サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 脳科学は人格を変えられるか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

脳科学は人格を変えられるか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/25
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390100-8
  • 国内送料無料

紙の本

脳科学は人格を変えられるか?

著者 エレーヌ・フォックス (著),森内 薫 (訳)

なぜ前向きな性格と後ろ向きな性格があるのだろう? 認知心理学と神経科学、遺伝学を組み合わせた先端的な研究を行う著者が、楽観的な人々と悲観的な人々のさまざまな経験を例に引き...

もっと見る

脳科学は人格を変えられるか?

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

脳科学は人格を変えられるか?

1,700(税込)

脳科学は人格を変えられるか?

ポイント :15pt / 紙の本より28おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ前向きな性格と後ろ向きな性格があるのだろう? 認知心理学と神経科学、遺伝学を組み合わせた先端的な研究を行う著者が、楽観的な人々と悲観的な人々のさまざまな経験を例に引きながら、人格形成の神秘を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

チャーチルは「成功とは、失敗を重ねても熱意を失わない能力のことだ」と言ってどんな逆境もはねのけ、偉大な政治家としてその名を留めた。エジソンは電球の試作の失敗が1万個に達したとき、「失敗したのではない。うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ」と言って、ついにはフィラメントを発明する。

人生の成否を分けるのは、「前向きであることのできる」性格によるものなのか。だとすると、それは脳のどんな働きによるものなのか。欧州最大の脳科学の研究所を主宰し、その問いを解きあかそうとしているエレーヌ・フォックス博士が、その答えに驚くべき実験と調査の数々から迫る、とびきり面白いポピュラーサイエンス。

例えばこんな調査がある。1930年代に修道院に入った全米各地の修道女180人の日記を検証し、前向きな言葉と後ろ向きな言葉が出てくる頻度を60年にわたって追い、修道女たちの寿命との相関関係をみる。すると結果は、前向きな日記を書いていた修道女が、そうでない修道女に比べて10年以上長生きしていたのだ。

そして、フォックス博士自身の研究所は、前向きな感情を起こさせる物質、セロトニンを脳内で生み出す特定の遺伝子を発見、性格は遺伝子によって決まっているのかというところにまでメスをいれる。ところが、研究を進めると、これらの遺伝子は環境によってその働きが変わってくるという驚くべき結果がえられたのだ。科学の推理を楽しみながら、子育てや自分の人生にまで思いをはせることもできる、深い一冊です。【商品解説】

著者紹介

エレーヌ・フォックス

略歴
〈エレーヌ・フォックス〉心理学者、神経科学者。エセックス大学で欧州最大の心理学・脳科学センターを主宰。オックスフォード大学教授として、オックスフォード感情神経科学センターを率いる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読書後の感想

2016/03/31 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:デビルマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKの「心と脳の白熱教室」で著者の授業を観て、本書を購入。
内容は期待以上!レイニーブレイン(悲観脳)とサニーブレイン(楽観脳)とは、プラシーボ効果とノープラシーボ効果!?・快楽と不安のメカニズムとその効用・人生の生き方が遺伝子に与える影響(エピジェネティック)・老後における脳細胞の成長と、5日間目隠しをして暮らすだけで変化する脳・瞑想による抑うつ改善の効果からレイニーブレインとサニーブレインのバランス・・・などなど、科学的実験の結果をもとにして納得のいく説明で語り、世間に知れる脳の情報を超えた最先端の学説に触れていて、大変面白かった。
今後もっとこのような学術的な本を読むきっかけとしたい。ぜひ人に薦めたい一冊!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽観的か?悲観的か?

2015/11/17 20:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

原題は「Rainy Brain,Sunny Brain」で、その二つの考え方について書かれているのは間違いないけれど、決してhow-to本ではなく、過去から現在に至るまでの、心理学と脳科学の両方の実験結果の説明が多くを占めていて、この一冊を読むと、脳全般に渡っての知識が豊富に得られます。もちろん、タイトルの答えは得られますが

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

根拠の無いポジティブ思考

2015/10/05 00:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Dr.マリオ - この投稿者のレビュー一覧を見る

不安に対しての対処法がある状態がポジティブ思考であり、根拠も無く考えるものではない。
不安や恐怖を直感的に感じずに、その状態にあることを認識することにより、ネガティブから脱することができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

TVを見ての購入です

2015/09/07 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AA - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKの「心と脳の白熱教室」を見て、「性格は変えられるか」という部分に興味を惹かれて読んでみました。
表題に「脳科学」とあるので、理論のみを展開して難しそうに見えますが、内容は全くそんなことはなく、実験や研究で得られた結果を分かりやすく説明しています。
性格といえば心理学が多いですが、本書のように脳科学からのアプローチは説得力があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/30 21:08

投稿元:ブクログ

楽観と悲観についての発見をまとめた一般向け書籍。
【内容】神経科学研究にもとづく心理学的発見をツールとして、悲観楽観の傾向(アフェクティブマインドセット)が個々人間でちがう理由を説明するこころみ。
なかなかにおもしろい。ただし、本のタイトルは、(内容をより表象しているという意味で)原題のほうがより好ましいとおもう。

