サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. 読書の歴史を問う 書物と読者の近代

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

読書の歴史を問う 書物と読者の近代
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/28
  • 出版社: 笠間書院
  • サイズ:21cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-305-70736-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

読書の歴史を問う 書物と読者の近代

著者 和田 敦彦 (著)

書物の出版、検閲、流通、保存は読者の歴史とどうかかわってきたのか。主に近代以降の日本を対象として、読者、あるいは読書の歴史についての学び方や調べ方を実践的、体系的に解説す...

もっと見る

読書の歴史を問う 書物と読者の近代

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

読書の歴史を問う

2,052(税込)

読書の歴史を問う

ポイント :19pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

書物の出版、検閲、流通、保存は読者の歴史とどうかかわってきたのか。主に近代以降の日本を対象として、読者、あるいは読書の歴史についての学び方や調べ方を実践的、体系的に解説する書。【「TRC MARC」の商品解説】

読者、読書の歴史をどうやって調べ、学んでいけばいいか。
何のためにそれを学び、そこからどういうことが分かるのか。
読書の歴史についての学び方、調べ方を考える書。

書物の出版、検閲、流通、保存は、読者の歴史とどうかかわってきたのだろうか。
「昔」の読書を探ると、「今」が見えてくる。
現在とは異なる時間、異なる場所の、読者や読書の魅力をも伝える書。

【書物が読者にたどりつき、読まれていくプロセスに関心を向け、その歴史をとらえていくこと、そのための手立てや、そうした問いによって開けてくる可能性を示していくこと、それが本書の役割である。同時に、これまでになされてきた自他を含めた読書にかかわる研究の成果を見直し、それらを互いにつながりあった方法として体系的に示していく試みでもある。】......「おわりに」より【商品解説】

目次

  • ◉はじめに
  • なぜ読書を問うのか
  • 第1章◉読書を調べる
  • 【読書は、書物が読者にたどりつき、理解されていく一連のプロセスとしてとらえることができる。読書をとらえるには、このプロセスをいくつかに分け、それがいつから、どのようにしてできあがったのか、変化したのかを問うていく必要がある。そしてその問いは、私たちの読書の自由や、その制約への関心と深く結びついている。】
  •  1 読書の問い方
  •  2 読書の自由とその制約
  •  3 書物の流れをとらえる

著者紹介

和田 敦彦

略歴
〈和田敦彦〉1965年高知県生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。同大学図書館副館長、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員教授を歴任。著書に「メディアの中の読者」「書物の日米関係」他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/17 00:08

投稿元:ブクログ

読書は書物が移動して読者にたどりつくプロセスと、その書物を読者が理解するプロセスによって成立しているが、読む場所はこのたどりつくプロセスの末端、書物と読者がつながる重要な地点。

人文科学の研究領域では最新の研究成果のみが重要なのではなく、むしろ過去に明らかになった事例の蓄積こそが重要であり、古い論文の利用価値が高い。それをカバーするためには莫大な過去の論文の電子化が必要。

2014/08/18 12:21

投稿元:ブクログ

2014 8/18パワー・ブラウジング。
出ると耳にしたときから読みたいと思っていた、和田先生の本。やっと読めた。
読書の歴史を如何に研究するか、そのさわりを色んな角度から紹介していく。
読書を「読者が書物を理解するプロセス」と、「書物が読者にたどりつくまでのプロセス」分けて考える、従来は専ら前者の理解のプロセスに注目するものが多かったが、本書は後者に分量を多く割いているのが面白いところ。

○2章は理解のプロセスを如何に研究するかの話

○3章・読書の場所の歴史学
・読書の場・・・たどりつくプロセスの末端であり理解のプロセスに影響するもの
・鉄道
・監獄、軍隊・・・
 ・利用の不自由な場での読書の歴史を追う意義
・図書館
 ・読書を制限し、方向づける場としての図書館
 ・「図書館史を評価したいのは、それが読書の歴史、すなわち読者への書物の流れがいかに形成され、あるいは制限されてきたかを教えてくれるからである。あるいは、こうした読者への書物の流れという観点から、これまでの図書館史研究の成果を今一度とらえなおし、整理していくことも可能だろう」(p.72)
 ・「図書館が集めていない、保存していない空白が蔵書に必ず生じること、そしてその空白への意識的なまなざしを作り出していくこともまた、図書館の重要な役割として考えておく必要があろう」(p.74)
 ・移民地の読書

○4章・書物と読者をつなぐもの
・書物の仲介者・・・米国⇔日本の書物の行き交いを仲介した人物らの話
 ・角田柳作、チャールズ・E・タトル

○5章・書物と読者をつなぐもの
・書物の販売・流通史
・委託制度(返品可能な制度)の成立にかかる話のあたりは授業でフォローしきれていなかったので取り入れたい
 ・さらに引用元には小田光雄さんとかも
・『キングの時代』より:出版統制によって効率的な流通システムができあがった戦時統制下は出版の好況期だった
・教科書の話

○6章・書物の流れをさえぎる
・検閲の話
 ・検閲だけが書物の流れをさえぎるものではない
 ・検閲されて読者にたどりつけなかった書物は、その後いずれかの時点でたどりつけたのか?

・戦前・戦中(内務省)、戦後(GHQ)の検閲と検閲された本がどこにいったか
・教科書検定

○7章・書物の来歴
・書物の移動・来歴
・その調べ方
 ・書物そのものから・・・蔵書印等
 ・寄贈情報等、機関の資料や個人の記録・回想録
・失われる書物・・・マンガの所蔵/明治大学関係に触れている

○8章・電子メディアと読書
・CiNiiを使って近代文学研究(「赤い鳥」関係)の論文を集めようとして、電子化されているものに絞り込んだ結果、まともな論文を読まなかった学生の挿話
 ・おお、これこの先、日本の人社系論文が電子化されていないことの問題に触れる際に引用しよう
 ・インタフェースの問題への指摘・・・「電子化されている/されていない」で絞込ができることが、それが重要なことというメッセージにな��ている

○9章・読書と教育
・国語科教育と読書
・アーカイブズ教育
・メディア・リテラシー

○10章・文学研究と読書

○おわりに

2014/11/13 20:50

投稿元:ブクログ

読書を、書物が時空間を移動して読者に「たどりつくプロセス」と、読者がそれを読み、「理解するプロセス」に分けて考える。それぞれのプロセスをさらに細分化し、書物と読者とを結ぶ「あいだ」にいかなる人や組織の活動が存在するのか、またその読書には、どんな不自由さが生じているのかを捉える。

2015/01/15 11:34

投稿元:ブクログ

所在: 展示架
請求番号: 019/W12
資料ID: 11401631
選書担当: H. A.

 普段から読書をしている人もしていない人も、「読書する」ということがどのようなことであるのかと問う人は少ないのではないか。本書は、「読書」という行為について考える、数少ない本のうちの一つである。本書では、読書という行為を、「本の内容を理解するプロセス」と「その本が読者の元までにたどりつくプロセス」という二つの視点から分析する。また、その二つの視点から読書の歴史を紐解くことによって、私たちが普段行っている「読書」という行為を、見つめ直す機会を与える。

2014/07/01 15:56

投稿元:ブクログ

検閲については早く読みたいな。此れから酷くなった時に、戦うヒントがあるかも知れないから。。。

笠間書院のPR(版元ドットコム)
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-70736-9.html

本・読書 ランキング

本・読書のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む