サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 女性向けコミック
  4. たいようのいえ 11 (KCデザート)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

たいようのいえ 11 (KCデザート)(デザートKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: デザートKC
  • サイズ:18cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-365776-0
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

たいようのいえ 11 (KCデザート)

著者 タアモ (著)

【講談社漫画賞少女部門(第38回)】【「TRC MARC」の商品解説】1人帰ってこない陽菜のために本宮家、中村家合同の家族旅行に! 予想外の人の言葉でついに陽菜が…!? ...

もっと見る

たいようのいえ 11 (KCデザート)

463(税込)

たいようのいえ(11)

432(税込)

たいようのいえ(11)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「たいようのいえ 11 (KCデザート)」が含まれるセット商品

たいようのいえ(講談社コミックスデザート) 13巻セット(デザートKC)

たいようのいえ(講談社コミックスデザート) 13巻セット

  • タアモ
  • 評価5.0
  • 税込価格:6,02355pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

【講談社漫画賞少女部門(第38回)】【「TRC MARC」の商品解説】

1人帰ってこない陽菜のために本宮家、中村家合同の家族旅行に! 予想外の人の言葉でついに陽菜が…!? そして真魚もついに父と向き合う……。真魚の、そして基の願いが叶うその時、2人は――!!? 第38回講談社漫画賞少女部門受賞!! 大ヒット中!年の差幼なじみ2人の明るく切ない同居ラブストーリー、涙、涙の最新刊!!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

やっと夢がかなった日

2016/12/08 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちてん - この投稿者のレビュー一覧を見る

長かったような短かったようなとても嬉しい巻でした。
心の傷を癒やすのって周りはどうしていいかわからないから、伝え方によって更に壁作られたりすることもあるから、答えが出てこない中で真魚は頑張ったなあって思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

父親大躍進

2016/10/15 19:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

仙台旅行で父親に異変が?
真魚と父親の夜祭りの場面、はしゃぐ親子の姿は
間違いなく家族でした。
基と大樹、陽菜ちゃんたちも晴れて水入らずの生活へ進むことに。
それでも、寂しさは募りつい基に本音を吐く真魚。
それを包み込む優しい基。あー、もどかしい二人。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/18 22:16

投稿元:ブクログ

タアモ先生講談社漫画賞おめでとうございます。初恋ロケットのかわいい表紙に一目惚れしてからずっと買い続けています。タアモ先生の書く男の子は本当にみんなかっこよくて、普段は大樹派なんですが、今回は基が、とても、かっこよくて…生きるのがつらい…。

2014/07/20 12:47

投稿元:ブクログ

相変わらずちゃんとキュンキュンさせてくれる良い漫画。
恋愛面においては特にどんでん返しがなくて安心できる。でも飽きさせずポンポン進んでいくところが良い!

2014/07/15 22:09

投稿元:ブクログ

ネタバレ注意






折角家に帰ってみんなですごせるようになったかと思ったのに、ここで実母登場ですか??もー意地悪。

2014/07/29 08:55

投稿元:ブクログ

主人公のいじらしい努力がようやく結実した11巻です。が、大団円かと思いきや、見送られてしまいました。今までの真魚の行動は基と対等な関係になった上で結ばれたいが故でした。それが二つの「いえ」という形になったのですが、最後の最後で「いえ」への試練を予想させる展開になりました。

この作品で一番魅力だと思うのは真魚の可愛らしさですが、今回は父親との関係修復回なのでそこは抑え目。真魚の良さを引き出すのはやはり基だと思いますので、次巻以降も基には頑張ってほしいと思う。

2014/07/12 00:22

投稿元:ブクログ

思わず涙しちゃいました。

相変わらず真魚のお父さんの考えてることに共感は出来ないんですが…。真魚はほんとに真っ直ぐに育ったなあ。

陽菜ちゃんの本音も聞けてよかった。

そして新たなトラブルメーカー登場か。
次巻が待ち遠しいです。

2014/07/26 08:57

投稿元:ブクログ

お父さんとの仲が一歩進んでよかった…。
ヒロとの関係は次回に期待でしょうか。
ひなちゃんもよかったね。

2014/10/15 02:04

投稿元:ブクログ

※10~11巻までの感想をまとめてこちらに。

まずは10巻★
ついに、長かった大樹の片想いが終わる時…。(≧ヘ≦ )

真魚のために身を引いたとか、基に負けたとか、いろいろ言い方はあるのかもしれないけど、そのどれも違う気がするよ。
まさに大樹のは「見守る愛」そのものだな、と。
それはもちろん、真魚のことだけでなく、基に対しても…って意味なんだと思う!
なんか今更だけど、大樹って本当にイイ男だったんだなぁー。(ノω`+)

