サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ヒロシマ 叔父は十五歳だった
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/16
  • 出版社: 幻冬舎ルネッサンス
  • サイズ:20cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7790-1106-1
  • 国内送料無料

紙の本

ヒロシマ 叔父は十五歳だった

著者 金谷 俊則 (著)

昭和20年8月6日、広島に原子爆弾が落とされた。叔父・善夫はその日に中学校で亡くなったと家族の誰もが思っていた。しかし、28年たった昭和48年8月2日に真実が姿を現した。...

もっと見る

ヒロシマ 叔父は十五歳だった

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和20年8月6日、広島に原子爆弾が落とされた。叔父・善夫はその日に中学校で亡くなったと家族の誰もが思っていた。しかし、28年たった昭和48年8月2日に真実が姿を現した。平和記念資料館で公開された身元不明の原爆罹災者名簿の中には「金谷善夫 昭和二十年八月七日死亡 十五歳 陸軍被服支廠」とあったのだ。なぜ叔父は、中学から約1.6キロメートルも離れた陸軍被服支廠で亡くなっていたのだろうか。しかも、1日近く生きていたのだ。その日叔父の身には何が起きていたのだろうか。―15歳の少年の夢を無残にも奪った戦争の惨さを改めて考えたいノンフィクション。【「BOOK」データベースの商品解説】

昭和20年8月6日、広島上空に1機の米軍機が現れた。しばらくして閃光が空を覆い、すべてを奪っていった。その時、少年はあこがれの大空を憎んだか? 広島に投下された原子爆弾によって亡くなった叔父の後半生をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

昭和20年8月6日、広島に原子爆弾が落とされた。叔父・善夫はその日に中学校で亡くなったと家族の誰もが思っていた。しかし、28年たった昭和48年8月2日に真実が姿を現した。平和記念資料館で公開された身元不明の原爆罹災者名簿の中には「金谷善夫 昭和二十年八月七日死亡 十五歳 陸軍被服支廠」とあったのだ。なぜ叔父は、中学から約1.6キロメートルも離れた陸軍被服支廠で亡くなっていたのだろうか。しかも、1日近く生きていたのだ。その日叔父の身には何が起きていたのだろうか。――15歳の少年の夢を無残にも奪った戦争の惨さを改めて考えたいノンフィクション。【商品解説】

著者紹介

金谷 俊則

略歴
〈金谷俊則〉1951年広島市生まれ。広島大学医学部卒業。医学博士。病院勤務を経て、広島県北部に内科医院を開業。著書に「吉川興経」「武一騒動」「毛利隆元」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

会えなかった叔父の足跡をたどって

ジュンク堂書店那覇店さん

1951年生まれの著者が、15歳で原爆の犠牲となった叔父の善夫さんの生きた足跡を刻みつけた本です。
表紙の美少年が善夫さん。
飛行機が大好きで、苦手な勉強も頑張って、兄への手紙には余白にまで「一中! 一中!」と志望校名をちりばめる無邪気な子です。
せっかくその一中に入ったのに、そこで人生が終わってしまうなんて。
善夫さんの父(著者の祖父)はじめ、生き残った家族・友達への聞き取りや手紙で、著者は善夫さんと会っているみたいです。
いや、善夫さんを通してその時代のその場所にいるみたいです。
それくらい、この少年が近くに感じられます。本当に切ないです。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

戦争体験記 ランキング

戦争体験記のランキングをご紹介します一覧を見る