サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 世界遺産にされて富士山は泣いている

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界遺産にされて富士山は泣いている(PHP新書)
世界遺産にされて富士山は泣いている(PHP新書) 世界遺産にされて富士山は泣いている(PHP新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP新書
  • サイズ:18cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-82004-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

世界遺産にされて富士山は泣いている (PHP新書)

著者 野口 健 (著)

富士山が「条件付き」で世界文化遺産に登録されたことを多くの日本人は知らない。富士山の清掃活動に尽力してきた著者が、富士山のゴミ問題、小笠原諸島などの成功例、入山規制のあり...

もっと見る

世界遺産にされて富士山は泣いている (PHP新書)

821(税込)

世界遺産にされて富士山は泣いている

700(税込)

世界遺産にされて富士山は泣いている

ポイント :6pt / 紙の本より121おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

富士山が「条件付き」で世界文化遺産に登録されたことを多くの日本人は知らない。富士山の清掃活動に尽力してきた著者が、富士山のゴミ問題、小笠原諸島などの成功例、入山規制のあり方、質の良い観光等について語る。【「TRC MARC」の商品解説】

なぜ日本を代表するアルピニストは「富士山の世界遺産登録」を嘆くのか。日本が誇る霊峰の驚くべき現状と私たちがいまできることとは?【商品解説】

著者紹介

野口 健

略歴
〈野口健〉1973年アメリカ生まれ。亜細亜大学卒業。亜細亜大学客員教授などをつとめる。99年エベレスト登頂に成功、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を樹立。著書に「落ちこぼれてエベレスト」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/20 10:27

投稿元:ブクログ

2014/6/21 Amazonより届く。
2016/3/14〜3/17

富士山の嘆かわしい状況は噂には聴いていたが、まさかここまでとは。本当に人間お金が絡むとややこしいなぁ。
とはいえ、やはり一度は登りたい山だ。

2014/08/09 09:54

投稿元:ブクログ

富士山清掃活動を長年リードしてきた野口健の新書。
世界遺産になって喜んでいると思いきや、現実の富士山の状況、取り巻く環境や関係者の話が赤裸々に語られており、素直に喜べないどころかこれからの富士山にふりかかるであろう苦難について書かれています。
登山、自然愛好の方は一度読んだ方がいいと思われる。
夜通しヘッドランプで行列作って富士山登るなんて、やっぱりどおかしてるぜ!

2014/10/12 22:01

投稿元:ブクログ

野口健がこのように考えているとは。。。

世の中の大半の人が彼の思いを勘違いしていると思うし(自分もその中の一人だった)、もっとこの富士山の世界遺産登録に関しては論じられてもいいと思う。

結局、利権がらみなのね。。。
と悲しくなるなぁ。

2016/01/27 00:33

投稿元:ブクログ

アルピニスト野口健。といえば、富士山のゴミ拾いに積極的なのは知っていた。
その流れで、世界遺産になることを目指していたのだと思っていたが、違ったのね。
この本を偶然、図書館で見つけて、著者名とタイトルに違和感を覚えたのがきっかけで、読んだ本。

この本にも書かれているけれど、世界遺産になることは、その環境を保護して、後世に残すことが必要なはず。
だから、世界遺産になると聞くと、「これからが大変だよね。人が多く来すぎて、保護が難しくなる。」と思っていた。
でも、実際は、観光客が増えること、増えたことばかりがクローズアップされていて、違和感があった。
この本を読んで、やはり、「お金」「人間」「利権」が絡んでいるんだなーと納得。

富士山が文化遺産を取れた時の条件は、2016年2月1日までに、富士山をどう守るか?どう環境をまもっていくか?の報告をすることになっていたようだが、それは、どうなったのだろうか?気になるところ。
あと、入山料の使い道は、決まったのだろうか?
登山電車構想は、どうなったのだろうか?
気になることばかり。。

今年、富士山に登ってみたい!と思ったが、これを読んで、安易すぎたなーと反省。
でも、読んだからこそ、登ってみたい気もしてきた。
もちろん、ゴミはきちんと持ち帰り、入山料も払ったうえで。
ちなみに、余談だが、私にとって富士山は、母なる山というイメージが強い。

2014/09/13 23:47

投稿元:ブクログ

 新聞の書評欄で紹介されていたので読んでみた本です。
 著者の野口健氏は、日本の代表的なアルピニスト。最近は、エベレストや富士山の清掃登山等、環境問題への取り組みでも注目されています。
 本書は、その野口氏が、富士山の世界文化遺産登録をひとつのシンボリックな材料として、日本の環境保護問題の課題を浮き彫りにしたものです。そして、本書において著者が求めているのは、「富士山を世界文化遺産」として維持し続けるという点ではありません。それは、むしろ手段であり、究極の目的は「環境保護」にあるのです。

2016/02/12 19:19

投稿元:ブクログ

http://tacbook.hatenablog.com/entry/2016/01/13/224117

2015/11/30 23:05

投稿元:ブクログ

実際の目で見て聞いたことが書いてあったので非常に勉強になった。富士山頂が私有地なのも面白い。自分も人間だが、やはり人間は仕方がないって思う。ただ、ゴミ拾いはしようかな。

2014/09/02 16:40

投稿元:ブクログ

恥ずかしながら「知らなかった…」ということの連続でした。もともと「富士山を世界遺産に」と呼びかけていらしたアルピニスト野口健さんの現在の胸の内。彼がこんなことを考えていると知り、なおのこと重い。

富士山が登録された世界遺産って、当初の「世界自然遺産」から「世界文化遺産」に変えて登録が叶ったという経緯をご存知でしたでしょうか?(私は恥ずかしながら迂闊にもきちんと理解していなかった次第です)

では、富士山のどういった「文化」が評価・登録の対象となったのかご存知でしょうか?