2014/09/21 10:39

投稿元:ブクログ

気合いとか思い込みとか気分とかで片付けられてしまう物事を、科学できちんと解説しようとする試み、それが真摯に継続されていることに感動。今まで色々読んできたものの、現時点での集大成がここにある。

2015/10/25 18:11

投稿元:ブクログ

NHK Eテレの白熱教室が面白かったので。

とても興味深く読みました。
本に載っているテストでは、あ〜やっぱり私は悲観主義者だわ…と再確認。
笑ってしまうくらいのレイニーブレインの持ち主です。

楽観主義と聞くと何だか無責任で能天気な印象を持ってしまうけど、
楽観主義と能天気は全く別なんですね。混同してました。

「悲観主義者は、問題は個人の力ではどうしようもない。
けっして消えてなくなることはないと信じている」
との記述にはドキリとしました。
思い当たります、この考え方。

専門的で難しく感じる部分のありましたが、
楽観的になりたいだとか、
悲観的に考えすぎだなと思いながら日々を過ごしているので、
割と納得しながら読めました。
脳のメカニズムはわからないけど、何だか腑に落ちる感じです。

「人生の舵は自分が握っているという感覚が重要」
今までの自分にはない考え方だったので、衝撃を受けました。

2015/03/07 14:06

投稿元:ブクログ

レイニーブレイン、サニーブレインという観点をメインにおいている。いろんな科学的な例を示しながら、最終的には幸福に生きるにはどうすれば(どいう心をもてば)いいかを、論じている。

2015/08/02 23:49

投稿元:ブクログ

衝撃的な書籍に出会いました…。昨年から始まったAI、人工知能への興味から、スポーツ科学・ロボティクスに心移りしてからのDaiGoのメンタリズムからのこれ。なんかこの遠回りはこの書籍の意義を感じるためなんじゃないかと思うほどw いやー本当に面白かった。なんども読みつつ、もっともっと人間のことを知りたいなと強く思わせて頂きました(2015.08.01読了)

<脳の機能>
・サニーブレインとレイニーブレインという脳機能
・アフェクティブマインドセット(心の姿勢)をどのようにするか
・楽観主義/悲観主義は遺伝するのか?
・マインドセットにより誤認してしまう認知バイアス
・どうしても見てしまう注意バイアス
・呪医にのろわれた人とトカゲの話
・「欲する」物質(ドーパミン)と「気持ちよくする」物質(オピオイド)
・無意識に恐怖を感じる扁桃体。コントロールする前頭前野
・扁桃体が判断する信頼できそうな顔とできなそうな顔

<人間の可遡性。いいかげんw>
・遺伝子が発動するかしないかを環境が左右する
・遺伝子が環境によって変わってしまうエピジェネティック…
・5日間目隠し生活すると音の刺激で何かが見える
・脳細胞は年老いてもどんどんできるのは証明済み
・認知バイアスを修正することができる(前向きにも後ろ向きにも)
・心の中で感情をコントロールしよう。マインドフルネスの世界観

2015/07/22 10:13

投稿元:ブクログ

ポジティブ思考とネガティブ思考(本書ではサニーブレインとレイニーブレイン)の違いはどこから来るのか。遺伝?性格?環境?なかなか面白い内容だったけどボリュームがあって全部読みきるのはちょっと大変だった。もう少し簡潔にまとめたらもっと面白くなるかも。

2014/10/18 19:27

投稿元:ブクログ

瞑想、マインドフルネスが日々行うことで強化されることが実験でわかったかとの事だ。辛い時にたまにするだけだったが、ジョギングと一緒で習慣化する。
この本は最新の脳科学が解き明かした我々の脳の働きを簡潔に説明している。メンタル的な弱さを自覚し、しかしながら、対策が打てていないなら、本書は最適ではなかろうか。抑うつなどの仕組みや対策など、ただ問題を述べるのではなく、対応方針的なものも提示しているので役立つ。
構成や文章の長さが絶妙であり、読みやすい。名の売れた作者の一部を取り上げた本よりは、一冊で間に合うという利もありそうだ。

2015/07/29 21:57

投稿元:ブクログ

「人格」という言葉に誤解をしていたことがわかりました。
心理学の用語なのでしょうか。

幸福になるためにはどうしたらいいのか?

Eテレ白熱教室「心と脳の白熱教室」2015/7/24〜

2015/07/04 17:32

投稿元:ブクログ

楽観主義者(オプティミスト)とは、単に楽しいことしか考えていない人のことをいうのではなく、不幸なことがあったときも、最善を尽くせるように対処できる人のことをいう。逆に悲観主義者(ペシミスト)は、物事を悪い方向にしかならないと考えている。常に前向きというのはなかなかむずかしいが、なるべく気持ちを上向きに、何があっても対応できるようになりたい。最後に瞑想のことに触れてあったけど、やはり何も考えず空っぽになる時間というのは必要なのかもしれないなあ。

2014/11/08 14:20

投稿元:ブクログ

けっこう面白かった。

Rainy brain , sunny brain
という原題のほうがしっくりくる。
1:3がたいせつ。
ときには悲しく、そしてあかるく。

2014/09/08 12:06

投稿元:ブクログ

系推薦図書 3系(情報・知能工学系)
【配架場所】 図・3F開架 
【請求記号】 491.371||FO

【OPACへのリンク】

 https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=167077

脳科学 ランキング

脳科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む