サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 起業のリアル 田原総一朗×若手起業家

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

起業のリアル 田原総一朗×若手起業家
起業のリアル 田原総一朗×若手起業家 起業のリアル 田原総一朗×若手起業家
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/27
  • 出版社: プレジデント社
  • サイズ:19cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8334-5065-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

起業のリアル 田原総一朗×若手起業家

著者 田原 総一朗 (著)

生い立ちから、挫折、決断、新しい金儲けの哲学まで。LINE、スタートトゥデイ、ユーグレナなど、ポストホリエモン世代のベンチャー社長16人の本音に田原総一朗が迫る。堀江貴文...

もっと見る

起業のリアル 田原総一朗×若手起業家

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

起業のリアル

1,080(税込)

起業のリアル

ポイント :10pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生い立ちから、挫折、決断、新しい金儲けの哲学まで。LINE、スタートトゥデイ、ユーグレナなど、ポストホリエモン世代のベンチャー社長16人の本音に田原総一朗が迫る。堀江貴文との特別対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

儲けを追わずに儲けを出す秘密 森川亮 述 12−25
「競争嫌い」で年商一〇〇〇億円 前澤友作 述 26−39
管理能力ゼロの社長兼クリエーター 猪子寿之 述 40−53

著者紹介

田原 総一朗

略歴
〈田原総一朗〉1934年滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、フリーに。早稲田大学特命教授。「大隈塾」の塾頭。著書に「日本の戦争」「塀の上を走れ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/28 09:57

投稿元:ブクログ

すごく先進的な何かをしているのではなくて、価値軸や評価軸が今までと大きく違うことをしている人たちなんだな、感じました。

対談の中の言葉を借りれば、「20世紀的価値観」はなかなか根強く、まだまだいろいろな面で足を引っ張っているんだろうな…

古い価値観が根強いから社会が崩壊せずにどうにか持っているとも言えるんだろうけど。

2015/05/26 18:50

投稿元:ブクログ

今をときめくベンチャー社長16人の一人ひとり田原総一朗さんが、対談したものを書きおろした本です。16人の生い立ち、挫折、決断、そして新しい金儲けの哲学が詰まった一冊です。16人、まさに若手起業家のオールスターであり、前LINE社長 森川 亮/スタートトゥデイ社長 前澤友作/チームラボ代表 猪子寿之/ユーグレナ社長 出雲 充/フローレンス代表 駒崎弘樹/マザーハウス社長 山口絵理子/e‐エデュケーション代表 税所篤快/ライフネット生命社長 岩瀬大輔/リブセンス社長 村上太一/テラモーターズ社長 徳重 徹/innovation社長 岡崎富夢/リビング・イン・ピース 代表 慎 泰俊/ティーチ・フォー・ジャパン代表 松田悠介/ベレフェクト代表 太田彩子/ディー・エヌ・エー社長 守安 功/サイバーエージェント社長 藤田 晋/さいごに特別対談 堀江貴文 一読の価値あり。

2015/05/19 17:41

投稿元:ブクログ

かれんに薦められて読んでます。
最近伸びてる会社のビジョンや社風がよくわかる。
モチベーションあがる。

結局はやるかやらないか。

2016/07/01 05:57

投稿元:ブクログ

さくっと読める対談集。どのひともシンプルに本質を喋ってて面白かった。田原総一郎というひとの話の引き出し方のうまさもあるんだと思う。

2016/06/25 18:54

投稿元:ブクログ

1980年前後の起業家との対談。
収益を必ずしもあげられていない人もいて、かせげないがやりたいことをやっているという側面が見えた。

2014/10/13 01:11

投稿元:ブクログ

ポストホリエモン世代の起業家16人と田原総一朗の対談。
もとはプレジデントの連載になっていたものを1冊の本にまとめた。
大体こういう風に連載をまとめたものって面白くないイメージがあったけど予想を裏切った。
抜群に面白かった。
なんといってもメンツがすごすぎる。もはやオールスターゲームかってくらい勢揃い。
フローレンス駒崎さん、マザーハウス山口さん、e-education税所さんの対談が1冊の本になっている時点で
即買おうって思ったけど他にもLINE、スタートトゥディ、ユーグレナ、ライフネット生命、リブセンス、Teach For Japanの
トップが対談をしているので、ネームバリューだけで買ってしまってもいい。

もちろん、内容も面白いのでおすすめ。
でも僕の中で特に面白かったのはやっぱり名前を出したあの3人。
特に税所さんの今は事業化を考えていないっていうのはすごいなと。
やっぱりお金のことを考え過ぎずにやりたい。

欲を言えば人数をもう少し減らして内容を厚くしてもいいかも。
1人10ぺージ強では物足りない。

2014/10/13 20:42

投稿元:ブクログ

一人に割かれる文章量が物足りなかった。それぞれすごいことをしている人なんだけど、もっと詳しく知りたかった。教育のところの田原さんの突込みがするどかった。課題解決ではなく、課題設定でしょ!と。田原さんの教育観が書かれた本が読みくなった。

