サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 四月一日亭ものがたり

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

四月一日亭ものがたり(ポプラ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/31
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラ文庫
  • サイズ:16cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-14097-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

四月一日亭ものがたり (ポプラ文庫)

著者 加藤 元 (著)

あの日、ぼくは初めてあやめさんを食事に誘った。銀座の裏通りにある西洋料理店で「四月一日亭」という変わった名前のお店だった…。大正時代末期、日本が自由で穏やかだった時代。美...

もっと見る

四月一日亭ものがたり (ポプラ文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あの日、ぼくは初めてあやめさんを食事に誘った。銀座の裏通りにある西洋料理店で「四月一日亭」という変わった名前のお店だった…。大正時代末期、日本が自由で穏やかだった時代。美味しい料理とともに、人々の悲喜こもごもが繰り広げられる。気鋭の作家が描く連作短編集。【「BOOK」データベースの商品解説】

大正時代末期、日本が自由で穏やかだった時代。銀座の裏通りにひっそりと佇む西洋料理店「四月一日亭」があった。美味しい料理とともに、今日も客人たちの悲喜こもごもが繰り広げられる…。人情小説家が描く連作短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

チキンカットレット 7−80
アイスクリーム 81−146
ホワイトライス 147−212

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

順番が…

2014/09/08 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安楽椅子探偵ラブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物それぞれの視点からの四月一日亭で構成されていますが、その順番が違う方が面白かったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/25 23:53

投稿元:ブクログ

ごちそうさんや花子とアンに出てくるような華やかな人たちだけでなく、こういう人たちも確かに生きていて、震災を乗り越えて、そしてまたただ生きていたのだな、と気付かされました。ただ生きている、それだけで良いのです。

2014/09/26 09:42

投稿元:ブクログ

西洋料理店「四月一日亭」をめぐる人々の物語。
明治大正と、日本の洋風化が進む。
戦後のアメリカ化ではなく、欧風化の時代だ。
作者も読者も、実際に生きた時代ではない。
いい意味で「美しいところ」ばかりが描かれている。
(作者は美しいところばかり描いているつもりはないのだろうが…)
哀しい繋がりや、貧しく汚い街並みと人々さえも、時間という紗を通して見るように遠いせいなのか美しく感じる。
それは、読み手の、勝手なノスタルジーからくるのかもしれないけれど。

さて、美味しそうな西洋料理もたくさん出てきますが、私が一番おいしそうだと思ったのは、白飯にウスターソースかけたやつです。
今日明日にでも食べてしまいそうです。
目次には、西洋料理店のメニューふうにお洒落に料理名が描かれていますが、内容の雰囲気とは何だかちぐはぐ。
軍隊の便所飯や、一膳飯屋の出どころの良くわからない材料、豆腐料理ばかりの一般家庭…そういう部分の描写の方が面白かった。

他に印象に残ったのは、浅草凌雲閣。
良き時代の象徴のような気がします。
これが、関東大震災で倒壊した時、日本の近代化の時代がどこかで終わって、軍国主義へと急速に傾いて行く時代になる。
桐子さんは、成功を求めて、上海や満洲へ渡りそうだなあ~

2014/09/13 20:29

投稿元:ブクログ

大正末期の洋食屋さんを中心に、ちょっと傷ある人たちの
ささやかな癒しの連作。
最後は希望が芽生えそうで良かった。

2016/05/04 16:18

投稿元:ブクログ

初読み作家さん。洋食屋が舞台の話しだけど、予想と違ってあまり料理は出て来なかったw四つの連作短編集で、最後には繋がりがわかって、おお!と思ったが、西岡が一番辛いなあ…

2014/08/06 00:01

投稿元:ブクログ

『嫁の遺言』ファンにはど直球の一冊。
激動の時代の、日本のあちこちにいたであろう、たくさんの彼らの物語。
四月一日亭に縁のある一人ひとりのバラバラピースがあるべきところにはまっていく、この気持ちよさたるや!
どん底の人生の中で、どん底に人間に成り果てるか、そこにいたとしても真っ当な人間として生きていけるか、分かれ目ってなんなんだろうな、とふと思う。
ほんの小さな優しい思い出、何気ない温かい一言、そんなヒトとのつながりが、あるかないか、いや、それを受け止められるかどうか、それが分かれ目なんだろうな。きっと。
西岡さんには、いつかふらりと戻ってきて欲しい。そして、とにかくカットレットとオムレツ、食べたい。

