サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

文化政策の経済学
文化政策の経済学 文化政策の経済学
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/10
  • 出版社: ミネルヴァ書房
  • サイズ:22cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-623-07069-5
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

文化政策の経済学

著者 デイヴィッド・スロスビー (著),後藤 和子 (監訳),阪本 崇 (監訳)

グローバル化と情報化という大きな社会変化によって文化政策はどう変容しているのか? 文化産業や著作権、国際貿易等の幅広い分野を対象に、変わりゆく文化政策の論理を平易な言葉で...

もっと見る

文化政策の経済学

3,780(税込)

ポイント :35pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グローバル化と情報化という大きな社会変化によって文化政策はどう変容しているのか? 文化産業や著作権、国際貿易等の幅広い分野を対象に、変わりゆく文化政策の論理を平易な言葉で解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 日本語版への序文
  • はじめに
  • 謝辞
  • 略語一覧
  • 第1章 序 論
  •  1 文化政策が変化しつつある状況
  •  2 政策面での変化
  •  3 本書の概要

著者紹介

デイヴィッド・スロスビー

略歴
〈デイヴィッド・スロスビー〉1939年生まれ。LSEでPh.D(経済学)を取得。マコーリー大学経済学部教授。オーストラリア社会科学アカデミーのフェロー(特別会員)。著書に「文化経済学入門」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/16 22:38

投稿元:ブクログ

文化の諸領域について経済学的な視座から分析をすることを通じて文化政策を取り扱った本です。これは必読書であると言えます。

この本の極めて特徴的で重要なことは、ここで用いられる「経済学」が、標準的な経済学、すなわち、合理的な経済人の仮定、インセンティブへの反応、市場の効率的な分配、限界部分での判断、比較優位といった、最も基本的なフレームワークに則っているということです。その上で、文化の事象を経済学的価値と文化的価値に分け、さらに前者を市場適合と市場の失敗に分けることで、それぞれの事象に適う政策を選択できるよう分析しています。

章立ては、
第1章 序論
第2章 文化政策の領域
第3章 政策過程
第4章 芸術政策
第5章 文化産業
第6章 文化遺産
第7章 都市再生、地域発展と文化
第8章 観光
第9章 国際経済における文化
第10章 文化多様性
第11章 芸術教育
第12章 経済発展と文化
第13章 知的財産
第14章 文化統計
第15章 結論
となっており、一口に「文化」と言っても、ここで扱う文化はかなり広い領域を指していることが分かります。文化政策といって思い浮かべるような、絶滅の危機に瀕する伝統芸能といった保護と補助金が必要な文化はもちろん、ショービジネスといった市場が成り立つ産業もここでは同じ土俵に立っています。

ともかく文化においては「霞を食って生きている」といったような聖域を死守したいような勢力があり、カネで価値を判断されるのは俗っぽくされるべきではないと拒絶されることがあります。しかし、ここで経済学的分析が持ち出されるのは、経済学的価値と文化的価値に分けることで、むしろ後者が顕在化し、それにより経済的扱いの波から護る手法も検討できることができます。このような点で、この本が必読書であると言えます。

数式が一切登場しないこともあり、経済学の知識が一切無くても読むことができます。とはいえ、経済学の知識があった方が断然理解は深まります。また、数式も図表も一切登場しませんが、これらがあった方がより理解しやすいという点は、一つ問題点としてあげられますが、もちろんそれを補った上で余りある重要なことが書かれている本です。

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む