サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 現代日本の「社会の心」 計量社会意識論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

現代日本の「社会の心」 計量社会意識論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/28
  • 出版社: 有斐閣
  • サイズ:20cm/248,16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-641-17398-9
  • 国内送料無料

紙の本

現代日本の「社会の心」 計量社会意識論

著者 吉川 徹 (著)

わたしたちの「社会の心」は、いまどこに向かって進んでいるのか。「総中流」や「格差」「伝統性」「再帰性」など、時代をあらわすキーワードを分析・検証する日本社会論。【「TRC...

もっと見る

現代日本の「社会の心」 計量社会意識論

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

わたしたちの「社会の心」は、いまどこに向かって進んでいるのか。「総中流」や「格差」「伝統性」「再帰性」など、時代をあらわすキーワードを分析・検証する日本社会論。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉川 徹

略歴
〈吉川徹〉1966年島根県生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。同大学大学院人間科学研究科教授。著書に「学歴分断社会」「学歴と格差・不平等」「学歴社会のローカル・トラック」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/31 13:15

投稿元:ブクログ

1966年生まれの筆者の現状認識に共感できる。データ分析における誤差をどう理解するか、中流意識の経年比較において、設問の違いに注目した点は重要であり、高く評価したい。

2015/12/17 09:45

投稿元:ブクログ

Sociological Social Psychology in Contemporary Japan: Literacy, Consummatory and Reflection

2014年06月発売
四六判上製カバー付, 268ページ
定価 2,484円(本体 2,300円)
ISBN 978-4-641-17398-9
<http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641173989>

【簡易目次】
序 章 「社会の心」を計量する
第1部 社会意識論の再構築
 第1章 社会意識の捉え方
 第2章 計量社会意識論の作法
第2部 アイデンティフィケーションの軌跡
 第3章 一九八五年の日本
 第4章 総中流現象の正体
 第5章 総中流社会から総格差社会へ
第3部 オリエンテーションのゆくえ
 第6章 伝統─―近代主義の静かな退役
 第7章 主義なき時代
 第8章 QOL志向の密かな時代変化
 終 章 覚醒性・直結性・再帰性

日本の社会・文化 ランキング

日本の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む