サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

検証長篠合戦
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/22
  • 出版社: 吉川弘文館
  • サイズ:19cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-642-05782-0
  • 国内送料無料

紙の本

検証長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)

著者 平山 優 (著)

武田騎馬軍団を、織田・徳川の3千挺の鉄炮隊が3段撃ちで撃破。近年、その通説が揺らいでいる。両軍の鉄炮装備、武田騎馬衆の運用、兵農分離軍隊の実態など、合戦の諸問題を徹底検証...

もっと見る

検証長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

武田騎馬軍団を、織田・徳川の3千挺の鉄炮隊が3段撃ちで撃破。近年、その通説が揺らいでいる。両軍の鉄炮装備、武田騎馬衆の運用、兵農分離軍隊の実態など、合戦の諸問題を徹底検証し、長篠合戦の真相に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 長篠合戦をめぐる諸問題―プロローグ
  • 長篠合戦をめぐる史料
  •  信憑性を認められた史料
  •  評価の揺れ動く史料
  • 織田・武田両氏の鉄炮装備
  •  織田信長と鉄炮
  •  武田氏と鉄炮
  • 武田氏の騎馬衆と両軍の陣城
  •  戦国の騎馬と武田氏
  •  陣城と馬防柵

著者紹介

平山 優

略歴
〈平山優〉1964年東京都生まれ。立教大学大学院文学研究科博士前期課程修了。山梨県立中央高等学校教諭。著書に「武田信玄」「天正壬午の乱」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

長篠ブームの火付け役

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

 このところ『長篠合戦』(双葉社スーパームック)、『戦国ウォーク長篠・設楽原の戦い』(黎明書房)と立て続けに長篠合戦を主題とした書籍が出されている。ひそかにブームが起きているようだ。
 その火付け役となったのはおそらく本書であろう。吉川弘文館の敗者の日本史シリーズ『長篠合戦と武田勝頼』の続編にあたるものである。紙幅の都合で描ききれなかった著者の長篠合戦像が、歴史文化ライブラリーという形で世に送り出された。出版社の「粋」と著者の「意気」を感じられる嬉しい一冊である。
 前著において問題提起されながらもカットせざるを得なかった部分。そして私自身が最も不満に感じていた問題点…ほとんど史料批判がなされていなかったという点は本書でかなりクリアされている。続編というよりも補編といって性格が強いので、是非とも前著と併せて読まれたし。
 先行研究の検討、問題提起、史料批判、史料を基にした検証という、歴史学のセオリーを丁寧に踏まえて論述がされている。歴史叙述の一モデルとして日本史専攻以外の史学科学部生などにもオススメである。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/27 16:53

投稿元:ブクログ

勝敗を分けた本当の理由、今一度史料と向き合い徹底検証。
武田騎馬軍団を、織田・徳川の三千挺の鉄炮隊が三段撃ちで撃破。近年、その通説が揺らいでいる。両軍の鉄炮装備、武田騎馬衆の運用、兵農分離軍隊の実態など、合戦の諸問題を徹底検証。長篠合戦の真相に迫る話題作。(2014年刊)
・長篠合戦をめぐる諸問題―プロローグ
・長篠合戦をめぐる史料
・織田・武田両氏の鉄炮装備
・武田氏の騎馬衆と両軍の陣城
・長篠合戦を戦った軍勢
・長篠合戦像の空白は埋められるか―エピローグ

うーん面白い。前著「長篠合戦と武田勝頼」と本書は各種史料及び先行研究を駆使し、従来説を大きく塗り替える挑戦的な内容である。
私には内容の是非を判断する能力はないが、説得力を感じた。
著者は「本書の評価は江湖に委ねる」とし「大方の批判は覚悟の上」としている。ところどころで丁寧に典拠を示している事に、著者の覚悟を感じた。まさに渾身の一冊と言える充実した内容である。

本書により「長篠合戦」の研究が、新しい局面に進んだと言っても過言ではない。現時点では仮定や推論に留まる部分については、より一層の研究の進展が望まれる。後続研究は、本書で提示された史料解釈を咀嚼し、乗り越える事が必要となろう。
長篠合戦に留まらず、東国の合戦がどの様に行われたのかを知る上でも有益であり、強くおすすめしたい。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む