サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 露地を彩る蹲踞大全 つくばいの作法を網羅した決定版 手水鉢のデザインから水琴窟の仕組み・設置方法まで、つくばいのすべてがわかる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

露地を彩る蹲踞大全 つくばいの作法を網羅した決定版 手水鉢のデザインから水琴窟の仕組み・設置方法まで、つくばいのすべてがわかる
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/11
  • 出版社: 誠文堂新光社
  • サイズ:26cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-416-61435-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

露地を彩る蹲踞大全 つくばいの作法を網羅した決定版 手水鉢のデザインから水琴窟の仕組み・設置方法まで、つくばいのすべてがわかる

著者 吉河 功 (監修)

茶の湯の露地には欠かせない設備である蹲踞。その構成と作法、水琴窟の仕組みと設置方法、手水鉢のデザインなどを、豊富な写真とともに解説する。手水鉢の歴史や名品リスト、用語解説...

もっと見る

露地を彩る蹲踞大全 つくばいの作法を網羅した決定版 手水鉢のデザインから水琴窟の仕組み・設置方法まで、つくばいのすべてがわかる

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

露地を彩る蹲踞大全 ~つくばいの作法を網羅した決定版~

3,024(税込)

露地を彩る蹲踞大全 ~つくばいの作法を網羅した決定版~

ポイント :28pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

茶の湯の露地には欠かせない設備である蹲踞。その構成と作法、水琴窟の仕組みと設置方法、手水鉢のデザインなどを、豊富な写真とともに解説する。手水鉢の歴史や名品リスト、用語解説も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

「蹲踞【つくばい】」とは、日本庭園を彩る添景物のひとつで露地(茶庭)に設置されます。もともと茶道と深い関係にある蹲踞は、茶道の習わしで客人が手水で手を洗うときに、「つくばう(しゃがむ)」ように身を低くして手を清めたことからその名がつきました。
本書では、その蹲踞を構成する「手水鉢【ちょうずばち】」を中心に、役割や名称、仕組みなどの基礎知識から、デザイン、歴史、作法と鑑賞の仕方、茶道との庭との関係などについて豊富な写真や図版・イラストでわかりやすく紹介しています。
また近年、日本の庭園文化を代表する装飾・仕掛けのひとつとして再び注目された「水琴窟【すいきんくつ】」(※手水鉢の近くの地中に作り出した空洞の中に水滴を落とし、その音を反響させる仕掛けで、実際には手水鉢の排水を処理するものとして機能している)についても、その構造や設置の仕方などを詳しく解説、文字通り「蹲踞」のすべてがわかる一冊になっています。【商品解説】

著者紹介

吉河 功

略歴
1941年東京生まれ。日本庭園研究会会長。吉河功庭園研究室代表。中国園林資料研究所所長、蘇州風景園林学会名誉理事、杭州風景園林学会名誉理事なども務める。日本庭園の研究家、作庭家、石造美術品の設計家として活躍している。竹垣、石組など庭づくりの著書多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

全編、つくばいについて

2016/05/29 19:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

つくばいで構成された本。結構厚い。ページの多くは珍しい形の手水鉢の写真と紹介で、単にくぼみを穿ってある石ではない、奥深い世界が広がっています。形、大きさ、高さ、意匠、材料、時代…さらには蹲踞を用意する茶席の亭主の心配り、作法にまで心をいたし、厳粛な気分にさえなります。
造園業の方、茶道をたしなまれる方向けの本かもしれませんが、単に興味で手にとっても楽しく読め、勉強になりました。庭園見学もよりたのしくなりそう。

Lesson1蹲踞の構成と作法
Lesson2水琴窟の仕組と設置方法
Lesson3手水鉢デザイン実例集
Lesson4手水鉢をめぐる物語(*千利休のフクロウの手水鉢の行方、小堀遠州の洞水門の話のふたつ)
Lesson5手水鉢の歴史
Lesson6用語解説

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する