サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うつろ屋軍師

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/29
  • 出版社: 学研パブリッシング
  • サイズ:19cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-05-406027-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

うつろ屋軍師

著者 簑輪 諒 (著)

信長の家老にして「米のように欠かせぬ男」と言われた知将・丹羽長秀。だが清洲会議で秀吉を支持し、越前・若狭・加賀123万石の大封を得たとき、丹羽家取り潰しの定めは決まってし...

もっと見る

うつろ屋軍師

1,350(税込)

うつろ屋軍師

1,215 (税込)

うつろ屋軍師

ポイント :11pt / 紙の本より135おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

信長の家老にして「米のように欠かせぬ男」と言われた知将・丹羽長秀。だが清洲会議で秀吉を支持し、越前・若狭・加賀123万石の大封を得たとき、丹羽家取り潰しの定めは決まってしまった!長秀死後の4万石への大減封、家臣団離散の中での小田原出兵、そして、北陸の関ヶ原「浅井畷」における前田家100万石との死闘…。風前の灯火の丹羽家に残されたのは、家中も「空論屋」と呆れる新米家老・江口正吉と、城オタクで人の好い若殿・丹羽長重、そして、あまりにも大きすぎる「理想」だった!理不尽に滅封された丹羽家の若き新米主従の空論で理想を貫いた、胸熱くなる闘いの軌跡!第19回歴史群像大賞入賞作品。【「BOOK」データベースの商品解説】

【歴史群像大賞入賞(第19回)】123万石が僅か4万石に!? 家中から「空論(うつろ)屋」と呆れられる丹羽家の新米家老・江口正吉と、城オタクで人の好い若殿・丹羽長重。空論で理想を貫いた、若き新米主従の闘いの軌跡と戦国最大の敗者復活劇を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

清州会議で秀吉を支持した丹羽長秀。だが123万石の大大名になった時、丹羽家取り潰しの未来は決まってしまった!秀吉による4万石への大減封に空論で抗い、遂に理想を実現させた、新米家老・江口正吉と城郭マニアな若殿・長重による戦国最大の敗者復活劇!【商品解説】

著者紹介

簑輪 諒

略歴
〈簑輪諒〉1987年生まれ。栃木県出身。「うつろ屋軍師」で第19回歴史群像大賞入賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/03 15:05

投稿元:ブクログ

さまざまな困難から丹羽藩を守り、支え続けた男。
うつろ屋と呼ばれた軍師・江口正吉を描く。
面白かった。
従来の規格に収まらない男の活躍と、流転する丹羽藩の運命。
引き込まれる物語。
殿となる長秀・長重親子も魅力的で、彼らを支えたいという正吉の気持ちに共感。
主従の信頼関係が美しく、清々しい。
『くせものの譜』の厄神の勘兵衛が絡むのも、面白かった。

2014/09/22 23:02

投稿元:ブクログ

123万石から4万石に大減封、数奇な運命に晒された丹羽家を支えた男。
「空論屋」と呼ばれる江口正吉いざ参らん!!

2014/11/29 09:03

投稿元:ブクログ

歴史モノ、特に戦国モノはあんまり読まないのだけど、本屋さんでの出会い。
本が私を呼んでいた?
面白かったです。

2016/04/01 15:42

投稿元:ブクログ

戦国時代の大名、丹羽長秀とその子長重の2代に渡って仕えた家臣・江口正吉。「うつろ屋」と呼ばれ、空論で理想を描くばかりだが、その空論を貫き通すことで、滅封させられた丹羽家を再興させる。

誰もが謀略に謀略を重ねる戦国の世の中で、実に爽やかな生き方をする御仁たちの生き様を読むことができた。恩を仇で返すような豊臣秀吉の仕打ちに対し、主人公の正吉は無論のこと、長秀・長重親子の清廉過ぎる姿には大いに惹きつけられた。空論や理想を貫き通した結果、一時は滅亡にまで追いやられた丹羽家であっても、その後、復活できたのはやはりそれらを貫き通したから。老獪な秀吉、家康を相手に見事としか言いようがない。堕ちるところまで堕ちた時点から、どんな大逆転を仕掛けてくるか、最後までワクワクしながら読めた。

2015/12/20 00:47

投稿元:ブクログ

面白かった。読んでて、わくわくした。
箕輪さんの著書は「殿さま狸」を一冊目に読んで、すごく退屈した。でも、これ、わくわくした。

丹羽長秀は、秀吉への臣従を拒んで、癌を引きづり出しての死亡のイメージが強かったけど、この本の中の長秀は穏やかで、勇気に溢れる頼れる上司。
そして、息子の長重も魅力的。
それに、親子二代にわたり、軍師のような役割を果たす主人公の江口も、忠心に満ちた男気のある感じがすがすがしい。

一気に読めました。ハッピーエンドとは言えない結末を、暗くなく描いていているところが、私は好きでした。

2015/01/10 06:12

投稿元:ブクログ

織田信長から重宝されていた丹羽長秀の軍師が主人公。
丹羽長秀、長重の元で織田・豊臣・徳川を乗り越えて行くのですが、泣けますね~。
いいお話でした。

2014/09/18 07:16

投稿元:ブクログ

秀吉を支持した長秀には"理(ことわり)" "義" "矜持" "覚悟"そして少しの"後悔"があった。
継いだ長重は分をわきまえた上で“技能”という武器と、素直に声を聞く“度量”を持っていた。


「槍働きだけが戦じゃない」
二人に仕えた家老江口正吉は生来計り知れない“空論”を備えていた。
長秀から託されたのは“武辺の意地”だと思う。
長重から与えられたのは“主従を越えた信頼”。
どちらが欠けても再興は成らないと解っていた。


軽いタッチと小気味良いテンポで描いた戦国末期の大逆転ドラマ。
文章の根底には熱い血潮が流れてた。
そこに痺れた。

2014/11/17 23:42

投稿元:ブクログ

面白かったです。
丹羽長秀さんの丹羽家のお話です。
城マニアのお殿様とうつろを言う軍師がお家再建を賭けて…

タッチは軽快で読みやすく、どんな空論(うつろ)な策が繰り広げられるかとワクワクしながら読み進められました。