サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ノラガミ 11 (月刊少年マガジン)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ノラガミ 11 (月刊少年マガジン)(月刊少年マガジンKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ノラガミ 11 (月刊少年マガジン)

著者 あだちとか (著)

この世とあの世の境には、八百万の神々や彼らに仕える死霊たる神器、妖と呼ばれる魑魅魍魎が棲まい、人の世に係わっている。いたいけな女子中学生・壱岐ひよりが道ばたで出会ったのは...

もっと見る

ノラガミ 11 (月刊少年マガジン)

463(税込)

ノラガミ(11)

432 (税込)

ノラガミ(11)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ノラガミ 11 (月刊少年マガジン)」が含まれるセット商品

ノラガミ(講談社コミックス) 18巻セット

ノラガミ(講談社コミックス) 18巻セット

  • あだちとか
  • 評価4.2
  • 税込価格:8,34077pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

この世とあの世の境には、八百万の神々や彼らに仕える死霊たる神器、妖と呼ばれる魑魅魍魎が棲まい、人の世に係わっている。いたいけな女子中学生・壱岐ひよりが道ばたで出会ったのは、住所不定無職・自称「神」なジャージのひと。ガサツで気分屋でヘタレ、ろくに祈願も聞いてくれないが、誰も知る人のないこの神様、一つだけ能があった。此岸と彼岸とその狭間――世の有象無象すべてを、ぶった斬ること!!

「めざせ、福の神!」唯一無二の神器・雪音を道標に、人の世を騒がす妖退治に奔走する夜ト。だが、人の死角に棲まう身ゆえ、悲しいかなまったく信者は増えず‥‥(汗) 一方、カピパーランドの一件を思い出して、浮かない顔のひより‥‥。そんなひよりを元気づけるため、夜トがなかば無理やり連れ出したのは、なんとカピパーランド!! さらにそこには、お騒がせ貧乏神の姿も‥‥!?【商品解説】

著者紹介

あだちとか

略歴
「月刊少年マガジン」『アライブ-最終進化的少年-』(原作:河島正)でデビュー。現在『ノラガミ』を連載中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

息継ぎ回

2016/05/06 13:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

黄泉のエピソードもひと段落ついて、次のエピソードに入る前の息継ぎ回といった所です。夜ト、ひより、雪音くんの3人で夢の国に行ったり、小福と大黒の過去回想だったり、神の秘め事だったり。

特にラストの「秘め事」。神には神器に堅く秘密にしていることがあるようです。次のエピソードの入り口。続きが気になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

穏やかに読める

2016/02/29 11:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iketomo - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっとお話に一区切りついて穏やかに読める内容になりました。
とにかくヤトと雪音がかわいい!ツボります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

さて、新展開は…

2016/01/31 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ichibo - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ2期の後の新たなストーリーが展開されます。
いよいよ最重要キャラが本格的に動き出しました。
次が楽しみになりはするのですが、前々巻でのカタストロフの後では、若干の空虚感が広がってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/20 00:30

投稿元:ブクログ

前巻までのシリアス展開から少々の間解放され、今巻は穏やかな気持ちで読める。所々のコメディ部分を素直に楽しめる。
大黒と真喩の過去が明らかになる。真喩の話はグッと来る。生前の記憶がないのは神器にとって救いかも知れないけれど、何だか切ない。
「神の秘め事」がこれからの展開のキーワードになるのかな。

2014/07/24 12:43

投稿元:ブクログ

兆麻さんの開き直り方が堂に入ってる…(笑)
それにしても彼はヴィナを刺したこと…あるんだろうなあ… ダメ指針(笑)

2017/04/10 22:34

投稿元:ブクログ

夜トというお社ナシ、金ナシの神様のお話。

ヒロインはひよりという女子高生。プロレス好き。
夜トの相棒となるは神器と呼ばれる 雪音(雪器)。
雪音の悪さはそのまま夜トに現れる。
小福は貧乏神。源氏名恵比寿&神器大黒。
きぬ巴、外器、兆麻を操る毘沙門。
野良という神器は特定の主を持たない。
雪音の悪さに夜トは命をかける。
毘沙門一派の騒動に野良が関わる。
陸巴が毘沙門の代替わりを願い、自らが道標となるべき画策をする。
夜トに毘沙門と戦わせる陸巴。
夜トを守り雪音が真っ二つにされるが・・・
雪音夜トの「祝の神器」として進化。守る、守る。
毘沙門は黒幕となってた陸巴を放つ。
ひよりは高校生となり、夜トに高校デビューさせられる。
恵比寿が雪音を買いたいと申し出てきたり、
ひよりが夜トにミニチュアながら神社を手作りしたり。
野良と共に襲われた夜トは家から出られず。
父親から「恵比寿を守れ」と言われ。
恵比寿は「言の葉」を黄泉へ貰いに行くといい、
お供として野良と一緒にイザナミの黄泉へ。
同時期にひよりは一高校生として満喫しながら忘れてゆく。
恐ろしくも怖い体験。忘れたくない人。
思い出し、高天原へ集まっている七福神@恵比寿除+小福。
地上では恵比寿を助けるために毘沙門が渡り合う。
タケミカヅチによって葬られた恵比寿。
夜トがまだ黄泉に入る事を知らされ救出に向かう毘沙門。
黄泉へと通じる風穴をあける小福だが、小さく、再生される。
この世の人間が黄泉の者を蘇らせる事が出来る。
本当の名前を呼ぶ事で。
夜トの本当の名前「やぼく」と読み。
ひよりによって、現世へ帰って来た夜ト。
恵比寿は代替わりをし、夜トは野良を放つ。
ついに出て来たのは夜トの父親「現世名藤崎」。
ひよりにちゅーをかました人。


