サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

O介
  • みんなの評価 5つ星のうち 1 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/23
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02306-9
  • 国内送料無料

紙の本

O介

著者 大鋸 一正 (著)

これは、孤独という名の勇気。愛情に閉じ込められた男、大海原に漂流する兄弟、ATMの中の生命体―孤高の作家が今、14年の沈黙を破る。至極の作品集。【「BOOK」データベース...

もっと見る

O介

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これは、孤独という名の勇気。愛情に閉じ込められた男、大海原に漂流する兄弟、ATMの中の生命体―孤高の作家が今、14年の沈黙を破る。至極の作品集。【「BOOK」データベースの商品解説】

O介と呼ばれる赤ちゃんに優しく呼びかける声。その声に見守られ、O介は育っていくが、次第に明らかになるその声の主とは…!? 孤高の作家による至極の作品集。『文藝』他掲載に書き下ろしを加え単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

O介 5−29
関係−未来 31−58
あくび 59−72

著者紹介

大鋸 一正

略歴
〈大鋸一正〉1964年岐阜県生まれ。多摩美術大学卒業。「フレア」が第33回文藝賞優秀作となる。他の著書に「ヒコ」「春の完成」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2014/09/18 12:43

投稿元:ブクログ

8月末につくった「ブックマーク」82号でこの本を紹介した人があって、(著者名が読みにくいなー)と思った私がルビを振ったのはいいが、調べが甘くてそのルビを間違えてしまった! 著者のお名前は「おおが・かずまさ」さんでした。伏してお詫び。

その後手にした本の実物では、タイトルについては表紙にも背表紙にも扉にも奥付にも「オーすけ」と入っているのだが、著者名にはルビがなく、巻末のプロフィールページにあるローマ字の「OGA KAZUMASA」が読みの手がかりだが、私の間違ったルビのように「おが」と誤読される可能性なきにしもあらず。できれば、どこかに分かりやすくお名前のルビ希望。

まず表題作から始まって、7篇収録。この表題作「O介」は、私のスキな平田俊子の「おおまいごっど」云々の詩を思い出させた。「O介。」と挟みながら続くところが、似た印象を受けるのか。そして、続く章を読んでいて、パパとママがなぐりあってお互いこわれていくような様を描いた場面の出てくる「ブルーベリー狩り」なんかが、やはり平田俊子の夫を捨てにいく詩を思い出させたからか。いや、たんに「オー」という音のせいか。

出版社サイトの短い紹介文にある「O介と呼ばれる赤ちゃんに優しく呼びかける声。その声に見守られ、O介は育っていくが、次第に明らかになるその声の主とは…!?」というストーリー(?)は、私にはいまひとつ分からなかったけど、読んでいて、私のアタマでは、平田俊子の詩がひらひらと浮かんでいた。

そして、『O介』を読み終わって、平田俊子の詩集を本棚から出してくる。
『(お)もろい夫婦』である。

私のアタマのなかで断片が舞っていた詩「嗚呼神代毎夜賑(おおまいごっどよごとのにぎわい)」をまず読みなおす。そのてっぺんは、こんな感じだ。

オー、マイ、仏陀。おれはタクシードライバーにならずにほんとによかった。
オー、マイ、ゴンドラ。それはどうして。
タクシードライバーになってみろ。おまえはきっと仕事についてくるね。助手席に乗り込み、一緒に街を流すのだ。
オー、マイ、権帥[ごんのそち]。それはすてきね。ずっと一緒にいられるなんて。
すてきなものか。楽しい気分はせいぜい初めの十分だ。…
(『(お)もろい夫婦』、p.14)

詩はこのあとも、「オー、マイ、ガッデム。」とか、「オー、マイ、「ガット」は関税貿易一般協定。」とか、「オー、マイ、がんも。」などと、字と響きをややずらした呼びかけを挟みながら、続いていく。

さて、夫を捨てにいく詩はどれだったかな…と、「ネンブツさん大忙し」を読みなおす。

たぶん全然違うのだろうけれど、私のなかでは『O介』と平田俊子の詩がつながってしまった。もしかしたら、うっすらと怖いようなおもしろさが、似ているのだろうか。

(9/14了)

2014/08/26 07:05

投稿元:ブクログ

とても久しぶりに★1つ。

同業の作家や玄人読者みたいな連中に高く評価されるから、ついてこれないヤツはいいよみないな匂いが苦手。帯のせいかもしれないけど。

まあ好き嫌いの問題だから、評価がぱっかり分かれる本なのかも。

大人の言葉遊び小説。

2014/07/24 09:40

投稿元:ブクログ

O介と呼ばれる赤ちゃんに優しく呼びかける声。その声に見守られ、O介は育っていくが、次第に明らかになるその声の主とは……!? 著者14年ぶり、待望の連作集!

2014/10/28 03:30

投稿元:ブクログ

どの短編も面白かった。特に表題作は、この本の感触を一番分かりやすく示している気がしました。個人的には「ドーナツ」が好きでした。