サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

翼に息吹を(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/22
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/336p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101955-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

翼に息吹を (角川文庫)

著者 熊谷 達也 (著)

1945年、鹿児島県・知覧特攻基地。死地に赴く若き特攻隊員の戦闘機に、ひたむきに向き合う整備兵がいた。戦局が悪化する中、埃と油にまみれ不眠不休で働く毎日。ある朝、万全の整...

もっと見る

翼に息吹を (角川文庫)

648(税込)

翼に息吹を

648 (税込)

翼に息吹を

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1945年、鹿児島県・知覧特攻基地。死地に赴く若き特攻隊員の戦闘機に、ひたむきに向き合う整備兵がいた。戦局が悪化する中、埃と油にまみれ不眠不休で働く毎日。ある朝、万全の整備を施したはずの特攻機が帰還してきた。搭乗員は機体の不調だと言い張るが…。己の誇りをかけた仕事が、仲間の死を導く現実に苦悩する、一本気な整備兵。刻々と迫る敗戦を前に、彼が下した決断とは?鮮烈な戦争青春小説!【「BOOK」データベースの商品解説】

1945年、知覧特攻基地での、不器用な技術屋の後方支援だけの戦争。同胞の死をひたすらに見送り続ける整備担当将校に、ふと芽生えた切実な思いとは? 戦後世代が描く、相剋の戦争文学。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/29 12:51

投稿元:ブクログ

実際に戦地に向かうわけではない整備兵の、
心の葛藤が痛いほどで、
辛くて、悲しくて、苦しいくらいだった。
でも、実際はこんなもんじゃなかっただろう、きっと。
教科書で習うだけの、有名な歴史や史実だけじゃなくて、
こういうことがあった、
こういう人がいたってことを、
忘れてはいけないと思うし、
だからこそ、少しでも知りたいと思う。

2014/11/17 05:10

投稿元:ブクログ

 特攻隊の物語なのに,いや特攻隊のものだからこそ,特攻機の整備員が主人公。

 「私にはこの戦争を語る資格はない。若い命を自らの手で死地に送り続けた私が何かを,語ればそれは自分に対する弁明にしかならない」。主人公がラストに語る言葉。これは重い。

 

2016/02/05 00:00

投稿元:ブクログ

熊谷さんは私にとって当たり外れの多い作家さんなのですが、これは当たりでした。
大戦末期の知覧を描いた作品。そう、特攻隊です。
ただ特攻隊員では無く整備士を主人公に置いたところが目新しく。
特攻隊員のために昼夜を忘れて修理・整備を行う一方で、それが結局は多くの若者を死地に送り込むことに矛盾を感じて行く主人公。その周りに次々に現れる様々なタイプの特攻隊員たち。
特攻隊員の心情を描くのは、どうしても無理がある感じがするのですが、それを送り出す整備士ならば忖度できるような気がします。それが、この作品がリアリティを感じさせるところかもしれません。
ISの自爆テロという狂気の沙汰を不思議な気持ちでニュースで見る昨今ですが、特攻も同じようなものです。そのした狂気が70年前の日本でも起きていた事を不思議に思います。
熊谷さんというと私の頭には「邂逅の森」などの動物ものが浮かぶのですが、この作品も読み応えがあり、どこかノンフィクション的な感じのする熊谷作品が私の好みなのかもしれません。