サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 森野先生とボク (ビッグコミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

森野先生とボク (ビッグコミックス)(ビッグコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

森野先生とボク (ビッグコミックス)

著者 釜本 タカシ

その不思議な女性は、センセイでした。 フシギいっぱい。女流SF小説家・森野先生のゆるゆるふわふわ微日常ショートコメディー!ここに、一対の人間関係がある。小説家と編集者だ...

もっと見る

森野先生とボク (ビッグコミックス)

596(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

森野先生とボク

540(税込)

森野先生とボク

ポイント :5pt / 紙の本より56おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その不思議な女性は、センセイでした。

フシギいっぱい。女流SF小説家・森野先生の
ゆるゆるふわふわ微日常ショートコメディー!

ここに、一対の人間関係がある。小説家と編集者だ。
むろんのこと、小説家は小説を書く。編集者はソレをもらう。
=本ができる。シンプルで当たり前な関係だ。
翻って本作のこの二人、そう簡単にはゆかない。
面倒を生じせしめているのは、
小説家・森野氏がすこし美しいこと、だいぶ不思議であること、
そして…とんと書かないこと。さて、どうなりますことやら。



【編集担当からのおすすめ情報】
本作はとりたてて、恋の進展や、チーム一丸となってお仕事を達成するカタルシス、倍にして返すような復讐劇、などのドラマはいっさいありません。
オチすらない、ということもままあります。
そしてあり得ないことが理屈を越えて起こったりもします。
たのしい、かわいい、優先です。
どうか、どうか、頭をからっぽにしてお読みください♪

釜本タカシPROFILE
ルーキー・イン・KYOTO。「森野先生とボク」でスピリッツ賞佳作受賞。同作で「月刊!スピリッツ」連載デビュー。フシギとくせになっちゃうリズムと間、「Don’t think. Feel~」な作風で、じわじわ人気に。好きな寿司ネタは、サーモン、穴子、タコ。電撃殺虫ラケットを購入しようかどうか、迷っている。

【商品解説】

目次

  • 第1稿 アメとムチ
  • 第2稿 耳掻くひと
  • 第3稿 ゆってみ
  • 第4稿 ご乱心遊ばせ
  • 第5稿 ラーメンたべたい
  • 第6稿 酔ってるの?
  • 第7稿 ごきげん
  • 第8稿 ふきげん
  • 第9稿 大気圏突破
  • 第10稿 ろくでもないヤツ

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/10 16:17

投稿元:ブクログ

SF作家の森野先生のところに日参する新人編集者。先生のところでは、いろんな不思議なことが起こったり、思わぬ展開になったりして、結局、いつも仕事とれずに終わる。これ、センス・オブ・ワンダーあふれてて、好き。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む