サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

呪いの時代(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/27
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/339p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-126061-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

呪いの時代 (新潮文庫)

著者 内田 樹 (著)

ぱっとしない自分を呪うことなく、ありのままの自分を受け容れて愛そう。そして他者にも祝福の言葉を贈ってみよう! まっとうな知性の使い方と、時代を読む方程式を考える。今を生き...

もっと見る

呪いの時代 (新潮文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぱっとしない自分を呪うことなく、ありのままの自分を受け容れて愛そう。そして他者にも祝福の言葉を贈ってみよう! まっとうな知性の使い方と、時代を読む方程式を考える。今を生きる人びとへ贈る、ウチダ的「日本人論」。【「TRC MARC」の商品解説】

「私には言いたいこと、言わねばならぬことがある」――哲学者レヴィナスの言葉を反芻するように、内田樹は「呪詛の時代」と真正面から向き合い、生き抜く叡智を語り続ける。アイデンティティーの崩壊、政治の危機、対米戦略、ネット社会の病理、そして未曾有の震災・・・・・・。注目の思想家・武道家が、身体に即して問い、他者への祝福を鍵に現代を論じる、今を生きる人びとへの贈り物。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

複雑な世界を複雑なままに

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

『日本辺境論』に続くウチダ式日本論。

生身を離れて「呪い」が記号的なものとなったときに
「呪い」の暴走が始まる。
正義も暴力も「私」という主語を離れたときに、
同じように暴走していく。

「呪いの時代」を乗り越えるキーワードは
「祝福の言葉」と「贈与」。
そしてこの2つに共通するのが「生身」

正義か悪か、敵か味方かといった二項対立で語るのではなく、
断定調のことばで「分かりやすく」言い切ってしまうのでもなく、
複雑な世界を複雑なままとらえ、それを言葉にするということは
とても難しい。
でも「簡単に」「分かりやすく」をすすめると「記号」になってしまう。

生身の体で「祝福の言葉」を皆が発し、「贈与」を行うのは、
とても難しい事だと思うけれど、
きっと世界はもっと豊かになるし、人はもっと優しくなるだろう。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「呪いは破壊を目指す」

2015/11/21 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなかインパクトのあるタイトル。
2008年から不定期に「新潮45」に掲載されたエッセイを中心とした本です。
第1章 呪いの時代
第4章 英語が要らない奇跡の国
第6章 「草食系男子」とは何だったのか
など様々なテーマで内田樹さんらしい言説が繰り広げられています。
なお、数年前に出版されたモンキービジネス14号に内田樹さんが書かれたエッセイ(「原発神社」「うめきた大仏」などがキーワードとして登場)は秀逸、と同時に内容が圧縮されている印象を持ちました。それが、この本の第10章 荒ぶる神を鎮める、で腑に落ちました。
以上のような内容に少しなりとも興味を持たれた方、一読をおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽やかに重苦しい考察

2017/07/22 21:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず軽やかな文体でキツい事を語る内田氏。秋葉原無差別殺人事件の考察が印象に残りました。ありのままの自分と頭の中で肥大化した在るべき姿とのギャップであそこまでの事件になってしまうのだから救われない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/20 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/16 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/27 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/29 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/17 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/03 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/28 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/07 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/25 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/04 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/13 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/22 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る