サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新・平家物語 7(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/27
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-115476-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新・平家物語 7 (新潮文庫)

著者 吉川 英治 (著)

捕らわれた味方を救うため、六波羅に出頭した源義経。平家に武者奉公することになった武蔵坊弁慶は、五条大橋で、解き放たれた義経の前に立ちはだかる。一方、後白河法皇の子・以仁王...

もっと見る

新・平家物語 7 (新潮文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

捕らわれた味方を救うため、六波羅に出頭した源義経。平家に武者奉公することになった武蔵坊弁慶は、五条大橋で、解き放たれた義経の前に立ちはだかる。一方、後白河法皇の子・以仁王は遂に、頼朝・義仲を初めとして、諸国の源氏、三井寺など平氏政権に反発する勢力へ、平家追討の令旨を下す…。義経と弁慶。強い絆で結ばれる主従の出会いを描く第七巻「りんねの巻」。【「BOOK」データベースの商品解説】

捕われた味方を救うため、六波羅に出頭した源義経。平家に武者奉公することになった武蔵坊弁慶は、五条大橋で、解き放たれた義経の前に立ちはだかる。一方、後白河法皇の子・以仁王は遂に、平家追討の令旨を下す…。【「TRC MARC」の商品解説】

そこ退いて、通せばよし、否といわば、眼にもの見するぞ。捕らわれた味方を救うために、六波羅に出頭した源義経。平家に武者奉公することになった武蔵坊弁慶は、五条大橋で、解き放たれた義経の前に立ちはだかる。そして、遂に、後白河法皇の子・以仁王が、頼朝、木曽義仲を初めとして、諸国の源氏、三井寺、興福寺など反平家の勢力に、平家追討の令旨を発する……。義経と弁慶。強い絆で結ばれる主従の出会いを描く第七巻。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/15 08:52

投稿元:ブクログ

頼政挙兵。以仁王の令旨は発せられ、頼朝も伊豆にて北条家と立つ。ここら辺の歴史的背景は何回読んでも分からないのだが、何で累代平家まで頼朝の旗に参じるのか?関八州で源氏に逆らうのは難しいとかあるにせよ、そもそも北条家が源氏に心を寄せたかがよう分からん。

2016/08/30 18:02

投稿元:ブクログ

源頼政と以仁王達の挙兵などあるが、中盤の義経と弁慶の遭遇がメイン。弁慶が平時忠の刺客だったという吉川流解釈はなかなか面白い。義経が弁慶の母親を従者にしていたというのは、都合良すぎる感もあるが。