サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

別のしかたで ツイッター哲学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/23
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-24664-2
  • 国内送料無料

紙の本

別のしかたで ツイッター哲学

著者 千葉 雅也 (著)

140字以内という「有限性」による/についての考察。風物への感想、思考法・勉強法、生/性について、哲学研究のアイデア…。2009年〜2014年に著者がツイッターで書いた「...

もっと見る

別のしかたで ツイッター哲学

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

140字以内という「有限性」による/についての考察。風物への感想、思考法・勉強法、生/性について、哲学研究のアイデア…。2009年〜2014年に著者がツイッターで書いた「呟き(ツイート)」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

千葉 雅也

略歴
〈千葉雅也〉1978年栃木県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。著書に「動きすぎてはいけない」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「思いつき」が哲学として売られる時代

2014/08/31 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とうとろ爺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

接続過剰を批判していた千葉氏が、ツイッターに過剰接続した結果が本書である。
ツイッターの字数制限を有限性とし、それが思想を仮の形で断片化するとのことだが、出版に際しての自己都合の詭弁に聞こえる。蓋し体系化する力がない場所に切断の思想など必要なかろう。その意味で日本で切断を説くのは、体系化する力がない自己の弁護として機能する。ポストモダンがナルシストを量産した所以である。
千葉氏は最初の著作もまとめ切れていない。切断が自己弁護にならぬように、完成度の高い著作をものして欲しい。若いのに大御所の如き労力のない本を出すのは感心しない。
ちなみにこのレビューにも字数制限はある。むしろ、制限がないメディアなどないのではないか。千葉氏の言う有限性の観点においては、本書と4コマ漫画の単行本に違いは認められない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/03 22:31

投稿元:ブクログ

先行研究は読まなくてはいけない。が、アイディアが固まるまでは、読み過ぎるな。中2病でいいから、一時大正について自分のアイディアをいったん固めろ。先行研究で、近いことを言っていたものが見つかっても、断固として違うと言い張れ。そんなのは気合いだ、筆圧のこもった微細なレトリックだ。
博論を書くには、自分が世界の中心にいると思え。
学術論文を書くことは苦しい。肝心のいいたちことを存分に解放するまでの準備として、それほど書きたくもない前段階の説明をくどくどと積み上げなくはならないから。
英語圏の論文を読むとI assume thatという文が多い。私は私の責任において~と仮定する、という。
入門書ほどちゃんと買った方がいい。
身に着けようとする本への出費は、もうこれは出すすかないと諦めるべき。
大学とは様々な未来社会を実験するために様々な過去や異なる境遇や論理的、科学的な諸可能性を考える場所であり、現状の社会モデルに似ていないことも積極的に考える場所である。

2014/11/12 16:48

投稿元:ブクログ

エッセイのような感覚でどんどん読める。が、それで終わってもつまらない。ひとつずつのセンテンスの間に何を考えるかが、この本を満喫する条件かも。

2016/05/14 22:47

投稿元:ブクログ

教養教育について考えたくなった。

「日本語で書くことの特有の意義を持たせる」
「新しい原稿を書くときは、最初の三行位を数パターン書いてみて、それでいったん止めて、無意識に仕事をさせる。」
「定型表現を惰性的に使わないこと。」
「重要なのは、傾聴するに値しないムード音楽の類を静かに流している喫茶店を確保すること」
「一貫性した対処を欲望するのは、一種の神経症である。『一貫性なき世の中でいい』ということにしておけない人は、病んでいる。」

2015/10/11 22:52

投稿元:ブクログ

 千葉雅也のTwitterを書籍化。

 実際のTweetとは違う順番で並べられたTweetの数々。その中にはバリバリの哲学のこともあれば、哲学的思考半分な日常のこともあったりして面白い。Twitterってその人の世代とかがにじみ出るんだなぁと実感。
 もっと色んな人がTwitterを書籍化するべきだと思う。ただ、ちゃんと成立させるのはけっこう難しそうだが。。。

2014/08/10 14:47

投稿元:ブクログ

 とにかく、まずは、疲れきった頭でこれを手に取ってみて欲しい。忙しい最中とか腰を据えてとかで読んでは、この本の旨味はわからないと思う。これは適当に読めばいいということでもなくて。いい加減に読むために、疲れていることをすすめる。そうすれば、ここに配置された千葉さんの言葉が、軽やかに入ってきて、静かな重みを残して、読むもののそこに沈殿していくような気がする。それが一つの正しい読み方であるような気がする。

2014/07/24 09:39

投稿元:ブクログ

話題騒然のデビュー作『動きすぎてはいけない』に続いて贈る、すべてツイッター上で思考された哲学的アフォリズム集。入門的かつ実践的、「140字以内」の類例なき哲学書が誕生する!

2015/03/05 21:35

投稿元:ブクログ

ふぁぼの…ふぁぼのボタンはどこなんや…とつい本の中に星のマークを探してしまう辺り最近twitterに入り浸ってんなぁ…と反省するきっかけになった一冊。哲学っていうか語録?性質としてはそうなんかな…短歌集読むような気軽さで読めるし結構ためになった、と思います

2016/10/27 17:06

投稿元:ブクログ

以下、本文からの引用

──重要なのは、傾聴するに値しないムード音楽の類を静かに流してる喫茶店を確保すること。

──「ふつうの人」に言うとよく理解されないというか、怖がられるだろう言葉。権力、他者、批判、分析、解釈などなど。国家は「国」、他者は「他人」、分析は「よく考えてみる」などと言い換えながら話し始める。そういう工夫をすることはしばしばある。あ、「しばしば」もアウトですね。

──パリで気胸になって入院したとき、隣のベッドのおじさんは人工肛門の手術をしたばかりとのことで、辛そうに唸っていた。君はフランスで何をしてるんだいと訊かれたので、哲学の勉強ですと答えると、おじさんは、そうか哲学か!……いいかい、真に恐ろしいことは死ではない、それは苦痛だよ、と言った。

──なぜツイッターの140字以内がこんなに書きやすいかというと、それは、書き始めた途端にもう締め切りだからである。

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む