サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 現代思想の時代 〈歴史の読み方〉を問う

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現代思想の時代 〈歴史の読み方〉を問う
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/24
  • 出版社: 青土社
  • サイズ:20cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7917-6790-8
  • 国内送料無料

紙の本

現代思想の時代 〈歴史の読み方〉を問う

著者 大澤 真幸 (著),成田 龍一 (著)

1970年代初頭から現代までの社会/思想の推移について、1973年に創刊された雑誌『現代思想』の特集と営みを補助線としながら大澤真幸と成田龍一の2人が考察。これからの歴史...

もっと見る

現代思想の時代 〈歴史の読み方〉を問う

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1970年代初頭から現代までの社会/思想の推移について、1973年に創刊された雑誌『現代思想』の特集と営みを補助線としながら大澤真幸と成田龍一の2人が考察。これからの歴史の読み方を鋭く問う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大澤 真幸

略歴
〈大澤真幸〉1958年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。
〈成田龍一〉1951年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了(文学博士)。日本女子大学人間社会学部教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店難波店

読みながら抱いた二つの感慨

ジュンク堂書店難波店さん

大澤真幸と成田龍一の対談に、改めて色々と勉強させられながら、二つの感慨を覚えた。
一つは、自分は大澤真幸と同時代を生きてきたのだな、という感慨。
画期は、やはり1995年と2011年だろうか?”オウムの信者を見ていると、自分のなかに、彼らと共鳴する部分があるのを感じる”という実感はぼくらの世代の人間が共有していると思うし、東日本大震災直後の茫然自失もそうだ。”あれから二年以上が経って、急速に忘れられるようになっているのは、問題が小さかったからではなく、大きすぎたがために逃げの一手を打っているからだという気がします。” ”確かに、3.11をきっかけにして、夥しいことが言われた。しかし、それらは、我々のショックや当惑に応えるものではなかった””あれから二年以上が経って、急速に忘れられるようになっているのは、問題が小さかったからではなく、大きすぎたがために逃げの一手を打っているからだという気がします”というのは、まったく同感。
もう一つは、さまざまな形で人文書にかかわってきたぼくの書店人生を総括してもらえたという感慨。
1972年(あさま山荘)/1973年(オイルショック)の断層、その時に雑誌『現代思想』が始まったということ。その10年後の1982年に書店で勤め始めたぼくが、最初に出会った衝撃は、やはり、浅田彰の『構造と力』だった。しばらくして大澤の書くものに出会い、「これだ!」と思ったことを、懐かしく思い出す。この30年を振り返り、自明性の解体自体が自明になってくる→「次は何が解体されるのですか?」;驚くこと自体が儀式に→行き詰まり感、”逃げて逃げて逃げまくったとしても、初めから誰も追いかけて来ない”というのも、共感できる。
成田の”歴史学というのは「第三者の審級」です。「第三者の審級」を自明とし、その立場を保持するのが歴史学ですから、その位置を脅かし揺るがせる営みー学知には強い警戒心を持ちます。⇒『現代思想』に乗れなかった”という回想もなるほどな、と思い、(良い悪いではなく)哲学思想・社会学と歴史学との時間軸のズレが理解できた。更に、”歴史家は、まるで「第三者の審級」から語って見せるが、その資格は果たしてあるのか。また、そうした問いを経たとき、歴史はあらためてどのように語られるのかということが、「第三者の審級」として大澤さんが問われたことであったとわたしは理解しています”というある意味謙虚な成田の言葉からも、本編でもかなり語り込まれているが、大澤の『〈世界史〉の哲学』という仕事が、より注目される。また、歴史学に限らず、“新しいものはいきなり新しいまま出来上がるのではなく、それまでの主潮流との対決のなかから出てきます。そのとき、前の思想とどのような距離を取り、どのような地点から格闘を試みているかを理解しなければなりません。そのプロセスを経なければ、単なる流行を受け取ったことしかならないだろうと思います”という成田の言葉にも、賛成する。
二人のフィールドが社会学と歴史学と異なっていることが、対談を、全編通してとても読みやすいものにしているように思う。「同業者」同士の対談や座談は、「業界」の自明な前提、暗黙の了解が多くて、第三者が読むとさっぱりわからないことも多いからだ。翻って本書の対談では、思想、社会学、歴史学の流れが、とてもわかりやすく語られていて、書店の人文書担当者が大いに参考にできる本である。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/03 22:43

投稿元:ブクログ

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&bibid=TB90310994

思想と雑誌は結び付いていた。思想が雑誌をつくるのは、当たり前。むしろ、雑誌が思想を生み出した。
『現代思想』という雑誌が、「現代思想」を生み出した! 思想少女よ、思想少年よ、社会と向き合うことのドキドキ・ワクワクがあるぞ。

(推薦者:行政 新藤 雄介先生)

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む