サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

そんな営業部ではダメになる(日経プレミアシリーズ)
そんな営業部ではダメになる(日経プレミアシリーズ) そんな営業部ではダメになる(日経プレミアシリーズ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

そんな営業部ではダメになる (日経プレミアシリーズ)

著者 藤本 篤志 (著)

交通費精算額が高い、営業会議が多い・長い…。こんな会社は業績が低迷する! さまざまな企業に関わるコンサルタントが、営業改革に失敗する組織の実例をもとに、営業部を変革し業績...

もっと見る

そんな営業部ではダメになる (日経プレミアシリーズ)

918(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

交通費精算額が高い、営業会議が多い・長い…。こんな会社は業績が低迷する! さまざまな企業に関わるコンサルタントが、営業改革に失敗する組織の実例をもとに、営業部を変革し業績を回復させるための秘伝を公開する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤本 篤志

略歴
〈藤本篤志〉1961年大阪生まれ。大阪市立大学法学部卒。グランド・デザインズ代表取締役。営業分野、マネジメント分野におけるコンサルティング活動などを展開。著書に「御社の営業がダメな理由」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/18 09:03

投稿元:ブクログ

・営業改革は必ずトップダウンでやり通す覚悟を持つこと
・「まず、やってみる」ことの重要性
・移動時間のロスを意識する
・人の成長の差は、知識を入れるスピードの違いと、経験を積み重ねる量の違い
・改革の具体策に対して理解を求める必要はなく、具体策を実行するための必要知やわ必要手順等を徹底的にレクチャーすることが先決
・営業改革の三本柱は、営業量の倍増、営業知識量の倍増、チームワーク量の倍増

2015/05/30 16:20

投稿元:ブクログ

営業は1人で客先へ行って、孤独に戦い、失敗を通して成長していく職種であるというイメージが拭えないが、本書では営業マネージャーである仕事のできる上司が折に触れて部下と同行し、お手本になる営業手法を見せることによって、腕を磨き成長していくことが、最高のまた、たった1つの方法であるということを語っている。
そのためには部下の成長のために膨大な時間と労力がかかるかもしれないが、営業という職種はほかの会社の中での仕事と違い、周りの人を見て仕事を覚えていく職種ではないので、上司の動向が必要になるということだ。
営業を科学的に扱った書物はあまりないが、営業をこれから学んでいく上においてとても参考になる本だと思う。

2015/01/28 21:53

投稿元:ブクログ

営業としてのノウハウ本というよりも、営業コンサルタントの立場からの営業部改革論だった。
タイトルにもそう書いてあるんだけど(^^;;
・営業量を倍増させる
・営業知識量を倍増させる
・チームワーク量を倍増させる
この中で特にチームワーク量という言葉が新鮮だった。
チームワーク量とは、マネージャーによる同行営業量、1対1での面談量、のこと。
なるほど。
全員分に目を通さない、レスポンスをしない、のなら営業日報は廃止しなさい。
おっしゃるとおり。

2015/05/10 15:19

投稿元:ブクログ

全ての営業にとって、営業量は絶対的なポイントなのだろうか?営業マニュアルの整備はそんなに重要事項なのか?私がズレているのかもしれないが、あまり響かなかった。

2016/12/02 08:05

投稿元:ブクログ

愚者は経験に学び、患者は歴史に学ぶ=愚者は自分の経験だけを信じ他人の意見を聞かない。賢者は自分の経験より他人の経験から学ぼうとする。=ビスマルク

変革への抵抗 まずはやってみる

さぼり=意識的怠慢時間と結果的怠慢時間
単純なサボりは多くない
移動時間、デスクワーク、会議を減らす。

営業は言い訳スキルが身につく

名選手のノウハウと凡選手でも成績が上がるノウハウ、は違う

新規開拓ほどベテラン

改革に理解はいらない=ますやってみる
理解できないのは自分のモノサシが足りないから
錦織は理解できない練習をして強くなった

営業改革はトップダウンでした成功しない
間違った多数意見。

保守病=抵抗勢力

第三者の目効果

一人に嫌われるのは250人に嫌われること

営業バイブル=箇条書きにしない=二度と目を通さない

営業サボり量倍増
チームワーク=上司の指導、同行をカウント
会議を整理

増やした上位20%の量を目標にする

営業日報を活用するか廃止

プレイングマネジャーは廃止=チームワークに専念

2017/03/29 09:54

投稿元:ブクログ

「まずはやってみる」精神の欠如
「愚者は経験にまなび、賢者は歴史に学ぶ」

■営業力の3つの方程式
営業力=営業力×営業能力
営業量(商談量)=仕事時間ー(意識的怠慢時間+結果的怠慢時間)
営業能力=知識量+営業センス力+グランドデザイン力

人が成長する事は自分のモノサシを長くすることである。知識を徹底的に仕込み、その知識を実践で活用する経験を積み上げる。
人の成長の差は、知識を仕入れるスピードの違い、経験を積み上げる量の違いから生じる。

一方はこれで十分だと考えるが、もう一方はまだたりないかもしれないと考える。そうしたいわば紙一枚の差が大きな成果の違いを生む」
この差ができる・できないの明暗をわける。---松下幸之助

覚悟あるトップダウン・マネジメント

■改革3本柱
「営業量の倍層」「営業知識の倍増」「チームワーク量の倍増」

「改革が本物になるには時間がかかる。したがって、達成可能な短期目標を設定しておかなければならないと、改革の勢いを失速させかねない。このままいけば期待通りの成果か確信できる証拠を1.2年の間に確認できなければ、ほとんどの人が遠い道筋を歩き続けようとしない。短期間で何らかの成果を上げなければならない場合は、多くの人は投げ出したり、抵抗勢力についてしまったりする。」---リーダシップ論

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む