サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

極大と極小への冒険
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/26
  • 出版社: 紀伊國屋書店
  • サイズ:20cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-314-01115-0
  • 国内送料無料

紙の本

極大と極小への冒険

著者 デイヴィッド・ブラットナー (著),柴田 裕之 (監訳),市川 美佐子 (訳)

人間の知覚可能な範囲は驚くほど狭い! サイエンス・ノンフィクションの名手が、数、大きさ、光、時間などの極大と極小の世界の実態をやさしく語りかけるように説明する。図版と雑学...

もっと見る

極大と極小への冒険

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間の知覚可能な範囲は驚くほど狭い! サイエンス・ノンフィクションの名手が、数、大きさ、光、時間などの極大と極小の世界の実態をやさしく語りかけるように説明する。図版と雑学ネタ満載の科学読み物。【「TRC MARC」の商品解説】

巨大な星、聴こえない音、一瞬で全てを溶かす熱、限りなく短い時間――私たちは、理解しがたいほど大きなものや、肉眼では見えない小さな物質に囲まれて生活しているが、認識できるのはそのごく一部だ。著者は人間の知覚可能範囲を超えた極大と極小の世界の実態をやさしく語りかけるように説明し、読者の想像力を刺激する。図版と雑学ネタ満載の科学読み物。【商品解説】

著者紹介

デイヴィッド・ブラットナー

略歴
〈デイヴィッド・ブラットナー〉1966年米国カリフォルニア州生まれ。ライターとして、科学のみならずさまざまな分野を手がける。著書に「πの神秘」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/13 23:41

投稿元:ブクログ

人は何かと何かを比べたくなりますよね。あっちの方が大きいとか小さいとか。
そんな話し方始まり、想像も付かないような大きなもの(極大)や、ものすごく小さいもの(極小)の紹介をしています。テスト勉強ばかりで疲れた頭を、別の世界に連れて行ってくれます。

2014/11/15 14:23

投稿元:ブクログ

身近な数、大きさ、光、音、熱、時間について、その極小と極大について解説している。
読んでいても理解が追い付けず、頭がグルグル回るような内容だったが、たまにはこういう本を読んで、全く理解できない世界がある事、それも自分たちの生活の中にあると言う事を改めて感じた。

個人的には数が一番面白く読めた。

2014/10/26 23:26

投稿元:ブクログ

スケールについて考える本。

力についての記述がもう少し充実していれば、高校で物理を学ぶ際の副教材としてちょうどいいなあと思いました。

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4766293.html

2015/02/16 20:56

投稿元:ブクログ

学生時代は理科系で学んでいた自分ですが、科学の基本的な概念を理解しないまま、齢を重ねてしまったなと、反省しています。
なので気がついた時に、サイエンス系の本を読むようにしています。
この本の原題は「spectrums」。
日本語にはそのものズバリの訳語はありませんが、本書の中では、「ある要素全体に含まれる各成分を、小さなものから大きなものまで分けて示す手法」と説明されています。
「数」「大きさ」「光」「音」「熱」「時間」の6つの項目について、極小から極大までを追っていくと何が見えてくるのか? エピソードを織り交ぜて紹介しています。
例えば大きさなどは、極大を考えていくとまさに「天文学的な」数字になって、自分などは想像もつかなくなってしまいます。
でもこの本のように極大と極小を追っていくと、「大きさとは何なのだろう」ひいては「宇宙って何なのだろう」という根本的な問いにたどり着くのだなあと、理解しました。
かといって自分の頭ではその答えに思い当たるというわけでは無いのですが、そのようなきっかけを与えてもらえただけでも、読んだ甲斐があったと思います。
紹介されているエピソードの中には雑学的に楽しめる内容も多くあったので、読み物としても楽しめる一冊でした。

2014/09/15 14:45

投稿元:ブクログ

本書の序章で、スペクトルというキーワードが登場する。
これは、白黒、オンオフ、のような二元的な見方ではなく、様々な程度が異なる連続した範囲を区切って示す手法のことで、対象として、数、大きさ、光、音、熱、時間、を挙げて、それぞれを、より小さく、より大きくしていきながら、解説している。

ちなみに、スペクトルマンは何の関係もない。

中学生くらいが読むのに最適な内容だと思うけれど、
物事をスケールを変えて見ることで、解釈が変わるという本書の内容は、自分を取り巻く問題の解決にも応用できそう、的なポジティブシンキングのトリガーとして、文系の大人にもお薦めできる。

電磁波が光とは知りませんでした・・・。

自然科学・科学史 ランキング

自然科学・科学史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む