サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

きみは赤ちゃん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 153件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/09
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390070-4
  • 国内送料無料

紙の本

きみは赤ちゃん

著者 川上 未映子 (著)

35歳ではじめての妊娠。作家の鋭い観察眼で、「出産」という大事業の現実から、出産後の夫婦の問題までをセキララに描いた異色エッセイ。『本の話Web』連載に「産後編」を加筆し...

もっと見る

きみは赤ちゃん

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

35歳ではじめての妊娠。作家の鋭い観察眼で、「出産」という大事業の現実から、出産後の夫婦の問題までをセキララに描いた異色エッセイ。『本の話Web』連載に「産後編」を加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

35歳ではじめての出産。それは試練の始まりだった!
芥川賞作家の川上未映子さんは、2011年にやはり芥川賞作家の阿部和重さんと結婚、翌年、男児を出産しました。つわり、マタニティー・ブルー、出生前検査を受けるべきかどうか、心とからだに訪れる激しい変化、そして分娩の壮絶な苦しみ……妊婦が経験する出産という大事業の一部始終が、作家ならではの観察眼で克明に描かれます。時にユーモラスに、時に知的に、子供をもつということの意味を問いかけます。
さらに出産後の、ホルモンバランスの崩れによる産後クライシス、仕事と育児の両立、夫婦間の考えの違いからくる衝突、たえまない病気との闘い、卒乳の時期などなど、子育てをする家族なら誰もが見舞われるトラブルにどう対処したかも、読みどころです。
これから生む人、すでに生んだ人、そして生もうかどうか迷っている人とその家族に贈る、号泣と爆笑の出産・育児エッセイ!【商品解説】

著者紹介

川上 未映子

略歴
〈川上未映子〉1976年大阪府生まれ。2008年「乳と卵」で第138回芥川賞、09年「ヘヴン」で芸術選奨文部科学大臣新人賞および紫式部文学賞、13年詩集「水瓶」で高見順賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー153件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

妊娠中にも産後にも、旦那さまにもオススメ

2015/12/21 12:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バニラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

出産後病院で初めて読みました。良いテンポで笑いがたくさんありますが、最後には共感と感動で号泣でした。
妊娠中に読んだら、出産のイメージと心構えができると思います。旦那さまに読んでもらえたら、産後の奥さまの気持ちや身体の変化を少しでも理解して貰えると思います。
産後、想像以上に大変な子育てにくじけそうになって、この本を購入しまして。
赤ちゃんが泣いて泣いて寝てくれず、夜が明けたときに、この本のフレーズを思い出して、前向きに子育てをしています。
これから妊娠、出産、子育ての予定があるご夫婦に、とってもオススメです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出産育児のエッセイ

2015/02/24 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bun - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ35歳で出産した川上 未映子さんの出産育児に関するエッセイ本を等身大の気持ちで読むことができました。共感する部分も多々ありました。くすっと笑える部分や考えさせられる場面も多く、一気に読み進められました。
子育て中の方はもちろん、これから子どもを産む方、子どもをもつお父さんにも読んでみてほしい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/26 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/29 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/02 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/05 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/27 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/01 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/15 16:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/04 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/30 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/31 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/25 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/25 02:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/18 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む