サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憎悪のパレード
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/14
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390089-6
  • 国内送料無料

紙の本

憎悪のパレード (池袋ウエストゲートパーク)

著者 石田 衣良 (著)

池袋チャイナタウンに吹き荒れる、ヘイトスピーチの風。本当の敵は、一体どこにいる?日本の今がここにある。3年半ぶりの、シリーズ第11弾。【「BOOK」データベースの商品解説...

もっと見る

憎悪のパレード (池袋ウエストゲートパーク)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

池袋チャイナタウンに吹き荒れる、ヘイトスピーチの風。本当の敵は、一体どこにいる?日本の今がここにある。3年半ぶりの、シリーズ第11弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

脱法ドラッグ、架空通貨、ヘイトスピーチ。起こるトラブルは変わってもマコトたちは変わらない…。I/W/G/Pシリーズ第11弾。『オール讀物』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

池袋は進化する。あの男たちにまた会える

脱法ドラッグ、仮想通貨、ヘイトスピーチ。起こるトラブルは変わってもマコトたちは変わらない。シリーズ第11弾、三年半ぶりに登場。【商品解説】

収録作品一覧

北口スモークタワー 7−59
ギャンブラーズ・ゴールド 61−116
西池袋ノマドトラップ 117−167

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー70件

みんなの評価3.7

評価内訳

2014/08/23 09:06

投稿元:ブクログ

先月続きが出ないですよねぇと話していたら、新刊登場。内容はこれまでと相変わらずの今を切り取った内容だけど、もうさすがに若者と主人公たちとはジェネレーションギャップが広がってきてるので、王様というのはどうなんだと思わないでもない。このまま池袋を現在進行形をマコトが歳をとって老人になるまで書き続けて池袋年代記にしてもらいたい。というか、公園が無くなったら完結かな

2014/09/30 07:30

投稿元:ブクログ

池袋西口公園の11~脱法ハーブ吸引者の車で大怪我をした祖母の復讐をしたい少女が北口スモークタワーの業者を填める手伝い。パチンコ屋のゴト師退治に手を貸したSEはギャンブル中毒だった。パソコンを持ち歩くノマドの仕事場が次々に襲撃され,北東京最凶の兄弟が浮かび上がった。仮想通貨で騙されたと考えている。中国人を追い出そうとする中排会という組織とヘイトスピーチと民族差別を嫌うヘ民会が池袋西口から北口で対立し暴力事件も起こりそうだ。復興期の池袋を象徴するビルの地上げで,中国系ファンドの動きがある~ ギャンブル依存症の解決編は納得が行かないが,大体タカシ絡みなのね。文庫書き下ろしを売ろうという魂胆だろうか。ネタは尽きないのかも知れないけど,マコト君も本当は40歳近くなってるんじゃないの?それが20代後半とは・・・苦労するね。だから青春時代を振り返ってみたくするのかも。解決が面倒になったら,Gボーイズに丸投げってのは戴けないきがしますぜ!

2014/08/09 18:44

投稿元:ブクログ

・北口スモークタワー
→脱法ドラック店をつぶす話。池袋で脱法ドラック使ったやつが車で人を引いたことから、根源のドラックつぶしの依頼が来たのが始まり。
これって実際に池袋で車突っ込んだ人が出る前に書いたんかな。そうだとすれば先見ありすぎやで。

・ギャンブラーズ・ゴールド
→パチンコ狂を何とかする話なんだけど、あんまり覚えてねぇ。

・西池袋ノマドトラップ
→ノマドしている人が狙われる話。ノマドをテーマに書きたかったんだろうなぁ、事件よりノマドの人種にスポットが強く当たっている印象だった。

・ヘイトスピーチ
→池袋にいる中国人を追い出そうとヘイトスピーチする団体がいる。また、その団体にスピーチを辞めさせたい別の団体がいる。多国籍の共存について、考えさせられる話。
日本人でも中国人でも、良いやつもいれば悪いやつもいるよね。ただ、自分たちの生活や経済のために、中国人を丸ごと排除したほうが楽だし、敵がわかりやすいんでしょうね。


短編小説だからってのもあるけど、さらっと解決することが多すぎるのと、解決の仕方が一辺倒になっているような気がする。マコトも落ち着いたってことかな。

2014/07/31 16:00

投稿元:ブクログ

4年ぶりにマコトが帰ってきました。この人はやっぱりコレだな。ホットな時事ネタもいつも通り。ただ、マコトの恋バナについて何も触れられていないのはどういうわけなんでしょ?

