サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 僕がトップになれたのは、いつも人と違うことを考えていたから

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

僕がトップになれたのは、いつも人と違うことを考えていたから
僕がトップになれたのは、いつも人と違うことを考えていたから 僕がトップになれたのは、いつも人と違うことを考えていたから
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/24
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:19cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2672-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

僕がトップになれたのは、いつも人と違うことを考えていたから

著者 鈴木 大地 (著)

「オリジナル」にこだわることがトップへの近道だった! ソウル五輪で金メダリストとなり、史上最年少で日本水泳連盟の会長に就任した鈴木大地が、世の中をすいすい泳ぎ抜く46の法...

もっと見る

僕がトップになれたのは、いつも人と違うことを考えていたから

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

僕がトップになれたのは、いつも人と違うことを考えていたから

1,101(税込)

僕がトップになれたのは、いつも人と違うことを考えていたから

ポイント :10pt / 紙の本より303おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「オリジナル」にこだわることがトップへの近道だった! ソウル五輪で金メダリストとなり、史上最年少で日本水泳連盟の会長に就任した鈴木大地が、世の中をすいすい泳ぎ抜く46の法則を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

昨年、史上最年少の46歳で日本水泳連盟会長に就任した鈴木大地、初の自己啓発本。

ソウル五輪100m背泳ぎの金メダリストである鈴木大地は、なぜ46歳という史上最年少の若さで日本水連会長になれたのか?
それは彼が「決勝直前のバサロキック変更」をはじめ、「ハーバード大学へのコーチ留学」「医学博士号取得」「体操選手の飛び込み転向」など、類い稀なる「直感力」と「チャレンジ力」を持っているからだ!

これまで語られることのなかった挫折の日々、ハーバード大で開眼したアメリカ式練習法と発想法、そして水連会長としての未来を見据えるまっすぐな眼差し。時代の風雲児、鈴木大地のオリジナルな発想法のすべてがここに凝縮!

目次

はじめに  
第一章 ソウル五輪で学んだ自己コントロール術

泳げない人が一人もいない世の中にしたい  
ブルーオーシャン戦略で成功を収める  
飛び込みは「水の体操競技」だ  
できることしか言わない  
人とは異なる視点を持つ  
失敗を即座に活かす  
場を支配する  
現実を直視することが大地流「集中術」  
気合い1、余裕1  
「カマラデリー」こそ一流の証し  
新しい常識を打ち立てる  

第二章 挫折こそ、人生の糧

ピンチは心を鍛える大チャンス  
人生プランを考えておく  
気づかなかった「継続は力なり」  
迷ったら、感じるままに自分を動かす  
目標となる人物を見つけ出す  
神頼みほど愚かなことはない  
失意の底で現実に気づく  
折れた心と向き合う  
成功のまま終わることはできない  
挫折こそ次の人生につながる  

第三章 自分を育て、他者を動かす

人生はチャレンジしてこそ面白い  
スペシャリストであり、ジェネラリストであれ  
「ソクラテスメソッド」を使いこなす  
想像力があれば英語は身につく  
自分の知らない国を訪れる  
異国で直感を研ぎ澄ます  
頑張る人間がチームワークの鍵になる  
飴と鞭を使い分け、人間性を育てる  

第四章 人生の流れに身を任せる

社会貢献が自分を磨く  
人生の流れに逆らうことなくトライする  
マンパワーを結集させる  
世の人々の実益になる研究をする  
医学とスポーツをコラボレートする  
両親にもらった健康な体と強い心を大事にする  
2度目の結婚で運が開く  
オンエア中に泣かされた長男の手紙  

第五章 史上最年少の水連会長

選手の目線で考える  
世界の強豪に臆さない  
新しいことに挑戦すれば自ずと道が開ける  
若い人の夢を決して潰してはいけない  
日本古来のものを見直す  
水泳は人生観さえも変えてしまう  
好きなことに目標を持てる幸せ  
医療費の代わりにプールの建設を!  
水泳に野球やサッカー以上のステイタスを  
【商品解説】

目次

  • 目次
  • はじめに  
  • 第一章 ソウル五輪で学んだ自己コントロール術
  • 泳げない人が一人もいない世の中にしたい  
  • ブルーオーシャン戦略で成功を収める  
  • 飛び込みは「水の体操競技」だ  
  • できることしか言わない  
  • 人とは異なる視点を持つ  

著者紹介

鈴木 大地

略歴
〈鈴木大地〉1967年千葉県生まれ。日本水泳連盟会長、日本オリンピアンズ協会会長、順天堂大学スポーツ健康科学部教授、医学博士。ソウル五輪100m背泳ぎで金メダル獲得。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/06 14:51

投稿元:ブクログ

【No.238】「失敗を活かす。失敗から即座に学ぶ。自分を分析して、さらに自分のことを知る。仕事でもスポーツでもそれを繰り返すことで成長でき、成功を手に出来る」「気合い1に対し、余裕1。勝負では気合い100%ではなく、少しだけ自分に余裕を入れ込むこと」「人生はいつの時点でもチャレンジしなくてはいけない。それが人生をエンジョイできる最高の方法」「本当の天才とは、ただ努力の継続ができる人。神頼み、運頼みだけでは何も変わらない。努力を怠った者に、どんな前進も成功もない」「困難なことはたくさんある。でも、困難こそが面白い。大変が面白いと思わなくては人生はつまらない」

2014/12/25 19:37

投稿元:ブクログ

鈴木大地さんは言わずと知れた、ソウルオリンピックの金メダリスト。
その彼が、オリンピック後から日本水泳連盟会長になったまでの半生を語った本。

はたから見れば、順風満帆な人生だったように見えるが、
実は、休むと言う選択をしてしまった事で新しい目標を立てられず停滞した事、
そしてそれが原因で中途半端な形で選手引退をしたことなど、どん底を経験した事を
明確に書いている。

自分が初めて日本選手権に出場したのが91年だったので、あのとき丁度大スランプでどん底に
向かって落ちている頃だったのだなと思いながら読んだ。

勝つためにはどういう事をしないといけないか?と言う事についてかなり厳しい事が書かれている。
召集所をホームにする為に一番最初に行って、ライバルをホームに向かいいれるようにするとか、
周りの選手を見て観察するなど書かれていた。
自分も選手として日本選手権をはじめ色々な全国大会に出て召集所の雰囲気を知っているが、
あのピリピリして凄いアウェイ感がある場所をホームにすると考えられるのは凄いと思った。
それも全国大会ではなく、オリンピックなどの国際大会の召集所だと言う事を考えると想像を絶する思いだ。


気に入った言葉
本当の集中力は自分の世界に籠持っていては養えません。現実の世界から離れたところで集中していても、それは本当の集中力にはならない。
カマラデリー:同じ志を持った仲間たちの友情
頭で考えるのは戦略です。どういう流れで泳げばライバルに勝てるかどうかと言う事で泳ぎ自体は考えない。
人生はチャレンジしてこそ面白い。
「人生の流れに身を任せる」

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む