サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

贈与の謎 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/30
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:20cm/339,16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-588-09983-0
  • 国内送料無料

紙の本

贈与の謎 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

著者 モーリス・ゴドリエ (著),山内 昶 (訳)

人はなぜ人に与え、与えられた者はなぜ返報しなければならないのか−。贈与を出発点として宗教や王権へ、国家や貨幣へと共同幻想としての社会関係が物神化される過程を解明、自由競争...

もっと見る

贈与の謎 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

4,536(税込)

ポイント :42pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人はなぜ人に与え、与えられた者はなぜ返報しなければならないのか−。贈与を出発点として宗教や王権へ、国家や貨幣へと共同幻想としての社会関係が物神化される過程を解明、自由競争社会を超える原理を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

人はなぜ人に与え、与えられた者はなぜ返報しなければならないのか──。モース『贈与論』とレヴィ = ストロースのモース批判をふまえて社会における贈与の役割を再検討し、贈与から出発して宗教や王権へ、国家や貨幣へと共同幻想としての社会関係が物神化される過程を解明、自由競争社会を超える原理を探る。【商品解説】

目次

  • 序 与えるモノ、売るモノ、与えるのも売るのも駄目で、手放せないモノ
  • I モースの遺贈
  • 1章 名著の輝きとその影
  • 名声の単純な理由──三つの義務の連鎖としての全体的で強力な贈与観
  • 贈与、二重の関係
  • 贈与の謎とモースによる解明
  • 先住民に騙されたモース──レヴィ = ストロースの批判
  • レヴィ = ストロースによるモース批判の回顧

著者紹介

モーリス・ゴドリエ

略歴
〈モーリス・ゴドリエ〉1934年北仏のカンブレ生まれ。フランスの代表的な構造主義的マルクス主義者として知られる。著書に「経済における合理性と非合理性」「観念と物質」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

社会学 ランキング

社会学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む