サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

感情の政治学(講談社選書メチエ)
感情の政治学(講談社選書メチエ) 感情の政治学(講談社選書メチエ)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社選書メチエ
  • サイズ:19cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-258582-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

感情の政治学 (講談社選書メチエ)

著者 吉田 徹 (著)

自分の思う通りにならない他者の存在と、人間の非合理性に注目し、政治という不合理な営みを組み立て直す。理性を重視する従来のパラダイムではこぼれ落ちてしまう現実の政治を描きだ...

もっと見る

感情の政治学 (講談社選書メチエ)

1,890(税込)

感情の政治学

1,728(税込)

感情の政治学

ポイント :16pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分の思う通りにならない他者の存在と、人間の非合理性に注目し、政治という不合理な営みを組み立て直す。理性を重視する従来のパラダイムではこぼれ落ちてしまう現実の政治を描きだす。【「TRC MARC」の商品解説】

個人が政治の情報を集め、投票先を主体的に、合理的に選択すれば、
政治はよくなる――。そのような政治観は幻想に過ぎない。
自分の思う通りにならない他者と、人間の非合理性に注目し、
政治を組み立て直す。
理性を重視する従来のパラダイムではこぼれ落ちてしまう現実の政治を
気鋭の政治学者が描き出す一冊。【商品解説】

著者紹介

吉田 徹

略歴
〈吉田徹〉1975年生まれ。東京大学総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。北海道大学法学研究科/公共政策大学院准教授。専攻は比較政治、ヨーロッパ政治。著書に「二大政党制批判論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/06 16:27

投稿元:ブクログ

社会科学は社会での人間の行動を説明することを目的とする学問、したがって政治学とは広い意味で政治に関わる人間行動を解明する科学。


民主主義と呼ばれる政治はその共同体の構成員の全員が主体であるという前提をおかなければ有効に機能しない。

2015/06/09 12:07

投稿元:ブクログ

著者自身による紹介
http://yoshidatoru.hatenablog.com/entry/20140807/1407364285

2016/04/17 22:04

投稿元:ブクログ

 政治の重要な要素を担う感情について。

 感情的に政治的判断をするというのは決してネガティブな意味ではない。人は合理的判断だけで政治をするのではなく、そこには様々な感情が判断の大きな役割を担っている。
 読んでいてなかなか分からない部分もあったので、また後で読み返したい一冊。

2015/04/22 23:22

投稿元:ブクログ

多くの場合、政治の実際は決して合理性だけに拠っているのではなく、人びとの感情に働きかけ、引き出すことを資源にする。それを警戒し、非難することは時として必要なことだ。 (p.52)

個人がどのような環境において自らの政治意識を発展させていくかに注目することの重要性は増す。いずれにせよ、政治的意識の基礎は、「現実よりも理想をめざすこと」、「認識よりも愛着を持つこと」をスタート地点とすることからはじまる。(p.104)

社会運動とは―それを集団行動と呼ぶのであれ、集合行為と呼ぶのであれ―必ずしも合目的的な目標に向かって組織的かつ秩序的に進むのではなく、もっと不定形で自己言及的なかたちをとる。イタリアの社会運動の理論家で、詩人でもあったメルッチがいったように、それは現代社会でシステムが完成し、それが分散していることに呼応して生じる、局所的かつ多元的なものである。その集合がどのようなきっかけや動機によって生起するのか。そしてその後どのように、場合によっては複数の目標に向かって進み、変容していくのかはあらかじめ予期できない。それは集合行為が、何らかの財の再分配をめざすような具体的目標をもつものではなく、象徴的に遂行され、その目的自体も参加者による普段の再定義にさらされるからだ。(p.175)

恐怖感は漠然としたものであるがゆえに増幅され、共有されていく。しかも、それはいつ訪れるかもわからない不確定性によって、ますますリアルなものとして感じられ、恐怖が恐怖を呼び込む特徴を持ち合わせている。恐怖がこのようにアモルフだからこそ、私たちは一般的に「わかりやすい悪」を好むことになる。この世を不幸なものにしている主体を無理矢理にでも特定するふりをすることで、安心を得ることができるからだ。しかし、実際にはそんな「責任者探し」を延々とくりひろげても、否、くりひろげればひろげるほどに、心的な平和を得ることはできない。(p.208)

信頼を何かで代替するのは簡単なことではない(その逆の方が易しい)。現代社会で、行政だけでは手当できない問題がますます増えている。増大する課題に対処するためには、行政サービスの量を増やさなければならないが、そのためには予算手当てが必要となる。(p.239)

信頼とは、あるのか、ないのか、あるはあるべきものなのか、といった次元で捉えられるものなのではなく、社会が社会であるために不可欠なものなのだ。他人の自由が増えることは自分の自由が減ることを意味しないということ他人を信頼することで自分の自由が拡大していくような社会が作られなければならない。もしそれがないのであれば、それはこれから作り出されていかなければならない。もしそれが創り出せないのであれば、それは発明されなければならない。(p.262)

2016/06/03 07:27

投稿元:ブクログ

行動経済学がむちゃ注目されているように、政治を語るときもそりゃ感情を考慮する必要はあるよなあと思う次第。
どの論考も極めて明晰でシャープ。たぶんすごく難しいことを言っているんだろうけど、記述が本当に論理的だから実に読みやすい。
著者の紹介に「気鋭の政治学者」とあったのは、うんまさにそうなんだろうなあと納得する。