11巻にて夜トとひより、雪音でカピパーランドにでーと。
ひよりにとっては黒歴史だが。
夜トの父だという藤崎が野良改めミズチと行動を共にして。
小福と大黒の過去話など収録。
泣けます・・・

さて、何気に長いぞー・・・

2014/07/25 23:09

投稿元:ブクログ

“「ねぇ…そんなことより夜トにおしおきしないの?」
「恵比寿の件じゃいい仕事したからね
お父さん驚いてんだ
あのヘタレが螭を放つなんてなぁ…逆に褒めてやりたいよ
やっと来たのか反抗期ってな!やっぱかわいいよあいつバカで!!」”[P.38]

これからが怖いけれど夜トとひよりが可愛い。
後半でまたどきりとする展開。
(元)大吾君はまた出てきそうな。

“「大黒がまた笑えるようになったのは 夜トちゃんのおかげなの」
「そうだったんですか 夜トが大黒さんを…」
「でも 子供の相手する大黒見てると やっぱり少しさみしくなるのよね…
だから もしあたしが代替わりしたら
めいっぱい子育てさせてあげるんだ」

『小福はオレに「守んなくていいよ」ってよく言うよ
「名を懸けるほどでもない」とさ
代替わりの後 自分を育ててくれればいいって…』”

2014/07/19 08:04

投稿元:ブクログ

表紙が藤崎だから、彼に関わるシビアなエピソードになるのかと思ったけれど、11巻はその助走というところか。

神器の過去のエピソード2つに思わず涙。まだ核心に触れず外堀から埋めているけれど、次は夜トの昔の神器(?)の話になりそうな…。そして、いつの日にか雪音のエピソードになるんだろうな…。早く知りたい…けれど、知る時は辛いエピソードに突入してるんだろう…。

2014/12/06 12:28

投稿元:ブクログ

おばあちゃんの話で、言葉って聞き取り方によってまったっく意味が違ってくるんだなあとあらためて実感。使い方(言い方)によっては、誰かをずっと苦しめてしまうかもしれないんですよね…。泣けました。

2014/08/02 21:23

投稿元:ブクログ

夜トの残念加減がすごい……!
伴音さんの話がすごく好きです。大黒さんもいいですね~
脇を固めるキャラにもいいエピソードがあるのは大事です。なのでおまけ漫画も欠かせませんね!ちびエビさまかわいいわぁ

2014/08/09 23:06

投稿元:ブクログ

前半はぐだぐだな日常回であまり好みではなかったのだけど、最後の天神からの依頼はほろりとして、かなりよかった。
毛色の異なる箸休め的エピソードと思わせておいて、実は作品世界の深部へ迫るであろう次章の導入部であったという…

2014/12/17 16:58

投稿元:ブクログ

変わりたいと言う夜トに雪音が道を示す。藤崎のキスを未だに引きずって元気のないひよりを元気づけようとするのはいいけど、よりによってトラウマ現場のカピパーランドって…相変わらずの空回りっぷりで^^ 絶対、夜卜が行きたかっただけだろwひよりは夜卜に甘すぎると思う…w

2014/07/20 22:50

投稿元:ブクログ

もうだれも、ひよりちゃんが夜卜と関わりすぎることを咎めない(笑)
小福と大黒の絆は深いなぁ。
真喩…(/ _ ; )

2014/07/23 18:49

投稿元:ブクログ

まさか真喩だったか…
しかし夜卜がかわいい。この後パパが絡んで雪音のこととかも弄られたりして嫌ーな展開になるんだろうなーと思うほどかわいい。
密かに感謝される立場って良いな…。

2015/01/07 09:18

投稿元:ブクログ

この世とあの世の境には、八百万の神々や彼らに仕える死霊たる神器、妖と呼ばれる魑魅魍魎が棲まい、人の世に係わっている。いたいけな女子中学生・壱岐ひよりが道ばたで出会ったのは、住所不定無職・自称「神」なジャージのひと。ガサツで気分屋でヘタレ、ろくに祈願も聞いてくれないが、誰も知る人のないこの神様、一つだけ能があった。此岸と彼岸とその狭間――世の有象無象すべてを、ぶった斬ること!!

「めざせ、福の神!」唯一無二の神器・雪音を道標に、人の世を騒がす妖退治に奔走する夜ト。だが、人の死角に棲まう身ゆえ、悲しいかなまったく信者は増えず‥‥(汗) 一方、カピパーランドの一件を思い出して、浮かない顔のひより‥‥。そんなひよりを元気づけるため、夜トがなかば無理やり連れ出したのは、なんとカピパーランド!! さらにそこには、お騒がせ貧乏神の姿も‥‥!?

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む