2016/11/14 23:29

投稿元:ブクログ

先日、石田衣良さんの「憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークⅪ」を読みました。

安定のシリーズ作といった感じでした。

ちなみに、「憎悪のパレード」は、第2期最初の作品です。

2014/11/15 13:43

投稿元:ブクログ

IWGPシリーズ11作目。脱法ドラッグ、ノマド、架空通貨、ヘイトスピーチ。日本の世相を扱う4短編。誠の母親の抜群の安定感が光ります。以下メモ。(1)憎しみのひは聖火リレーの様に次に渡される。何も日本だけではない。それは世界中で起きているごくありふれた現実だ(2)一度動き始めたら止まらずに動くしかないのだ。

2014/08/10 23:03

投稿元:ブクログ

今回は、脱法ドラッグの話、パチンコの話、情報商材の販売によるネズミ講のカリスマとビットコインなんかを混ぜたような話、ヘイトスピーチの話、と最近の話題をうまく取り入れた4編。

前作の最後でマコトに恋人ができていたような記憶があるのだけれど、そのことにまったく触れられていなかった。あれは幻だったのだろうか・・・。

2017/02/27 22:36

投稿元:ブクログ

10巻で終わった・・・と、思ってたから14年に始動してたなんて知らず。本屋で見て「え?あれ?11が最終巻だっけ?」と驚いて手に取ってみて、3年半ぶりの~って書いてあってなるほど納得。
知らぬ間に続きが始まってました(汗)
現在12巻も出てるって言うね(笑)
内容は少し年を取ったマコトが相変わらず揉め事に首をつっこんでく話。そりゃそうだろうけど(笑)
でもマンネリ感は否めず。
ヘイストピーチへの嫌悪感はとても共感。
世の中最近「死ね」って軽く言い過ぎだと思うんだよね。
マンネリを感じてもやっぱり続きが出れば読まずにいられないIWGP。
結局好きなんだよね(笑)

2014/10/07 22:18

投稿元:ブクログ

待ちに待ってたIWGPの新作。
時間が空いて、期待値が高まりすぎたか、、、ちょっと物足りないというかさらっとした感じでした。
マコトやキングも大人になってしまったからか?
事件との関わり方が大人というか、、、一歩引いてる感じ?
相変わらず時事ネタを上手くストーリーにしていて、そこはやっぱり変わらず好きなんだけど。うーん。

2015/03/02 15:33

投稿元:ブクログ

記憶の中では前巻でファーストシーズン的なものが終了したと思ったのだが、気のせいだろうか。マコトもキングもいつも通り。ちょっと年はとってしまって、同世代のリーダーから池袋の先輩になってしまったようだが。
変わらず世相に基づいた問題を解決。特にドラッグには軽い気持ちで手を出さないように。一生を棒に振るからね。

2015/04/16 15:30

投稿元:ブクログ

IWGPシリーズ

良くも悪くも「いつも通り」(笑)

脱法ハーブ、パチンコ依存症、コワーカー、ヘイトスピーチと、相変わらずの時事ネタ。

さささーーっと安心して読めるという意味では
作家も読者も「馴れ合い」の域かも(笑)

2014/11/12 19:50

投稿元:ブクログ

久しぶりの「IWGP」シリーズ。危険ドラッグの「北口スモークタワー」、パチンコ依存症の「ギャンブラーズ・ゴールド」、ネットビジネスの「西池袋/マドトラップ」、ヘイトスピーチ「憎悪のパレード」とテーマは世相に沿って良いんだけど、展開は弱い。各話のキャラも単純過ぎる使い捨てがほとんど。短編だから仕方ないなぁ、お袋さんがいい味出してるくらい。それでもシリーズとしての安定感がある。そろそろマコトも彼女が出来ていいのでは(笑)

2015/01/08 09:36

投稿元:ブクログ

脱法ハーブ事件が世間を騒がせている真っ最中に読みたかったが、『キング誕生』を先に読んでしまい、順序が逆になってしまった。まあ大人の事情ってやつだ。このシリーズは地元池袋の街並描写と、タイムリーな話題とがいつも楽しみ。今回は脱法ハーブとノマドが新鮮。「美月」と書いて「ルナ」と読ませるキラキラネームには笑った。石田衣良先生やるなぁ。
池袋の街で起こる様々な社会的な問題を、キング率いるGボーイズが魔法のように解決するおとぎ話も、マコトが語ると真しやかに感じてしまうから不思議だ。なあ、あんたもそう思うだろ?

2014/07/30 19:35

投稿元:ブクログ

2014.07.29読了。同年代なら大多数の人が知っているのでは?な、IWGP最新作。フラッと本屋行ったらあったので即決買い。過去の作品は、多分全部読んでるわけではないんだけど、作品が出てから大分時間が経ってから読んでいたので、リアルタイムにこのシリーズを読むのは初。違法ドラッグ、悪徳商法、ギャンブル依存、ヘイトスピーチ。こんなに現実に沿った問題提起をしている作品だったんですね。池袋で起こった脱法ハーブ使用者が起こした事故って…ノンフィクションじゃないか。
マコトが20代後半だそう。いつのまにか年下に…。キング誕生の秘話、読みたい!!
やっぱりあのドラマ、豪華だったよな。。もう一度、今、作って欲しい。

2014/09/20 02:25

投稿元:ブクログ

久しぶりの。XI。
これまではほとんど文庫化されてから読んでたけど、
久しぶりだったので、ついつい心おどって購入。

このタイミングで読むと、かなりタイムリー。
勢いがなくなったとか、マンネリとか、若くないとか、
もろもろの意見をもつ人がいると思うけど、
タイムリーな話題について新たな視点から考えられたことだけでも、読む価値はあったように思う。
ニュースを見てるだけじゃよくわからないことって多いし。

相変わらず、さくっと、軽く読めるところもいい。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む