サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ミミズクと夜の王(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/269p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-866776-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

著者 紅玉 いづき (著)

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願...

もっと見る

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

572(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ミミズクと夜の王

572(税込)

ミミズクと夜の王

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ミミズクと夜の王」が含まれるセット商品

ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 全2巻完結セット(電撃文庫)

ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 全2巻完結セット

商品説明

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作、登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞大賞(第13回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大好きな一冊

2015/08/31 23:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:仔猫のあくび - この投稿者のレビュー一覧を見る

泣きました。それも大泣き!!
人間嫌いの夜の王がミミズクだけにみせる分かり辛い不器用な優しさにも、ミミズクが夜の王を恋い慕って泣くシーンにも、胸がギュッとなりました。
シリーズと言っていいのか判りませんが、数年後の世界を描く「毒吐き姫と星の石」もご一緒にいかがでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

痛みを伴うからこそ見えるもの

2015/03/26 14:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなおとぎ話があっていいのだろうか。静まり返った森、真っ暗な夜から始まるまっすぐなミミズクと不器用な夜の王のお話。痛みを伴うからこそ見えるものがある、だからこんな世界でも美しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/01 14:28

投稿元:ブクログ

有川浩も解説で書いているように、「奇をてらわない」「まっすぐ」な小説なのだけど、その美しさが印象に残る。

2015/03/23 10:28

投稿元:ブクログ

基本的にラノベは感想書かない自分ルールなんですが(微妙なラインのものも多いですけど)

この本に興味を持ったのは、何かの雑誌の書評で「この本には通常のラノベ的表紙は必要ないのでそうしなかった」という編集者だか誰かの話を読んだからです。記憶で書いてるのでちょっと違うかもしれませんが。
まあともかく。それはまさにその通りだと思いました。もしそうされていたら、多分ここまで引き込まれなかったと思います。
絵はなくとも想像でどこまでも鮮やかに広く描かれているこの本がとても好きです。
よかった。

2015/06/21 12:26

投稿元:ブクログ

とても可愛くて優しい話だった。
ほっこりして、愛しくなる。
幸せを知らなければ辛いこともわからないけど、幸せを知ってしまうと、泣いたり、手を伸ばしたり、ワガママになったり、するのかも。
優しくされたわけではないけど、許してくれる。そういう優しさが、染みる。

2016/06/24 19:56

投稿元:ブクログ

奴隷として虐げられ生に絶望した少女は、機を見て逃亡するも、逃げた先は魔物が棲まうという深い森。そこで少女は魔物の王に出会い、苦痛に満ちた生を終わらせるべく、魔王に自分を食べるよう懇願するも、それは果たされない。森の中で魔王と過ごすうちに2人の間には奇妙な心の交流が生じる。ふとしたことから魔王への討伐隊が編成されることになり、少女は魔王に囚われていた人間として「救出」されるが、森を出たとき、魔王の呪いによって少女の記憶は失われる。討伐隊によって捕らえられた魔王は、討伐隊を派遣した王の、不具の王子を癒すために利用される。魔王の呪いを解くことによって少女の記憶は回復され、少女は囚われの魔王を解放する。魔王によって王子は癒され、少女と魔王は森に去り、幸せに暮らす。

端的に言えば『美女と野獣』型の異類婚姻譚であるが、平和に暮らす魔物と戦争に明け暮れる野蛮な人間という対比は『ガリバー旅行記』の『フウイヌム国』が想起される。魔物と人間との転倒した関係、過酷な生の記憶から少女を解放する魔王の「呪い」、聖剣、石女、不具、癒される王国など、著者は物語の文法に自覚的であり(『最後のユニコーン』が連想される)、その設計には目を見張るものがあるが、一方で、誠に残念ながら、著者はこれらの素材を融合し一つの物語へと昇華させるための筆力を欠いていた。

