サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅
放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅 放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/08
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • サイズ:19cm/387p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-5895-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅

著者 中西 大輔 (著)

28歳のときに6年間勤めた会社を辞め、世界一周の自転車旅に出た。最初は3年半かけて60カ国程度を旅するつもりだった。しかし結局、11年かけて130カ国を訪れ、南極以外のす...

もっと見る

放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

放浪哲学

1,296(税込)

放浪哲学

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

28歳のときに6年間勤めた会社を辞め、世界一周の自転車旅に出た。最初は3年半かけて60カ国程度を旅するつもりだった。しかし結局、11年かけて130カ国を訪れ、南極以外のすべての大陸を走破した。走行距離は地球4周分にもなる15万キロ以上。これまで世界一周をした通過国数、走行距離の日本記録を塗り替えてしまった。【「BOOK」データベースの商品解説】

28歳のときに6年間勤めた会社を辞め、世界一周の自転車旅に出た。11年かけて130カ国を訪れ、南極以外のすべての大陸を走破。走行距離は15万キロ以上−。世界一周の日本人記録を塗り替えた旅の全貌を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

やろうと決めて努力すれば、できないことは何もない。

「自分の体力で自転車世界一周ができるか」。11年前、こんな思いにかられて、6年間の住宅メーカー勤めでためた600万円を元手に、愛車にまたがって旅に出た。
日本を拠点にした場合の「自転車世界一周」の定義は、「大西洋を挟んで2大陸以上を走破し、赤道を越えること」。3年半ほどかけて60ぐらいの国を回れば、と思っていたが、行きたくなったところを走っているうち、訪れた国は130か国に。走行距離は地球4週分に近い15万1849kmになった。
南極以外の大陸はすべて走った。タイヤ82本、チェーン15本をつぶし、ペダルは5回交換した。「世界一周」を果たした日本人は約70人いるが、117か国、11万6780kmというこれまでの通過国数、走行距離の記録を大きく塗り替えた。
ブラジルではサッカーの王様ペレさん、米国ではカーター元大統領に、アポなしで面会した。「頑張って旅を続けて」と励まされた。アフリカ南部のナミブ砂漠では、面会したくないハイエナが2頭現れた。料理用ナイフを握りしめ、野宿のテントの中でじっとしていたが、「立ち去った後も不安だった」。
日本アドベンチャー・サイクリストクラブの「地球体験ぺダリアン大賞」を受賞。苦楽を共にした愛車とゴールに決めた授賞式に臨み日焼けした顔に笑みを浮かべた。
やろうと決めて努力すれば、できないことは何もない。やろうとしなければ、チャンスは逃げていく。世界一のものを求めて、単身、自転車で世界を走破した青年の手記。


本書の読者は、自分がなしえない前人未到の旅を疑似体験しながらヒューマニズムに触れ、人によっては「自分探しの旅」に出る。11年かけて130カ国15万キロの自転車世界一周一人旅というのは、世界のいろいろな旅の記録の中でもなかなか見ない。寂寥とした中での熱い出会いを素直に語り、静かでありながら力強い小説を読むような感動を読者は覚えるであろう。全編がほんわりヒューマンだが、旅そのものは命がけ。一つひとつが豊饒なドラマそのものである。
さまざまなエピソードをベースにして、著者は内側を見つめ、じわじわと自分の思考を深める。それがこの手記に表れてくる。自分の体を必死に動かし、いくつもの「へこたれ」や「恐れ」、「闘志」、「耐え」、「挑み」の感情を持った上で出会った風景の数々を読者は感じる。とにかくこれは、日本の青年が挑んだ、繊細かつ逞しい大冒険記だ。【商品解説】

目次

  • 口絵(旅中のカラー写真)
  • 第1章 出発 アラスカからペルーまで(1998.7-1999.6)
  • 1.私の出会った主な著名人とお世話になった親切な人々
  • 2.「なぜ旅に出るのか」熊本日日新聞記者の質問
  • 3.旅立ち 関西空港からアンカレッジへ
  • 4.「早く南に向かいなさい」舟津圭三さん夫婦の助言
  • 5.400kmも人家のないアラスカハイウェーにて
  • 6.モハーベ砂漠とアメリカの草原を超えて
  • 7.「いつまででも泊って行きなさい」アメリカ人パスターナック教授との出会い

著者紹介

中西 大輔

略歴
〈中西大輔〉1970年兵庫県生まれ。自転車地球旅行人。住宅メーカー勤務後、130カ国15万キロの自転車世界一周を達成。地球体験ペダリアン大賞、植村直己冒険賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

海外紀行・旅行記 ランキング

海外紀行・旅行記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む