サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

A
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/14
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02302-1
  • 国内送料無料

紙の本

著者 中村 文則 (著)

風俗嬢の後をつける男、罪の快楽、苦しみを交換する人々、妖怪の村に迷い込んだ男、決断を迫られる軍人、彼女の死を忘れ小説を書き上げた作家…いま世界が注目する作家が放つ13の「...

もっと見る

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

風俗嬢の後をつける男、罪の快楽、苦しみを交換する人々、妖怪の村に迷い込んだ男、決断を迫られる軍人、彼女の死を忘れ小説を書き上げた作家…いま世界が注目する作家が放つ13の「生」の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

風俗嬢の後をつける男、苦しみを交換する人々、妖怪の村に迷い込んだ男、決断を迫られる軍人、彼女の死を忘れ小説を書き上げた作家…。世界が注目する作家・中村文則が放つ、13の「生」の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

「一度の過ちもせずに、君は人生を終えられると思う?」

風俗嬢の後をつける男、罪の快楽、苦しみを交換する人々、妖怪の村に迷い込んだ男、決断を迫られる軍人、彼女の死を忘れ(忘れに傍点)小説を書き上げた作家……
ベストセラー『掏摸(ルビ:スリ)』など世界中で翻訳。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル年間ベスト10小説に続き、米文学賞、デイビッド・グティス賞も受賞
いま世界が注目する作家が放つ13の「生」の物語!!【商品解説】

目次

  • [収録作]
  • 「糸杉」「嘔吐」「三つの車両」「セールス・マン」「体操座り」「妖怪の村」「三つのボール」「蛇」「信者たち」「晩餐は続く」「A」「B」「二年前のこと」+著者あとがき

収録作品一覧

糸杉 7−23
嘔吐 25−54
三つの車両 55−73

著者紹介

中村 文則

略歴
〈中村文則〉1977年愛知県生まれ。「銃」で新潮新人賞を受賞しデビュー。「土の中の子供」で芥川賞、「掏摸」で大江健三郎賞受賞。作品は各国で翻訳され、David L.Goodis賞(米)を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.1

評価内訳

2014/08/12 20:34

投稿元:ブクログ

13の短篇集。

短編になると中村文則は、抽象画の画家のようになる。

《糸杉》に中に書かれている、
「一番恐ろしいのは、その糸杉の中だった。
葉の茂りの奥に、何かがある」

まさにその言葉通り、彼の書く短編は、
曖昧な色と象徴的な点の中において
輪郭は蜃気楼の様にぼやけて見えるのだが、
しかしその抽象画の奥に、何かがある。
その何かがいつも、私の命を興奮させる。



「糸杉」「嘔吐」「三つの車両」「セールス・マン」
「体操座り」「妖怪の村」「三つのボール」
「蛇」「信者たち」「晩餐は続く」「A」「B」
「二年前のこと」

2014/08/19 21:53

投稿元:ブクログ

糸杉
嘔吐
三つの車両
セールス・マン
体操座り
妖怪の村
三つのボール

信者たち
晩餐は続く


二年前のこと

ちんこ連発しているものや、変態官能、戦争、真に迫った私小説など様々。
短編だと苦しくなる前にすとんと終わって良いのやら悪いのやら。

2014/08/25 17:44

投稿元:ブクログ

薄氷の上をそろそろと渡るような、ぎりぎりの線の上でとどまっている危うさに満ちた短編集だった。
「糸杉」「蛇」「信者たち」「妖怪の村」が特に好き。
「糸杉」、ゴッホの風景画は好きだけど糸杉をそういう風に鑑賞したことはなかったな。ただ、あの絵は本当に不気味。あれを思い浮かべながら読んだら本当に気味の悪い小説だと思う。

2015/02/15 21:21

投稿元:ブクログ

長編かと思って読み始めたら、短編集だった。
ザ・中村文則博覧会のような作品集。
正直、良いなと思うものもあれば、何がなんだかわからないものもある。共感できるものもあれば、さすがだなと思うものもあれば、嫌悪感しか抱けないものもある。
「糸杉」と「A」が好きだった。

2014/09/21 17:32

投稿元:ブクログ

「・・・憂鬱を売るの?」
「そうです。・・・僕にはそれしかないので」
売るものがなく色々なものと交換をして街を歩く
「セールス・マン」

浮気を繰り返す夫に復讐する妻の話し
「晩餐は続く」
この作品はじわじわと怖さが染みてきた。

「私はその自分の変化に自分を心地よく預けていく。」
その立場になれば誰でも
同じ思いに至ってしまうのだろうか。
読んでいて悲しくて苦しくなった「A」と「B」。

おもしろく読んだのは「妖怪の村」。

2014/09/15 19:56

投稿元:ブクログ

人間がもつ多面性をえぐりだす現代アートのような短編集。

最初の短編「糸杉」はマジで傑作だと思う。抜け出せない魔力に身を任せてるのか抗ってるのか、現実と空想とどっちなのか。曖昧な別世界に行き来できるゲートとして糸杉はそこにある。

