サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. YAWARA! VOLUME11 (BIG COMICS SPECIAL)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

YAWARA! VOLUME11 (BIG COMICS SPECIAL)(ビッグコミックススペシャル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

YAWARA! VOLUME11 (BIG COMICS SPECIAL)

著者 浦沢 直樹 (著)

世界選手権開幕…柔と松田の恋に急展開!? いよいよ世界選手権開幕!!48キロ以下級代表の柔は、強化選手として同行する富士子とともにユーゴスラビアへ!!試合開始前日、滋悟...

もっと見る

YAWARA! VOLUME11 (BIG COMICS SPECIAL)

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「YAWARA! VOLUME11 (BIG COMICS SPECIAL)」が含まれるセット商品

YAWARA! 完全版(ビッグコミックスSP) 20巻セット(ビッグコミックス)

YAWARA! 完全版(ビッグコミックスSP) 20巻セット

  • 浦沢直樹
  • 税込価格:23,760220pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

世界選手権開幕…柔と松田の恋に急展開!?

いよいよ世界選手権開幕!!
48キロ以下級代表の柔は、強化選手として同行する富士子とともにユーゴスラビアへ!!
試合開始前日、滋悟郎の画策により、ソ連の強豪・テレシコワの出場する無差別級に、富士子がサプライズ選出される。
一方松田は、ユーゴ行き直前に父親病気の報を受け、山形の実家へ戻ることに…

松田の不在のまま迎える、初めての試合…
心許ない柔は、何故か本調子が出ず――!?
そして、ユーゴに急行する松田は、決勝に間に合うのか――!!???

全20巻、雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版です。
カバーはすべて、浦沢直樹氏描き下ろしの「柔ファッションコレクション 2014ver.」!【商品解説】

目次

  • Vol.1 ジョディ復活
  • Vol.2 強化選手・富士子さん
  • Vol.3 テレシコワの挑戦状
  • Vol.4 松田さんが気になる?
  • Vol.5 熱しやすく冷めやすい!?
  • Vol.6 こんな気持ち初めて…
  • Vol.7 滋悟郎のオチャメな陰謀
  • Vol.8 なんでこんなに怖いの!?
  • Vol.9 不安と緊張
  • Vol.10 大ドンデン返し!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なぜ今『YAWARA!』か その11

2014/08/16 19:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

21世紀描き下ろしカバー絵の柔も、こちらが見慣れたせいか何なのか、これまでになくなじみやすい感じです。
収められている話も、世界選手権の試合の数々なので、とてもスポーツ・マンガしています。もっとも、活躍しているのは伊東富士子の方で、柔は絶不調ですが、それはそれとして面白い展開になっているので、十分楽しめます。
当初柔のライバルとして登場した本阿弥さやかはなりを潜めてしまい(特訓中のはずなので、これからまだ登場するのですが)、世界の強豪選手がドンドン登場してきて、試合シーンの連続でもあり、華やかさがあります。
一癖あるスポーツ・マンガを狙って描いたと思われるこのマンガですが、なんだかんだ言って面白いのは、こうした試合展開の話だったということを、改めて思い知らされました。
いわゆるスポ根のように根性論や常軌を逸した特訓の連続で試合に勝っていくというのもある種のリアリティに欠けるように思いますし、ましてやアクロバティックな技の応酬のようなスポーツ・マンガもその場かぎりの面白さでしかなく、スポーツとは言いがたいものがあります。
そんな中で普通にスポーツ選手を描き、普通に試合などを描いても十分面白いのだということを、このマンガは教えてくれているようにも思います。
でも、それでもやっぱり、これだけ強い女の子なんだから、やたら柔道から逃げてばかりというのも変と言えば変なんですけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む