サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 科学のこれまで、科学のこれから

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

科学のこれまで、科学のこれから(岩波ブックレット)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/06
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波ブックレット
  • サイズ:21cm/71p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-270902-4
  • 国内送料無料

紙の本

科学のこれまで、科学のこれから (岩波ブックレット)

著者 池内 了 (著)

国際的に頻発する論文不正事件、原発事故…。私たちの好奇心を満たし、快適な生活をもたらすはずの科学が、なぜ、これほど異様になってしまったのか。もつれあう問題群をひもとき、こ...

もっと見る

科学のこれまで、科学のこれから (岩波ブックレット)

562(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国際的に頻発する論文不正事件、原発事故…。私たちの好奇心を満たし、快適な生活をもたらすはずの科学が、なぜ、これほど異様になってしまったのか。もつれあう問題群をひもとき、これからの科学の方向性を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池内 了

略歴
〈池内了〉1944年生まれ。総合研究大学院大学名誉教授。理学博士。専門は宇宙論・銀河物理学、科学・技術・社会論。著書に「科学の考え方・学び方」「疑似科学入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

科学に関心のある人へ広く薦める

2017/06/20 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でんしゃずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近ー勿論刊行当時である-科学に関する不正・疑惑が頻発しているのは現代科学の異様さが現れている姿で,科学研究の場の知的堕落が始まっている兆候では,と作者は説く。
更にP10では「すぐに明快な答えが得られない問題が私たち周辺に多数あることを忘れて,あたかも科学によってすべてがわかるかのように考えるのは傲慢なのである。」とまで書いている。
文系・理系という分類が存在するが,理系である科学も文系である諸学問との関わり無しにはやっては行けない,ということを認識させられる1冊である。
本題からは外れるが,「要素還元主義への懐疑的視点」を説明するにあたり,「地球温暖化への懐疑的視点」も「例」として出しているのが印象に残った。
著者の提言する「新しい博物学」は楽しそうな提案である。自然科学というか本書の内容が苦手に感じられる人にも最後まで読みとおした際の「ご褒美」になりそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/28 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/12 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/31 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/21 04:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る