サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 世界の図書館 美しい知の遺産

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界の図書館 美しい知の遺産
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/17
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:32cm/327p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-25555-2
  • 国内送料無料

紙の本

世界の図書館 美しい知の遺産

著者 ジェームズ・W.P.キャンベル (著),ウィル・プライス (写真),桂 英史 (日本語版監修),野中 邦子 (訳),高橋 早苗 (訳)

古代メソポタミアから現代日本まで5400年にわたる歴史的にも貴重な世界の図書館188館を総覧。多彩な図書館のタイプを時代背景とともに詳述し、地域によって変遷してきた意匠と...

もっと見る

世界の図書館 美しい知の遺産

9,504(税込)

ポイント :88pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代メソポタミアから現代日本まで5400年にわたる歴史的にも貴重な世界の図書館188館を総覧。多彩な図書館のタイプを時代背景とともに詳述し、地域によって変遷してきた意匠と、様々な本の形体や読書の形を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェームズ・W.P.キャンベル

略歴
〈ジェームズ・W.P.キャンベル〉ケンブリッジ大学で博士号を取得。建築家、建築史家。クイーンズ・コレッジのフェローとして建築学と美術史の研究にとりくむ。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/23 21:55

投稿元:ブクログ

 人類の足跡を凝縮する「図書館」の豪華総覧本。同様の体裁本であれば、大抵スルーされる我が日本の図書館も比較的掲載されていることが悦ばしい。
 しかし、見れば見るほど、読めば読むほどに、いっそ執務を放棄し、今すぐ自由の身となって、余生というには少し早い気もするが、そのまま掲載された図書館を順に巡って、ゆったりと満たされながら静かに生を終えたい心地にさせられる。罪な本だなw

2014/10/28 23:57

投稿元:ブクログ

豪華な1冊。

これは夢が叶った時、自分にプレゼントする予定です。

そのくらい素晴らしい本だと思います。

2015/03/11 19:27

投稿元:ブクログ

この本、欲しい!!

図書館で図書館の本を読みました。
元々気になってたけど、絶対買おうと決意。
ちょっとお値段はるので、いずれ・・・

広くて明るくて開放的で近代的な図書館も好きだけど、やっぱり図書館は少し仄暗くて古めかしくて神秘的な場所であってほしい。
この本はどちらも網羅しつつ、さらに本の成り立ちまで言及してる。
どの図書館も本当に素敵だけど、やっぱり1番好みはイギリスの図書館だなぁ。
ケンブリッジやオックスフォードの図書館が出てくる本を読んで憧れていたというのが大きいと思う。
文字で読んで想像していた図書館が鮮やかな写真で見られるのが嬉しい。
そして実際に訪れたくなる。。。

さすがに短時間で全部読破はできなかったので、購入してからじっくり読み込もうと思ってます。

2017/01/18 12:22

投稿元:ブクログ

帯文:”古代メソポタミアから現代日本の最新図書館まで5400年にわたる絢爛豪華な「知」の世界史!”

目次:序文、はじめに、第1章 失われた起源―古代世界の図書館、第2章 クロイスター,冊子本,チェスト―中世の図書館、第3章 カボード,鎖,ストール―16世紀の図書館、第4章 壁,ドーム,アルコーブ―17世紀の図書館、…他

2014/06/12 21:37

投稿元:ブクログ

おーWill Pryceの写真だ!

河出書房新社のPR
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309255552/

2014/10/16 11:36

投稿元:ブクログ

古代メソポタミアから現代日本の最新図書館まで、5400年にわたる絢爛豪華な「知」の世界史を、写真図版300点、掲載図書館数188館で総観する決定版。オールカラー豪華本。