サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

切開(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2013.2
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-100699-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

切開 (角川文庫 表御番医師診療禄)

著者 上田 秀人 (著)

表御番医師として江戸城中の診療に努める矢切良衛。ある日、大老堀田筑前守正俊が稲葉石見守に斬殺される事件が起こるが、良衛は様々な不審を抱き、真相究明に乗り出す。果たして事件...

もっと見る

切開 (角川文庫 表御番医師診療禄)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

表御番医師として江戸城中の診療に努める矢切良衛。ある日、大老堀田筑前守正俊が稲葉石見守に斬殺される事件が起こるが、良衛は様々な不審を抱き、真相究明に乗り出す。果たして事件の裏に隠された陰謀とは…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

医師と武士(剣術)の両面での活躍を期待する

2013/04/07 20:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上田秀人の江戸時代の時代小説新シリーズである。今回の主人公は武士ではなく、医師である。しかし、それだけでは面白くないと考えたのか、半分は武士にしてある。剣術の修行をしたことになっているが、実際は御家人の生まれなので、武士は武士であるが、職業は医師である。

 高名な医師の娘と結婚したので、表御番医師という城中に交代で控える医師である。非番の際は自分の仕事をしてかまわないようで、町医者の仕事も行っている。何でも医師にも格があり、妻はより上位の医師への出世を望んでいる。専ら将軍とその一族を診る奥医師が医師の最高位であるという。この辺りの上田の調べは行き届いている。読者は新たな知識を取得する。

 時代劇のテレビ番組などを見ていると、結構医師が登場する。町医者がほとんどであるし、上田の小説のように将軍家やその親族間での暗闘などを描く番組はほとんどないのが現実である。本書の主人公、矢切良衛は将軍徳川綱吉の時代に江戸城で控える表御番医師である。

 このときに生じたのが刃傷沙汰であった。大老堀田正俊に対して親戚筋である若年寄、稲葉正休が城中で抜刀して大老を殺害したという驚天動地の事件が発生した。この事件の前後から矢切は大目付、松平対馬守と接触する。さらに、堀田家とも接触があった。

 稲葉正休は前日、堀田正俊と面談したのだが、その際は殺害される理由も話題も出なかったという。なぜ、若年寄が大老を殺害しなければならなかったのか? 理由は謎であり、矢切はその理由を調べる立場に追い込まれていく。この筋立ては推理小説のようでもあるが、上田の腕の見せどころかもしれない。

 今回も将軍の後継を巡る暗闘が描かれているが、医師と武士を兼ね、オランダ流の医術だけではなく、剣術の腕も実戦を経験して上げていくところが見ものであろう。ストーリーの仕立てはいつもと似たようなものであるが、医師という今までになかった味付けが今後の展開を期待させる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/15 18:36

投稿元:ブクログ

新シリーズ
表御番医師矢切良衛の活躍?
大老堀田が若年寄稲葉に斬殺された件を疑問に感じた所からきな臭い陰謀に?
結構厄介な幕府内の構造に?
今後どのように展開していくのか

2014/06/06 19:15

投稿元:ブクログ

面白かったです! 江戸時代、綱吉が将軍になって間もないころの話。矢切良衛という、今で言う外科医が主人公です。先祖は足軽で戦場剣術に秀で、矢傷の手当てをしていたということ。良衛自身は外科と内科双方を学び、町医を開業するかたわら江戸城へ登城し、医師溜で待機する日々を送っています。表御番医師、というそうですが、奥医師以外にお城に医者がいたと初めて知りました。その良衛がある日、大目付の腰痛の手当をしたことがきっかけで、とんでもない事件に巻き込まれることに…。医師であり、きわめて実践的な剣の使い手でもある良衛の活躍に引き込まれ、一気に読み終えました。

2016/09/13 18:44

投稿元:ブクログ

28年9月13日読了。主人公、表御番医師 矢切良衛。江戸城内にて診療を勤める。ちょっと、主人公にしては、魅力に欠けるかな。しかし江戸時代の身分制度や この時代の医師の生活、医学界の内部関係など 知らない事がてんこ盛りだった。そういう意味では、面白かった。

2013/04/29 19:31

投稿元:ブクログ

L 表御番医師診察録1

表御番医師が主役。この作家で医師?と思いきや元々御家人で剣も凄腕。という裏切らない設定。娶った嫁が身分違いのイイとこ出で夫婦関係がイマイチなのもこの作家的な?
やっぱり幕府中枢が関わってきて、こちらはまたか〜という感じ。新しいシリーズでも全く一新というのは難しいのかね?設定が新しくても似てるのは残念。

2016/04/28 09:14

投稿元:ブクログ

江戸時代の医師についての本は、先日、朝井まかて氏の「藪医ふらここ」を読んだばっかり。
それまでは、和田はつ子氏のお医者同心シリーズとか、佐藤雅美氏の町医北村宗哲シリーズ等の女性作家を読んでいたが、この本は、奥が深い!

江戸時代のお城への登城から、法外と呼ばれる官職(医師、絵師など)の階級。
僧侶と同じ様に、法印、法橋、などで、格が、違うと、出世も出来ない事など、今まで、知らなかった事が、描かれている。

表御番医者として、江戸城のの診察をする矢切良衛が、主人公であるが、大老の斬殺で、不信を抱き、大目付松平対馬守と、関わってしまう。
「権と剣」が、同じ音なのか?――不要の時は、仕舞っておく。急迫の時にはためらわずに抜き、遠慮無く振るうと、、、

御家人から医師になり、入り婿になった良衛が、剣術も披露しながら、次々と、展開して、魑魅魍魎の中をどう切りぬいて行くか、、、、今、「切開」が、始まったばかり、この手術の行方が、楽しみ。

2014/09/28 17:28

投稿元:ブクログ

江戸時代、外科医は内科医より低く見られていたとは知らなかった。
当時手術とかできないからかなぁ。
傷は縫って自然治癒に任せるしかない。
名医でも家格が低ければ大名の怪我も診れない。

実戦剣法の使い手で名医の良衛が巻き込まれた大老殺害事件。
裏で手を引く大きな陰謀が見えてきたとこで続くのね。
血なまぐさいのはあまり好きじゃないけど、次も読まなくちゃ。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む