2014/09/17 21:31

投稿元:ブクログ

田原総一朗がLINEの社長とか、ユーグレナ(ミドリムシの会社)のかフローレンス(病児保育を日本で初めて事業化したNPO)とか日本のポストホリエモン世代の若手企業か16人と行った対談をまとめたもの。人選が良くて、どの対談もとても面白く読みました。

「見えない社会で必要なのは、むしろ正解のない問題に対応する力、もっと言えば問題そのものを見つける力です。そういう意味では課題解決より課題設定でしょう」pp184(by田原総一朗 ティーチフォージャパン代表松田悠介さんとの対談より)

という文書が一番印象に残りました。
本当にそのとおり!!

巻末にはホリエモンとの対談も。
相変わらずギラギラしてます。

2016/04/28 10:48

投稿元:ブクログ

田原総一郎氏と"ポスト・ホリエモン"とも言われる80年代の若手企業家との対談。
いずれも身近な社会問題の解決を目指した実際にソーシャルインパクトのある事業内容で、注目もされているし、社会が良くなっているという実績がある。
目指すところは、これまでの大量生産や単なる利益追求ではない部分、世の問題を自分達のアイデアと行動力でという部分、その志にとてもに惹かれる。
この勇姿に、日本の未来にもまだまだ光はあると思う!!
もっとみんなに知って欲しい。

2014/07/14 21:48

投稿元:ブクログ

ああ、もうめちゃくちゃ面白くて、前向きで、ドキドキする。具体的な未来の希望と、それを進める人達の話。田原さんの質問がまた、わかりやすくて通り一辺倒じゃなくて、その人の人柄を浮き彫りにしていて、とにかく読み物としても、未来を知るための教養書としても、インタビュー集としても素晴らしい本。
今のところ今年面白かった内の3冊に入る。

2014/09/06 22:23

投稿元:ブクログ

朝生の司会者、田原総一郎と若手起業家のインタビュー方式による構成。表紙がいい。「理想はわかった。でも、どうやって稼ぐの?」

起業したいと思う人、夢を持っている人。誰もが、誰かに質問したらたじろいでしまいそうだ。ましてや田原総一郎なんかに突っ込まれたら「楽しければいいんです」と逃げてしまいそうだ。

起業に興味が以前からあったのと、この表紙にひかれて思わず手に取った。

登場する若手起業家は名だたる面々。ちまちまと仕事をしたい人にはスケールがでかすぎて参考にならないかもしれないが、仕事の大小にかかわらず起業することは非常にパワーがいる。全員に共通するのは好きなことを仕事にしたいという気持ちと、困難にぶつかった時の問題解決能力。それに常に何か考えている。

私の興味ある業界の人はここには登場しなかったが、本気になって打ち込める環境を自ら作り出した話は、パワーがもらえる。後ろ向きな話が多いこのごろでは、一筋の光に見えた。

2015/07/31 23:42

投稿元:ブクログ

既存の概念をするするっと超えていける人が、本物になれるんだなーと感じた。特にフローレンスの駒崎氏のインタビューは秀悦。p.79島耕作にはなるまい、には、思わずはっとさせられた。

2014/08/31 21:59

投稿元:ブクログ

いわゆるベンチャーの最前線で頑張っている人たちへのインタビュー集。それぞれが短いので、それほど深い話ではないが、経営者の個性がよく引き出されていて、なかなか面白かった。
恐ろしく頭の切れる人、まさに不屈の闘志を持っている人、その一方で頼りない人もいて、田原さんにタジタジにされている人、ありのままで表現されていた。

2014/07/20 01:35

投稿元:ブクログ

ここに出ている人たちはお金より社会的影響力と言うか、稲盛さんのいう「利他」に重きを置いている人がほとんどだった。
特にフローレンス・駒崎さんの「権力をDISるより、僕たちで下位を見つけて掲示していくことのほうが、問題を生んでいる構造を早く動かせる」がよかった。
根元から末端まで、「誰が悪い」に終始して、じゃあ誰がどう解決すんのよってのが欠落していることが多いと思っていたから、忘れずにいようと思う。
責任をはき違えている人に読んでほしい。

2014/12/01 16:36

投稿元:ブクログ

総じて、淡々と自分のやりたいことを実現している人たちだと思った。一昔前と違うのは、皆が皆「熱さ」を持っているわけじゃないという点。
ただ、現実主義で、壁にぶつかっても淡々と問題を解決しているように見える。実際には、色々難しいことがあったんだけど、楽しんで解決してきたと思わせるというか、一昔前のように、努力の量や難しさを前面に出さないようになってきたのだと思う。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む