サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

瑠璃の水菓子(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/10
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3831-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

瑠璃の水菓子 (ハルキ文庫 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控)

著者 和田 はつ子 (著)

日本橋の一膳飯屋「塩梅屋」の主・季蔵は、胡瓜を手にした死体が発見された事件で、捜索の手伝いをすることになる。美味しい夏の料理に腕をふるいつつ、奇妙な事件を追いかける季蔵の...

もっと見る

瑠璃の水菓子 (ハルキ文庫 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控)

648(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本橋の一膳飯屋「塩梅屋」の主・季蔵は、胡瓜を手にした死体が発見された事件で、捜索の手伝いをすることになる。美味しい夏の料理に腕をふるいつつ、奇妙な事件を追いかける季蔵の活躍を描く。全4篇収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

河童きゅうり 5−57
江戸香魚 58−110
瑠璃の水菓子 111−162

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

今回の構成は今までとはちょっと違ってたように思える。以前にもあったことはあったが、小事件の方は一応の結末をみつつも、巨悪の方は次回に持ち越しのようでした。

2016/12/11 10:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の構成は今までとはちょっと違ってたように思える。以前にもあったことはあったが、小事件の方は一応の結末をみつつも、巨悪の方は次回に持ち越しのようでした。しかも、平助(河童話を得意とする胡瓜売り)と弘吉(胡瓜の種苗を商う元武士)が絡む小事件の方も、犯人は分かっているのだが私利私欲や意図的な殺しでもないことから、季蔵は封印することにする。むしろあばずれ女・お連が絡む米問屋の事件の方が巨悪に繋がっているらしいのだが、そちらは次回持ち越しらしい。
なお、前回[23]で活躍した、南町奉行所所属の亀吉親分の飼い犬である「シロ」が全く消えてしまったのがかなり寂しいです。また、前々回[22]で自害を仄めかして去った料理侍・武藤も影すら伺えず、やはり自害してしまったのだろうか。かなり寂しい。
いずれにしろ、このシリーズ、料理を中心とした部分は和田はつ子主導だが、捕物を中心とした部分は他に筋書づくりの助っ人がいるように思えてきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/20 07:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/08 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/19 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/25 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/20 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/29 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/26 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る