サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

図説ブルボン王朝
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/17
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:22cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-76219-7
  • 国内送料無料

紙の本

図説ブルボン王朝 (ふくろうの本)

著者 長谷川 輝夫 (著)

相次ぐ戦争と国土拡張、絢爛たる宮廷文化の中で渦巻く愛憎、そして革命による幕切れ…。フランス絶対王政の栄華と衰亡を、王たちの激動の生涯とともにビジュアルにたどる。【「TRC...

もっと見る

図説ブルボン王朝 (ふくろうの本)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

相次ぐ戦争と国土拡張、絢爛たる宮廷文化の中で渦巻く愛憎、そして革命による幕切れ…。フランス絶対王政の栄華と衰亡を、王たちの激動の生涯とともにビジュアルにたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長谷川 輝夫

略歴
〈長谷川輝夫〉1941年千葉県生まれ。パリ第四(ソルボンヌ)大学第三課程修了、博士号(文化史)取得。元上智大学教授。著書に「聖なる王権ブルボン家」「日常の近世フランス史」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/19 05:56

投稿元:ブクログ

非常勤先の講義で,ヨーロッパの国境の歴史的変化に関する話をしようと決めていた。そのなかで個人的に知りたいと思っていたのが,ハプスブルク家のような家系による支配に関する歴史。ハプスブルク家はあまりに有名で,日本語で読める書籍も多すぎてどれを読んだら手っ取り早いか悩んでいて,書店で目についたのが本書。私が知りたいのは具体的にその家系がどのような支配圏を持っていたかということや,政治体制との関わり合いという点だったので,あまりにも人間関係に関する描写や歴史小説的なエピソードが多い本だとこまるのだ。
著者はすでにフェーブル・マルタン『書物の出現』で知っていたので,ちょっと安心して思わず購入。なお,同著者に関する同テーマは講談社選書メチエでもあるようだ。本書は「ふくろうの本」の1冊。図版が多いということも講義に役立つかなと気軽に手にとった。

第1章 ブルボン王朝の誕生――アンリ四世
第2章 戦う国王――ルイ十三世
第3章 「偉大な世紀」の大王――ルイ十四世
第4章 繁栄の時代の国王――ルイ十五世
第5章 悲劇の国王――ルイ十六世
第6章 フランス革命と絶対王政の終焉
第7章 復古王政のブルボン家――ルイ十八世とシャルル一〇世

私はあまりにも歴史を知らなすぎた。最近,講義のために高校の世界史の教科書を読み直しているのだが,ハプスブルク家はいくつかの拠点でヨーロッパ内にいくつかの支配圏を持っていたが,ブルボン家は基本的にフランス王国との関わりを維持したにすぎなかったのだ。
本書にも1610年から1768年までのフランス王国の領土の変遷地図が掲載されているが150年間の領土の変更はごくわずかにすぎない。ということで,本書は王室からみたフランス史といったところだ。しかし,私にとってはやはり学ぶところは大きく,フランス革命の一般的なイメージも覆させられたし,なぜ民主化を求めるフランス革命後にナポレオンが登場し,さらには王政復古が起きるのかということについても少し分かったような気がしました。とはいえ,やはり人物中心の記述は非常に読みにくく,理解できなかった部分も少なくない。

2016/07/19 01:31

投稿元:ブクログ

ブルボン王朝そのものを知らなかったのでとても勉強になりました。
マリーアントワネットのいた王朝なんですね。

戦争につぐ戦争に対立の続く内部。
華やかで豪華な文化やヴェルサイユ宮殿に代表される豪奢な館のイメージばかりでした。
でも上記のような穏やかじゃない場面もフランスにもあるんだな、と思いました。

私のなかではマリーアントワネットもルイ16世も悲劇性を持った歴史上の人物。
この本を読むとそこまで賢くはなかったのかな、とちょっと幻滅(´・ω・`)

2014/07/23 10:48

投稿元:ブクログ

相次ぐ戦争と国土拡張、絢爛たる宮廷文化、そして革命による絶対王政の終焉……。君主たちの人生と共にたどるブルボン王朝の栄光と衰亡、決定版ビジュアルガイド。

ヨーロッパ史 ランキング

ヨーロッパ史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む