サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大名やくざ 1(幻冬舎時代小説文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/03
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎時代小説文庫
  • サイズ:16cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42209-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

大名やくざ 1 (幻冬舎時代小説文庫)

著者 風野 真知雄 (著)

虎之助は大身旗本・有馬家の次期当主。ところが屋敷を一歩出れば着流しを大きくはだけて目つき鋭く、「若親分!」と方々から声が飛ぶ。じつはこの虎之助、侠客の大親分を祖父に持つ根...

もっと見る

大名やくざ 1 (幻冬舎時代小説文庫)

583(税込)

大名やくざ

554 (税込)

大名やくざ

ポイント :5pt / 紙の本より29おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

虎之助は大身旗本・有馬家の次期当主。ところが屋敷を一歩出れば着流しを大きくはだけて目つき鋭く、「若親分!」と方々から声が飛ぶ。じつはこの虎之助、侠客の大親分を祖父に持つ根っからのやくざだった―。敵との縄張り争い、主筋の藩の跡目騒動、次々と舞い込む難題に稀代の暴れん坊がはったりと剣戟で対峙する!痛快シリーズ第一弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

虎之助は大身旗本・有馬家の次期当主。しかしじつは、俠客の大親分を祖父に持つ根っからのやくざだった。敵との縄張り争い、主筋の藩の跡目騒動と、次々と舞い込む難題に稀代の暴れん坊がはったりと剣戟で対峙する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2016/06/08 09:18

投稿元:ブクログ

シリーズ第一弾
旗本から大身旗本、そして有馬藩藩主
元はやくざ、祖父を殺されやくざ間の対立の中
赤穂浪士の秘密を武器に伸し上がっていく?

2015/08/16 09:20

投稿元:ブクログ

旗本の息子である虎之助。
でも母方の祖父がやくざの親分で、そちらの世界での方が名が知られてるほど。
ちょこっと乱暴な面もあるが、何となくうまくまとめあげていく。
処世術に長けているとも言えるが、おべっかを使ってというものではなく、痛快な物語。

2014/12/02 14:18

投稿元:ブクログ

やくざが大名に!!というツカミはばっちりな設定(笑)
やくざに育てれられたが武士でもあるという変わり種の主人公が、やくざの世と武士の世を渡り歩いていくのだが、周囲との軋轢もなんのその、我が道を貫いていくのが爽快だった。
喧嘩っ早くて乱暴者の面もあるが、情に厚いのが主人公の魅力。周囲の人物たちも個性的な面々で、中でも一押しなのは主人公のお母さんである(笑)

2014/10/06 08:16

投稿元:ブクログ

やくざが大名になっちゃったというのがシリーズ1巻めのお話で痛快で楽しい4編の連作短編。虎之助が魅力的で、次巻が楽しみです。

2016/07/18 23:58

投稿元:ブクログ

きっかけ:風野さんの耳袋シリーズが好きだから
感想:耳袋よりは軽い感じ
耳袋の方が思い感じで好きだと感じたが、まだ1巻目なので読み続けていくと違うのかもしれない。
主人公はやくざの一家で育っていて、カツアゲなどの悪いこともしていたが、頭もよく、強く、人間味のある魅力的な人物に描かれている。養子縁組で上り詰めていくが、大胆な計画と実行力がすばらしい。
2巻目以降を楽しみに読み進めたい。

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る