サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 赤毛のアンと世界一美しい島 プリンス・エドワード島パーフェクトGuide Book

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤毛のアンと世界一美しい島 プリンス・エドワード島パーフェクトGuide Book
赤毛のアンと世界一美しい島 プリンス・エドワード島パーフェクトGuide Book 赤毛のアンと世界一美しい島 プリンス・エドワード島パーフェクトGuide Book
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/17
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:23cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2680-6
  • 国内送料無料
ガイド

紙の本

赤毛のアンと世界一美しい島 プリンス・エドワード島パーフェクトGuide Book

著者 マガジンハウス (編)

「赤毛のアン」の舞台プリンス・エドワード島を、アンをめぐる物語とともに紹介するガイド本。トロントでの乗り継ぎや空港からのアクセス、グルメ、お土産、おすすめスポットなどの情...

もっと見る

赤毛のアンと世界一美しい島 プリンス・エドワード島パーフェクトGuide Book

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「赤毛のアン」の舞台プリンス・エドワード島を、アンをめぐる物語とともに紹介するガイド本。トロントでの乗り継ぎや空港からのアクセス、グルメ、お土産、おすすめスポットなどの情報が満載。データ:2014年7月現在。【「TRC MARC」の商品解説】


プリンス・エドワード島はカナダの大西洋側、
セント・ローレンス湾に浮かぶ三日月のような形をした小さな島です。

本当に小さくてかわいらしい島ですが、
これでもカナダの州のうちの一つ。
最も小さな「プリンス・エドワード島州」なのです。
ですから、島には州の首相もいますし、立派な州議会もあります。

また日本では、ルーシー・モード・モンゴメリ著、村岡花子訳の
『赤毛のアン』の舞台として広く知られています。

『赤毛のアン』は知っているけれど……
島の名前は聞いたことがあるけれど……
一度は行ってみたいと思っているけれど……

そんな皆さんに是非この島を訪れてほしい、この島のことを知ってほしい――。
これが、ガイドブックを作ろうとしたきっかけでした。

プリンス・エドワード島へと誘うのは、偶然、この島の素晴らしさに触れ、
この島を忘れられなくなってしまった「僕」。

おすすめの見どころは?
おいしいシーフードを食べるには?
安心してお酒が飲めるお店は?

そんな小さな質問や小さな心配にもこたえたいと、一生懸命作りました。

『赤毛のアン』を日本に紹介した翻訳者、村岡花子さんのお孫さんである村岡美枝さん、
恵理さん姉妹のインタビューも掲載してあります。
アンの世界を日本に届けてくれた村岡花子さんのことをもっと知ってほしい――。
そんなふうに思っています。

また、島全体で大きな動きとなっているオーガニック農家とレストランについても、
「番外編」として紹介しています。
大地と海の生命力が詰まった「食」が満載です。

この本を手に、プリンスエドワード島へと旅立ちましょう。
そして、この本とともにプリンス・エドワード島をめぐってほしいのです。

飛行機の窓から見える小さな小さなこの島は、赤や緑や青のモザイクで彩られているはずです。

さあ、プリンス・エドワード島と『赤毛のアン』に出会う旅がいよいよ始まります。

あなたと、あなたの旅にとって、このガイドブックが
まさに「腹心の友」となってくれることを心から願っています。


(本書「はじめに」より)
【商品解説】

目次

  • ◆プリンス・エドワード島MAP
  • ◆僕とアンが見つけた14の物語
  • ~14の物語から派生した、島を楽しむ情報~
  • トロントでの乗り継ぎや空港からのアクセス、グルメ、お土産、ホテル、おすすめスポットなど
  • ◆村岡花子―「家族と本」を愛し抜いた人(村岡美枝・恵理姉妹のインタビュー)
  • ◆番外編/カナダ東部、プリンス・エドワード島へ「おいしい自然派」を探しに行く。(『BRUTUS』再録)
  • ◆旅の基本情報
  • ◆旅のカレンダー

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

永遠の憧れの地、プリンス・エドワード島!

2014/11/24 08:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤毛のアンを初めて読んだのはいつだったかな~と思い返します。
たしか小学生の頃、夢中になって読みました。
赤毛のアンの続編を読んだのは中学生の頃、
大学生の頃は原書を買ってパラリと読んだ思い出も、
そうして赤毛のアンの映画を見たのは社会人になってから、
赤毛のアンのミュージカルはたしかテレビの放送で見たような記憶があります。

その時々に私の側にあった「赤毛のアン」。
プリンス・エドワード島に行きたいと思ったのも数知れず…。私にとっては永遠の憧れの地です。

このパーフェクトガイドブックは、その思いをさらにかきたてます。

「あたし、もう好きでたまらないわ。
こんなところで暮らすんですもの。うれしいわ。
プリンス・エドワード島は世界じゅうでいちばんきれいなところだって、
いつも聞いていましたから」
アンの言葉が耳元で聞こえてきそうです。

たくさんのすてきな写真にうっとり。
巻末には「赤毛のアン」の翻訳者村岡花子さんのお孫さん二人のインタビュー記事も。
なぜ村岡花子さんが生涯一度もプリンス・エドワード島へ訪問しなかったのか?そのわけも書いてありました。
NHK朝ドラ「花子とアン」を毎朝楽しみしていた私、そのわけを知って大いに納得でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/27 04:40

投稿元:ブクログ

赤毛のアンの舞台として広く知られているプリンス・エドワード島。カナダの大西洋側。セントローレンス湾に浮かぶ三日月形の小さな島である。世界で最も綺麗なところと言われる。赤い大地に緑の自然。赤、緑、青、自然の美しい色が溢れている。緑と赤のコントラストに空の青が加わり、空よりも濃い青を湛えた海は、降り注ぐ光を受けて静かに揺らめいている。どのページにもアンがおり、観光ガイドを楽しみながらアンの抱いた思いに寄り添うことができた。

小説研究 ランキング

小説研究のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む