登録叶ったとはいえ、かなり「条件付き」の登録であり、「改善命令」が付されていること、また指定の期間までにその改善がなされないと登録が抹消される可能性も大きいことをご存知でしょうか?

もし、全部「YES」であればこの本を読む必要はないかもしれません。
でも、1つでも「NO」であれば、この本に書かれている世界遺産登録を巡る裏の事実、そして野口健さんの主張を知っておいた方が良いと思わざるを得ませんでした。日本人ならば。

やはり富士山は「日本の象徴」ですからね…
その富士山がどういうことになっているか?日本人全員が関心を持つべき課題と言えます。

2014/08/10 06:44

投稿元:ブクログ

富士山は世界遺産の価値があるのか?
世界遺産になるとはどういうことか?

まったくわからずに
観光客が集まるだろうと思って
登録(本当はまだ仮登録状態)をしてみたけれど、
たくさんの注文がついて
あわくってる状態。

とてもわかりやすく、
そして富士山のためにかかれてます。

2014/06/26 18:29

投稿元:ブクログ

富士山の清掃活動等を行って来た登山家・野口健が、富士山の世界遺産登録に浮き立つ日本人に冷や水を浴びせかける。

野口が語る富士山の現状は、お寒い限りだ。トイレットペーパー交じりの白い屎尿の川はバイオトイレ導入でマシになり、5合目以上は野口らの活動でだいぶゴミが減ったと言う。しかし、5合目以下は未だに産業廃棄物の不法投棄も多いし、何よりも1シーズン30万人もの登山者は、否応無く富士山に過剰な負荷をかける。富士山を観光のための資源としか考えていない業者や自治体は、観光客の減少につながるような規制には反対し、結果、富士山の貴重な価値を損ない、世界遺産登録さえ抹消されかねないという悪循環…。

このような状況を変えるために、野口は、むしろ、世界遺産登録が実現しない方がよいと考えていたと言う。つまり、「世界遺産登録」を関係者が共通の目標とし、そのために何が必要なのかを関係者全員が真剣に考え、一致協力することにより、状況を改善することができると考えていたのだ。野口にとっては、世界遺産登録が目的なのではなく、富士山をいつまでも美しく保ために、何ができるのか、ということこそが重要だったのだ。

世界遺産に登録されること自体が目的なのではなく、我が国の素晴らしい文化財、自然環境を保護し、世代を超えて伝えていくために世界遺産登録をするのだ、という、我が国ではとかく忘れられがちなことを本書は思い出させてくれる。そして、富士山が世界遺産に登録されたとは言え、2016年までにイコモスに対して今後の保護のビジョンを示さなければならないという、いわば「暫定的」登録状態にある今こそ、今後、我々が富士山をどのように扱っていくのか、今後100年の「富士山政策」を決める最後の機会だと思う。

野口も期待するのが、5合目までの富士スバルラインに変えて、登山鉄道を作る計画だ。新たに鉄道を作るというと環境破壊が心配になるが、自動車道のあったところに鉄道を作り、自動車道を廃止することにより、環境破壊は最小限に抑え、環境負荷を低減させることができるらしい。確かに鉄道ならば自動車と異なり、入山者数をコントロール可能だし、冬場も5合目まで行くことができるようになれば、夏場の入山者を減らしつつ、通年の観光客数をむしろ増やすこともでき、観光客に依存する業者や自治体にとっても良い話なのではないか。

他にも、「富士山の頂上に自動販売機が必要なのだろうか」など、経済性や利便性を過剰なまでに追求してきた我々日本人にとって耳の痛い、しかし、見直すべき指摘が多い。日本が本当に豊かな社会となるために、著者にはこれからも耳の痛い提言をしてもらいたい。

2014/07/01 14:00

投稿元:ブクログ

【BOOKセレクト】野口健著「世界遺産にされて富士山は泣いている」 : (甲斐 毅彦)スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/topics/20140630-OHT1T50060.html

PHP研究所のPR
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-82004-0

2014/08/22 12:03

投稿元:ブクログ

登山家野口健が語る富士山の現状。世界遺産登録にこぎつけた背景と、そうはいっても仮免状況で大きな課題が課せられていることなど知らないことばかり。自分も登山者としてもランナーとしてもいろいろ考えさせられるばかり。

2014/11/11 09:42

投稿元:ブクログ

よくぞ書いてくれました!!
野口さんにしか書けないだろうし、
これを書籍にして世に出してくれて良かったと思う。

『世界遺産』という冠を手に入れて大喜びして、
じゃぁ行こうめでたい良かったとワーワー言ってる私たち。
富士山しかり、富岡製糸場しかり。
恥ずかしくなるね。

『世界遺産』とは?
という根本的なこと、今後の課題、
もっと真面目にみんなが知れたらいいなぁ。

メディアにそれを、期待できないんだろうなぁ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む