サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流(角川oneテーマ21)
誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流(角川oneテーマ21) 誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流 (角川oneテーマ21)

著者 河内 孝 (著)

日米核密約の真実とは? 岸信介と安倍晋三の宿願とは? 交渉当事者の証言を通して、1957年からの日米安保条約改定交渉を跡付けながら、「密約はなかった」ことを明らかにする。...

もっと見る

誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流 (角川oneテーマ21)

864(税込)

誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流

864 (税込)

誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日米核密約の真実とは? 岸信介と安倍晋三の宿願とは? 交渉当事者の証言を通して、1957年からの日米安保条約改定交渉を跡付けながら、「密約はなかった」ことを明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

河内 孝

略歴
〈河内孝〉1944年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。毎日新聞社常務取締役等を経て、ジャーナリスト。(株)Office Kawachi代表。著書に「次に来るメディアは何か」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/14 12:34

投稿元:ブクログ

ようやく読み終わりました。自慢にはなりませんが知らない事ばかりで時間がかかりました。それにしても石原元都知事が日米安保条約の反対運動していたとは知りませんでした。今では考えられませんけどね。

外交は国対国ではありますがその国を代表する個人との対話でもあり、より大きな目的のためにあえて双方が「核の持ち込み」を明確にしなかったことはよくわかりました。問題はその事を首相は知っていても大臣クラスはきちんと理解していなかったし国民も知らされてはいなかった事でしょうか。(まあ知っていたらまとまらなかったでしょうから意図的に省いたのでしょうが)まあ知らされていなかったというよりも知ろうとしなかったのか。その辺りは難しい所です。

この本の帯にある「なぜ国民は欺かれ続けるのか?」という問いに対する答えとしては国民自身が欺かれていたいから、という答えが一番しっくりくるかなあという気がします。
私は戦争は反対ですし自国の軍隊・設備投資を行う前に日本国民はきちんと敗戦の歴史を子供たちに教育した方が良いと思うしアジアの一国である日本として中国・韓国との関係をきちんとすることが先なのではないかと思っています。それでも今までの歴史を鑑みると簡単にはいかないだろうな、という事もよくわかります。いつまでもアメリカは居てくれない。だからこそ軍を整備するのでは緊張が高まるだけの気がするんですが。特に日本人はなぜか「日本の侵略はなかった」だの「日本人は被害者だ」みたいに公然と主張する若者が多いですし。

政治家というものは自分の信念で国の舵取りをしてよいものなのでしょうか?世論に負けて10年、20年先の日本の自立、自衛をどうするのか、という事を国民は無知蒙昧だから政治家だけの政治判断で決めて良いのか?だから密約があったとか追及されるんですよね。追及されなかったから言わなくても良いという問題じゃないし。
そこはやはりくどいぐらいに何度も何度も説明をし、国民が理解した上で決定すべき問題だと思います。

いくら今はインターネット上で情報を好きな時にアクセスできるからといって、説明責任は果たしている、知らされて無かったと後で言うのは怠慢だ、というのは違うのではないかな、と。
そして徹底した情報発信だけでなく受信を確認しない事には日本人はなぜか自分たちが「日本国民」であり、日本国の政治家の決定は日本国民の決定だと認識しないのではないかな、と思うのです。
戦後の日本の被害者意識もそうですがもう少し日本国民は国の決断は自分たちの総意であり、日本=自分なのだという意識を持った方が良いのではないだろうかと思うのです。だからこそ何か思い通りにならないことが起こった時には政治家の責任に棚上げし自分たちは無知で「政治家に」「官僚に」「国に」騙されていた無垢で哀れな被害者になってしまう。それでは結局何も変わらないではないか。

安直な愛国心は極論に走りやすい。
日本人はもう少しきちんと歴史を認識し、もう少し国際感覚を身に着けた方が良いのではなかろうか。そんな事を考えました。まあ自分もあまりきちんと知っている訳ではないのでその辺りは反省ですが。

2014/08/06 08:09

投稿元:ブクログ

筆者は状況証拠を丹念に積み上げ、密約は”存在しなかった”と推理する。
岸信介と東郷外務大臣、マッカーサー大使の超高度な腹芸と言う解釈であり、事実そうなのだろう。自らの政治家としての評価を、50年後の日本に託し鬼籍に入った岸。まさに巨魁。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む