2014/08/18 22:38

投稿元:ブクログ

期待してたよりずっと良かった。
関東大震災の頃の、下町の情緒がすごく出てる。
そして、苦界にいた人や、最下層に身をやつして暮らしていくしかなかった人、みずから転落して行った人、いろんな人の人間ドラマがあった。どれもとても登場人物の造形が深かった。
私が知らないだけで、まだこんな生き方をしている人なんて、日本の中にいるんだろうなぁ。こうはなりたくない。でも、いざという時、くず哲みたいに、ちゃんと言うべき時は言える人間でいたい。後悔だけはしたくない。そう思った。

2015/02/17 08:55

投稿元:ブクログ

時代は昭和初期、関東大震災もあった時代。
一軒の洋食屋さんを巡って、そこに関わるいろいろな人の視点から描かれています。最後には皆がどこかでつながっているのが、面白かった。チキンカツレツが無性に食べたくなりました。

2015/01/12 21:06

投稿元:ブクログ

軽く読める本を~とジャケ買いしてみたら、思いのほか骨太作品でにやり。
西洋料理屋が舞台だけど食べ物よりも人間関係に重きが置いてあり、重厚感のある人間ドラマだった。
くず哲の件は、こういう「読者は知っているけど登場人物は知らない」という展開が好きなので、ぐっときた。
明確に描かれてはいないけど、ハッピーエンドでほっこり。

2014/08/16 02:35

投稿元:ブクログ

まっとうな人に勧められる本ではないと思う。
この国の一番汚れたところが描かれている。

インドのスラムと似てはいる。けれど日本人はインドの人たちとは違って臆病だ。荒んだ生活の中でも信仰や他人への愛を言葉にできるインドの人たちの強さを持っていない。インドの人たちのようには自分を誇れない。いつも後ろめたさの代わりに悪い奴であろうとする。自分の責任でもない生い立ちの辛さや、親からすらも愛されなかった虚しさを隠し、それらもみんな、自分が悪いかのように人前で振舞って見せる。

そんな時代のこの国の息苦しさが、ありありと伝わってくる。私は泣きそうになった。

誰からも愛されず、失うばかりでなに一つ手に入れることのなかった「くず哲」。物語は登場人物それぞれの視点から描かれつつ、最後にはくず哲自身の生い立ちの真実に、読者の目はひたすらひきつけられてゆく。

誰にも知られないまま、くず哲はその出生とそれに翻弄された生き様を胸に呑み込んで、姿を消した。

なのに…彼は彼の知らないところで、四月一日亭を通じて彼に繋がる人たちから、いつしか愛されてゆく。

くず哲の生き方は、自分以外の人には真っ直ぐだった。彼に救いがほしい…読み終えて、本当にそれだけが気がかりで、胸に針のように刺さって、しくしく痛んだ。

よくも悪くも目を背けたくない、日本の真実のひとつ。そう評価したい。

くず哲の愛を疑う人には、この本は勧めたくありません。時系列的には矛盾ですが。

2014/09/02 21:39

投稿元:ブクログ

時系列がしょっちゅう飛ぶ内容なので、正直読みにくかったです。なんだか途中で読むのが億劫になってしまいました。
4話すべての登場人物が皆つながっているというのは、まあまあ面白かったけれど。かと言って、あまり魅力的なキャラクターもいないので、終始感情移入できず、アウェーな気分のまま終わりました。登場人物の描写や、物語の背景などをもっとていねいに描いてほしかったです。すごく荒削りな印象を受けました。それで、次々に場面が変わるので、なんだかなぁ。
最後の終わり方もあまりスッキリしないし、不完全燃焼でした。

2014/09/21 18:00

投稿元:ブクログ

お店にやってくる人々のお話だと思っていたが、少し違っていた。どちらかというとこのお店に関わりのある人たちのお話。連作短編集だが、1つ1つの話としては弱い感じ。4話目(最終話)があってやっと話がまとまる。

2015/06/12 13:30

投稿元:ブクログ

あの日、ぼくは初めてあやめさんを食事に誘った。銀座の裏通りにある西洋料理店で「四月一日亭」という変わった名前のお店だった…。大正時代末期、日本が自由で穏やかだった時代。美味しい料理とともに、人々の悲喜こもごもが繰り広げられる。気鋭の作家が描く連作短編集。

2015/06/20 17:36

投稿元:ブクログ

大正時代のとある洋食料理店「四月一日亭」を軸に進む話。華やかでドラマティックな物語ではないけれど、登場人物達は確かにそこで生きていて、登場人物達のちょっと因果な関係が見えてくる。チキンカットレット、アイスクリーム、ホワイトライスとウスターソース、プレンオムレット。彼らにとってはどれもきっと天上の味。