サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 近代日本算術教育史 子どもの「生活」と「主体性」をめぐって

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

近代日本算術教育史 子どもの「生活」と「主体性」をめぐって
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2014/07/09
  • 出版社: 学術出版会
  • サイズ:22cm/211p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-284-10414-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

近代日本算術教育史 子どもの「生活」と「主体性」をめぐって (学術叢書)

著者 桜井 恵子 (著)

戦前期における算術教育のあり方をめぐる議論の中で、子どもの「生活」に即し「主体性」を重視する算術教育論が、どのように日本の小学校に受け入れられていったかを検討し、その姿を...

もっと見る

近代日本算術教育史 子どもの「生活」と「主体性」をめぐって (学術叢書)

4,968(税込)

ポイント :46pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦前期における算術教育のあり方をめぐる議論の中で、子どもの「生活」に即し「主体性」を重視する算術教育論が、どのように日本の小学校に受け入れられていったかを検討し、その姿を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

子どもの「生活」に即し「主体性」を育てる教育を、深く問い直す!

現在進行している教育改革の特徴の1つに、子どもの「生活」と「主体性」を重視する考え方がある。これに対して、ゆとり教育論争の際、「定型的な知識」の教育の軽視、学力階層差の拡大といった批判が提起されたが、明確な結論が出ぬまま改革は進行している。
本書では、この議論を深化させるため、国の教育政策の実験校であった東京高等師範学校附属小学校を事例として、大正期の算術改革運動で主張された、子どもの「生活」と「主体性」を尊重する教育方法の姿を、より批判的に検討する。【商品解説】

目次

  • 序章
    • 第1節 本書の課題
    • 第2節 算数・数学教育史研究における本書の位置と課題
    • 第3節 視角と方法
    • 第4節 全体の構成
  • 第1章 19世紀末の算術教育
    • 第1節 「洋算」の導入とアメリカの影響
    • 第2節 「三千題流」算術の流行
    • 第3節 ペスタロッチの算術教育法の浸透
    • 第4節 「理論流儀算術」の小学校へ与えた影響

著者紹介

桜井 恵子

略歴
〈桜井恵子〉1952年東京都生まれ。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了、博士(社会科学)。青山学院大学、実践女子大学等非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

教育政策・歴史・事情 ランキング

教育政策・歴史・事情のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む