続いて11巻☆
ずっと待ち望んでいた、家族再生の時…!!
もう、最終巻かと見紛うほど盛り上がったわ~。笑

…えっ、『たいようのいえ』ってそういう意味だったの!?Σ(゚Д゚;)
でも、それだとヒロインが真魚じゃなくて陽菜ちゃんになっちゃうんだけどw(おひさま→陽菜=太陽で。)

家族旅行中に、それぞれが解り合いたい人と心から向き合えたことで、ようやく二つの家族はあるべき姿へと戻ることに。
陽菜ちゃんは高校入学を機に基と大樹の待つ家へ、真魚も受け入れてくれた家族のもとへと、帰ってゆく。
ぎこちないながらも、時間をかけて歩み寄ることで、家族は形になっていく…*

そして真魚が中村家を出たことで、ついに基と真魚の「約束」の時が…!
ってかそれって、高校卒業まで我慢するとかじゃなかったんだ?( ̄∀ ̄)
なんか家族ドラマが沁みすぎて、もはやラブなんてどーでも良くなってたわ、自分。笑

…というわけで、約束を果たすために一緒に出かけることにした二人♪
しかしそんな真魚の前に、かつて自分と父を捨てて出ていった実母が現れ…!?

真魚と杉本さんの仲直りもまだだし、空海の携帯小説もすっかり役割を失ってる気がするし、実母の真意も気になるし…。
せっかく家族がまとまりかけてたのに…次巻、波乱の予感?(/´△`\)

2015/06/24 13:03

投稿元:ブクログ

もう何回も泣いて、目が真っ赤になるくらいで…。
そしてラストのあの引き!
なんの前触れもなしなのでいい意味でびっくりしました。
どうなるんでしょう…。

2015/01/07 09:24

投稿元:ブクログ

容紹介

1人帰ってこない陽菜のために本宮家、中村家合同の家族旅行に! 予想外の人の言葉でついに陽菜が…!? そして真魚もついに父と向き合う……。真魚の、そして基の願いが叶うその時、2人は――!!?

2014/07/15 08:41

投稿元:ブクログ

帯のとおりではありませんでしたが笑
でも、計画してきた仙台旅行でそれぞれの家庭の引っ掛かりが段々と解けてきました。
両親との死別理由を自分のわがままのせいだと思ってしまい、買える資格がないとずっと考えていた陽菜。でも、それは勘違いだけど、基や大樹が声をかけてもたぶんダメだったんでしょう。
真魚の父親だからこそ説得力があり、陽菜の本音を聞けたし、言わせることができたんだと思います。父親も一緒ですが・・・。
父親は真魚と母親を重ねちゃって、悪い意味でトラウマで、真魚のせいというよりは、母親なんだけどそこにしか自分が逃げる場所もなかったんでしょうね。気を使わずに真魚も素直に父親に伝えたとしても、最初は嘘だとかどうせ・・・とか考えてしまうのかもしれませんね。
やっと、各家庭が幸せを取り戻しつつ、いよいよ基が・・・!
と思ったら、まさかの前妻登場。波乱万丈どころじゃなさそうですが・・・。

2014/08/11 21:17

投稿元:ブクログ

今回はついに陽菜ちゃんが表紙に加わりました。

6巻まではずっと基と真魚の2人だけ。
大樹が帰ってきた7巻から3人になり
ついに4人に・・・・・!!


ということは・・・・・そう!
ついについに!
陽菜ちゃんが帰ってくることになったのです!!(感涙)

陽菜ちゃんが頑なに帰るのを拒んでいた理由も明らかになり
その心の扉を開いたのが基でもなく大樹でもなく
意外にも真魚のクソ親父だったわけですが
実は二人が抱える心の闇はとても似ていたのです。

陽菜ちゃんの心に自分の心を寄せることで
自然と己の闇の扉をも開いていた真魚父。

陽菜ちゃんはお兄ちゃんたちに
「帰りたい」と。

そして真魚父はようやく自分の口から真魚に
「帰ってこい」
と言えたのでした。

晴れて本当の家族と暮らせることになった基と真魚。

けれどそれは同時に、
二人のあの家での生活が終わりを迎える
ということでもあったのです。

すごくすごく嬉しいのに、すごくすごく悲しくて
涙がとまらなくなってしまいました。

今回、この物語の「核」でもある
基と真魚が願い続けてきたことが
ほぼ達成できつつあり
あとはこれから始まるであろう二人の
盛大なイチャイチャを心おきなく堪能できるのかと思うと
もう小躍りせずにはいられなかったのですが
なんとラスト1ページで真魚の実母、柚乃が現れました。

なんだかすごく・・・・厄介な予感!


ブログでもう少し詳しくレビューを書いてします。
よろしかったらお立ち寄りくださいませ^^
http://oshirukomoe.jugem.jp/?eid=1401

2014/07/17 21:55

投稿元:ブクログ

お父さんと和解できたのはいいけれど、それって実家にかえることになるじゃんね。真魚のためにはその方がいいのだろうけど、なんだかさみしいような…

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む