サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. インドの更紗手帖 世界で愛される美しいテキスタイルデザイン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インドの更紗手帖 世界で愛される美しいテキスタイルデザイン
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/08
  • 出版社: 誠文堂新光社
  • サイズ:21cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-416-61476-1
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

インドの更紗手帖 世界で愛される美しいテキスタイルデザイン

著者 田中 敦子 (編著),【ミナモト】 忠之 (写真)

花樹、ペイズリー、縞、幾何学、動物、神話…。大航海時代に世界中に広まり、いまもなおインドで受け継がれている“現代のインド更紗”を紹介します。更紗工房を訪ねるインドへの旅、...

もっと見る

インドの更紗手帖 世界で愛される美しいテキスタイルデザイン

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

花樹、ペイズリー、縞、幾何学、動物、神話…。大航海時代に世界中に広まり、いまもなおインドで受け継がれている“現代のインド更紗”を紹介します。更紗工房を訪ねるインドへの旅、インドで行くべき更紗の博物館なども収録。【「TRC MARC」の商品解説】

「更紗」とはインド発祥の染織技法(プリント)。15世紀から17世紀にかけての大航海時代に、インドから東南アジア、中近東、ヨーロッパ、、中国、日本などに広がり、手描きの細密な柄や版を使ったモチーフものなど、国や地域により様々な技法が生まれました。ことにインド更紗は、日本でも人気のリバティプリント、ウイリアム・モリス、印花布などの元になったといわれ、最近のテキスタイルブームで、日本のアパレルブランドや染織作家による更紗柄のアイテムも多く出回っています。
本書では、現代に伝わるインドの木版更紗を中心に、テキスタイル図案からそれらを使った服飾小物、さらにインドの手仕事の風景まで、更紗の世界を余すことなく取材。
テキスタイル、布好きなら見ているだけで楽しめる1冊として、また、これまで知られてこなかった「更紗」をわかりやすく解説した資料価値の高い内容で構成しています。【商品解説】

著者紹介

田中 敦子

略歴
〈田中敦子〉工芸、染織、着物をフィールドに、フリーランスで取材、執筆、編集、プロデュースを行う。雑誌『和樂』創刊や『七緒』の編集・監修に関わる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/18 23:03

投稿元:ブクログ

借りたもの。
手の込んだ文様から、神話・宗教用の文様、更には庶民のための素朴な文様まで、インド更紗のテキスタイルの写真を掲載。
分かりやすく充実した内容。

インドで生まれた木綿布・インド更紗。
軽くて丈夫な布地に極彩色の美しい模様が施されたそれに、世界中が憧れた――
インド更紗そのものだけでなく、世界への影響(柄や技術)についても解説。
後半には現在の工房・職人たちについての取材。
“ペイズリー”は現地で正しくは“マンゴー”という意味の柄だったことを知る。ペイズリーはマンゴー柄を取り入れたイギリスの都市の名前だった。
インド更紗の魅力とは、今も手作業で制作されるぬくもり故か。
文章や写真を見ていると、職人たちの研究熱心な様や、工房や街の風景に映える極彩色のサリーや更紗に情景にも似た敬意を感じる。

巻末にはインドの更紗の博物館や、日本でインド更紗を扱っているお店を紹介。

2017/02/04 00:43

投稿元:ブクログ

大好きなブロックプリント。たっぷり載せられた布のカタログはヨダレもの。加えて、こうした布が製作されている工房について、写真とともに綴られたレポートも良い。伝統を守るための革新。更紗製作の中心となっている村々の情報を本書から得たので、遠からず行ってみたい。

それにしても、ラージャスターンとグジャラートの情報しかなかったけれど、木版更紗が作られているのはここらだけということなのだろうか。やはりジャイプルのAnokhi博物館、早く行かなきゃ!