驚異の第二次性徴”によって、ある恐るべき変化が…そしてその影響で彼女のカフェは閉店の危機に陥っていた!愛しの真弥姉を救うため、英介は幼馴染のチャラ男・仙川銀太や小松原京子、藤井彩実らと共に『カフェ・GREEN』の再興に立ち上がる!!【「BOOK」データベースの商品解説】

小森英介は、7年ぶりに故郷、神楽坂に帰ってきた。だが親友の銀太から、憧れの真弥姉ちゃんが経営するカフェの先行きが危ういと聞かされる。英介は幼なじみの京子たちとカフェ再興に乗り出す…!【「TRC MARC」の商品解説】

7年ぶりに故郷、神楽坂に帰ってきた小森英介。親友の銀太から、憧れの真弥姉ちゃんが経営するカフェが危ういと聞いた英介は、幼馴染みの京子たちと共に立ち上がる……人気声優が贈るデビュー作!


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/01 22:20

投稿元:ブクログ

作者様のお名前に、あれ、覚えが、と思ったら、
水沢史絵さんでびっくり!確かにそれで気になったのも
ありますが、結構ラノベで意外とありそうでない、
「きっちり読み切りで、適度にあざといけどでも健全なラノベ」
なのに惹かれて読みました。

ハイ、読んでみればまさにその通りでした!
ラノベのあざとさと、児童書の健全さ(?)をほどよく
ブレンドした感じで、後半の展開はぶっとんでますが
後半にこそ真髄があるかも(笑)。

そして後半の展開で、憧れのお姉さんの名前の意味に
受けさせて頂きました(*´▽`*)

ちょっと誤植が多すぎるのが気になりましたが、作風は
ツボだったので、今後も是非執筆されてほしいなと
思いました。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む