この小説には魔王と少女(恋人)、国王と王子(親子)、騎士と聖女(夫婦)、さらに野蛮な人間と成熟した魔物という4つの対立関係があり、これらの対立を回復させるものとして少女の努力、すなわち冒険があるのだが、この少女の冒険が不十分なものであることが本作の最大の問題。『美女と野獣』型の童話では呪われた恋人(男性)救うための主人公(少女)の冒険が物語の山場となるが、本作における少女の冒険は自己の同一性の危機にまで到達しない。失われた記憶が回復してから、人間の世界と魔物の世界の二者択一に際して、少女の苦悩に関する深い描写があればまた違ったのであろうが、この点がいささか軽薄に過ぎる。

加えて、国王と王子の親子関係、騎士と聖女の夫婦関係の対立に関する描写があまりにも浅い。尺の問題があったのだろうか?そのため、物語の頂点に向けて読者の精神は十分に抑圧されず、結果としてその頂点において読者が得る満足は限定的である。

非常に非常に惜しい!とても惜しい作品。著者の構成力には傑出したものを感じるが、それを文章に落とす力がこの時点ではその素材に対して完全に不足していた。おそらくそのことを著者自身自覚しているのではないだろうか?著者の成熟を首を長くして待ちたい。

2016/02/05 12:53

投稿元:ブクログ

読み終わって心が温かくなるお話

 この本のあらすじは、奴隷だった少女ミミズクは魔物の王に食べてもらおうと夜の森に行きます。しかし王はミミズクを食べてはくれませんでした。去れと言われたミミズクは王のそばを離れません。王はしばらくするとミミズクがそばにいることを許します。少女と魔物の王が心を通わせていく物語です。
 紅玉いづきさんの作り出す、独特の世界観と個性的なキャラクターが読み手の心をつかみます。暇なとき、疲れているとき、ちょっと休憩というときにもおすすめです。

2015/11/22 17:42

投稿元:ブクログ

読み終わってからどうしようもなく暖かい気持ちになる。
ミミズクとフクロウのどうしようもなく優しい愛に触れると何度読み返しても涙が止まらない。

愛する人のためにナイフを握り、零れる涙に知らないふりをしながら「たいしたことじゃあないわ」。そう呟けるミミズクのような女の子に私もなりたい。

2015/10/22 16:39

投稿元:ブクログ

ミミズクと夜の王が電撃大賞を受賞したと見て購入した本。何年か前に読了。
ジャンルはライトノベルだけれど、ライトノベルらしくない。絵本のような話と雰囲気。
詩的な文章が世界観にとてもあっていて、文章に美しさを感じたのは初めてだった。
今でも憧れる文章だし、紅玉いづきさんの文章が好きだから、紅玉いづきさんの文章に似ていると自分が思う作家さんを読む日々。

2016/02/13 21:55

投稿元:ブクログ

全体的に物悲しいファンタジー
最後はハッピーエンドで終わるからいいものの、このまま終わったら嫌だなと途中どんよりとした気分になった。
パターントいえばパターンではあるんだけれど。
人の幸せの形はそれぞれとわかっていても、それでも自分と違うものは否定しがちな人の心って嫌だね。

2016/07/15 19:37

投稿元:ブクログ

【図書館本】読友さんの恒川さんに雰囲気が似ているというコメントに惹かれて、早速読んでみた。電撃文庫というラノベという事と、文章自体が幼いなと思い前半はあまりのめり込めずいたが、読み進めていくうちに、徐々に物語にすっかり取り込まれてしまい、最後あたりは、不覚にも涙でうるうるしてしまった。(T_T)あとがきをみると、これを書かれたのがなんと高校三年生の時ではないか。そう考えてると末恐ろしい。高校三年生の女の子に40半ばの男が泣かされたのだから。

2016/10/31 01:59

投稿元:ブクログ

10代ならではの作品!
単純で、読みやすかったです。
解説でも書かれているように、「昔々あるところに…」と小さな子へ語るような物語。

少し背伸びしたような文体だけれども、決して教訓的でなく、心に湧き出た物語を素直に書き留めただけなんだと、その真っ直ぐな様子に、文章にケチつけるのも無粋に感じてしまいます。
寝る前に読むのに最適で、心地良く、染み込むように優しく、ほっとするようなお話でした。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む