サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少年ノート 8(モーニングKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2014/07/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: モーニングKC
  • サイズ:194ページ
  • ISBN:978-4-06-388357-2
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

少年ノート 8 (モーニングKC)

著者 鎌谷 悠希 (著)

少年ノート 8 (モーニングKC)

679(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

少年ノート Days of Evanescence(8)

540(税込)

少年ノート Days of Evanescence(8)

ポイント :5pt / 紙の本より139おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「少年ノート 8」が含まれるセット商品

少年ノート(モーニングKC) 8巻セット(モーニングKC)

少年ノート(モーニングKC) 8巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

合唱がしたい

2015/09/27 02:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YOSIKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌谷 悠希さんの漫画は絵がとても素晴らしく、歌が漫画の中から流れてくるように感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すき!

2015/11/17 18:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とんとん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終巻!?最初は作者買いでした。絵も話もすっごく好みで新刊が出るたび嬉しかったです…最終巻…(´・_・`)
スピンオフでないかな…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/08 17:15

投稿元:ブクログ

完結巻。綺麗で穢れない……ように描かれ続けるユタカにも、消化しなければならない難題が降り掛かってくる。今巻の表紙で描かれている林檎は、彼の心理世界が育てた、彼の木が実らせたもので、作中でも度々描写され、町屋さんがそれを手にする場面も描かれる。だけれど林檎が象徴するものは「神の知恵」であり「人の罪」でもある。そう深読みしてみると、なかなかに、興味深い。時が実らせたものは、それを受け止めた者へ様々な影響をもたらすのだと。

それぞれの登場人物をねじ曲げることなく、それぞれの流れに添って(それは多少は読者に心地よい形で)、一つの物語を奏でていく。とても漫画らしい、けれど他の漫画にはなかなか無い画面構成で、リアルさを内包した平面構成力が素晴らしい。ともすれば冷たくさえ感じるウラジーミルくんの発言や、オトナの世界も、心情描写的な背景によって柔らかくクッションが置かれ、素直に読者の元に届いていく。自分ひとりではどうにもならない、才能への憧れや、自分と向き合うこと、そういった"青さ"の描かれ方と、それぞれに自分を受け止めていく登場人物たちは、とても愛しい。

印刷、もしくはディスプレイに表された絵ながらも、音や香りなど五感に訴えかけてくる画力はさすがとしかいいようがない。

今少し、この作品の奏でる音楽に浸っていたいと思う。

2014/07/23 16:51

投稿元:ブクログ

 あっという間に読み終えてしまった。
 まず、言いたいのは、こんなにもあっさりした終わりを迎えてしまってよかったのだろうか?ということ。
 『もののあはれ』を詠ったということは誰が見ても明らかで、失われゆくものの儚さをとらえているのだから、それを出し切ってしまえば紡ぐものはなくなるのだと、それは、理解している。
 ただ、町田さんはやはり海外に行ってしまって、オペラを通じて再度合唱部は集うのだけれどもその中に町田さんはいない。
 二年後、再度みなが集うことになったのだけれど、その折、町田さんが言った。『うた』からはそう簡単に離れることはできなくて、気づけば隣にいるから『離れていた』と形容するには少し違った、と。
 自分が気づいていなくても、ずっとみんなといっしょにいた。物理的な距離はとてもとても大きくて、でも、こころの中ではみんな、考えていることはおんなじだった。
 逃げ、を選択した町田さん。
 でも、実際には、逃げることができていなかった。
 だから、二年も経過したあと地元に戻り、世界的なシンガーとなったゆたかと、ウラジーミルが、テノール・デュオ・コンサートをひらいて――ちなみにコンサート名は『COSMOS』である――それを聴きに来たのだ。
 水戸さんは相変わらず女性性に嫌悪をいだいているらしく、ばっさりと女の子らしいショートではなく男の子のようなつるんとした髪型にし、服装もまるで男の子のよう。
 みな、変わっていく、でも、それを感じ取りながら、前を歩いていくのだと、町田さんは心内つぶやく。

 番外編もあり。ウラジーミルが、ソリストとして活動し始めるまでの物語。
 まあありがちな、嫉妬のおはなし。
 気づけば、些細な音のずれが、幽霊のようにまとわりついて、気になってしまうウラジーミル。
 合唱そのものはすきなのに、違うということが許せなくなってくる。自分が完璧だからこそ。なぜそこでまた半音ずれるの、高音になりすぎるの、エトセトラエトセトラ。
 そうしていつしか、ひとりで唄うとそのずれが気にならなくなって、だんだん、もっと、目立ってくる。
 あるとき、同じ寮の、同じ部屋で過ごす男の子に声変わりが始まっていることに気づいて、なぜだか笑いがこみあげてきて、そんな自分に愕然とするウラジーミル。
 ソプラノのこの声が消えるまで自分は歌い続けようと心に決めて、夜のとばりがあけるまで、歌い続ける。
 終幕。

2014/08/12 20:09

投稿元:ブクログ

素敵な終わり方、きれいな終わり方。

中学生たちが、合唱を通して変わっていく姿を見届けた気持ちになる。
音はないのに毎回音が聞こえてきそうな絵にもみとれた。

2014/07/31 21:56

投稿元:ブクログ

ついに完結。そして1話にもどる、ううん、つながるっていう終わりの番外編がよかったです。先生の、また1巻から通して読んでもらえると、という言葉が沁みます。
儚いソプラノに、こどもたちの儚い青春が終わって、これからまたみんな変わってゆくんですね。
最後まで泣いてしまいました。
ポポちゃんが町の人々に、有名人じゃなくて友人として愛されていくのもよかったです(*´`*)
また1巻から読み返したいです。

2015/04/17 23:40

投稿元:ブクログ

いつまで経っても変わらないそんな物あるだろうか。変わったもの、変わりゆくもの、変わってしまったもの、変わって失わられたもの、変わって得られたもの、変わって見えなくなったもの、変わって見えるようになったもの、変わって聞こえなくなったもの、変わって聞こえるようになったもの、変化と成長を紡ぎ出したハーモニーは心に沁み残るものであった。でも、最終巻は今までの巻と比べるあっさりとしていた。

2014/08/02 22:17

投稿元:ブクログ

表紙に天使が二人いる!!
最後までポポちゃんの存在感が大きかった♪

ショタ好きさん、合唱好きさんは
是非読んで‼︎

2014/08/28 23:18

投稿元:ブクログ

最初から最後まで、きらっきらの青春だったなー。
なんだかみんな大人びているので、ときどき高校生かと思いそうになったけど、中学生なんだよね。
なにがしかの才能があったり思考力がしっかりしているような子ばかりだったので、共感するというよりは「うむうむ、もっと悩め若人よ!青春だね~」みたいな立ち位置で読んでいた。
そのこと自体、自分がもうおばさんだという証拠か・・・

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む