表題作の「A」の軍人が狂っていく心の描写は、ジェノサイドの史実を渦中から正面切って捉えている。なんというリアリティー。

他にも官能的なやつや、かなり下衆いものまで。人間の暗部をテンポよく書き切る才能に、またしても呆然とさせられるのであった。

2014/07/17 21:40

投稿元:ブクログ

「A」というのは表題作ではあるが、タイトルをAにしたのはこの短編が「この本を代表しているからではない」と、書き手自身があとがきの中で言っている。
そうかもしれないが、書き手が殊更には特別な作品ではないと装っているこの「A」と、それに続く「B」こそが、この短編集を代表してはいないかもしれないが、今世界の中の、そして歴史の中を生きる作家としての書き手が、渾身の思いを込めて世に問うた問題作たるべき書、だと私は思う。

善良で臆病であったはずだったにわか下士官が、捕虜虐殺を強いられ、生還の見込みの無い絶望の果ての戦場の地獄の中で自ずから悪鬼と化していく「A」。
やはり善良なだけであったはずの従軍医師は、朝鮮人の少女が事実上騙されて慰安所に連れて来られる現実を医師として目撃する「B」。しかし、その自分もその虐げられた少女を汚すことでのみひとときの、ほんとうにひと時だけの安息を得る。なぜなら、彼自身もまた人間が味わらされてはならない絶望の地獄の底にあるのだ。

この短編の書き手は、もちろん虚構として、ということは匿名としてあの時代中国大陸や朝鮮半島に居た数十万の日本人兵士の真実を抉り記している。
今、私たち日本人は、匿名ではない日本国民として歴史認識を問われている。認識ではなく「あった事実」としては、「A」であり「B」でありは否定のし難い事実に他なるまい。AもBも全てが全ての日本兵であり、それはすべてが日本人でもある。少なくとも私はそう思いたい。そうして、外に向かって声を大にして言うことはできないが、日本人だけじゃ無い、すべての戦争が、全ての人間がAでありBなのではないのか。

だからこそこの二つの物語りは虚構であり匿名なのだ。今世界の一部から日本が問われている歴史認識問題が、匿名ではない日本国と、地獄のような戦場で死んだか、あるいは生還して過去をなかったことにしてしか生きることができなかった私たちの父たちを、死者を鞭打つがごとくに名指しで断罪するものなのならば、やはり私たちは受け入れることができない。
加害者であり敗戦国であるものの開き直りであると彼らは言うだろう。
だが、私たちは多くの被害者とともに加害者たることから逃れられなかった父たちの魂をも、悼まないではいられないのだ。

書き手の照れ隠しだろうか。
「A」という何気ないタイトルに、世界に向けた確固たる発言者であろうとする書き手の、隠された意気込みを感じるのは私だけだろうか。

2014/09/30 00:19

投稿元:ブクログ

短編集でしたが、寄せ集め?だったため、かなり中身もバラバラ。
個人的には
嘔吐
セールス・マン
信者たち
が好きでした。

2014/10/16 15:14

投稿元:ブクログ

不思議な世界に連れて行ってくれる短編集。短編集ながら,どこか物語がつながっているような気がして,さくっと読める一冊。

2014/09/12 16:53

投稿元:ブクログ

作品の中で残ったことばが偶然、帯に書いてあったことばと同じだったという。そして本のタイトルの「A」に対する疑問も、あとがきにまるでわかっていたかのように書かれていて。本作は実にいろいろな中村氏の短編集。しかし、この人の作品にひかれる何かを、わたしはつかまれているんだな。

「一度の過ちもせずに、君は人生を終えられると思う?」

2016/07/09 17:28

投稿元:ブクログ

長編の合間に発表してきた短編を集めた一冊。
どれもバラバラの話のようだけど多分中村さんの精神の深いところでは一つの流れであり、そこから湧き上がって来たものたちなのだろう。
例えばピカソやダリの絵を「理解する」ことはできなくてもなんかわかんないけど惹かれる、というのと同じような、そんな感じ。
目の下クマ男、ゆっくり休んでクマを取ってください。

2014/08/01 21:33

投稿元:ブクログ

時間をかけて
いや、時間がかかって読みました
難解、わけわかんない
共感なし、不思議な世界
短編で終わってしまうので
何もわからないうちに終わる
どうしたらいいのだろう・・・この気持ち

2014/12/14 21:09

投稿元:ブクログ

脳に無造作に浮かんでくるコトバを綴ったような作品や、不条理不合理を詰め込んだような作品、温度を感じない無機質な作品…。
色々な13の短編。エロ多め。カゲのあるエロが。

2015/02/08 21:55

投稿元:ブクログ

★2.5。あまりに出来のバラつきがあるなぁ。平均点でこんな感じ。
この作家の属する世代の特徴或いは限界が妙に剥き出しになっているようで、その意味で考えさせてくれる作品集ではある。
山田詠美だったかな?この作家は中坊の発想が目立つが、小説を作ろうとしている旨のコメントを寄せていた記憶があるのだが、必ずしも的はずれではない指摘かと思われ。

2015/03/19 21:38

投稿元:ブクログ

図書館で借りた。短編集でエロい話が多かった。ファンタジー要素の話もあったが、全体的にあんまり面白くはなかったかな。