サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

大坊珈琲店
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/18
  • 出版社: 誠文堂新光社
  • サイズ:22cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-416-71434-8
  • 国内送料無料

紙の本

大坊珈琲店

著者 大坊 勝次 (著)

南青山に、38年間自家焙煎とネルドリップというスタイルを変えずに、コーヒーを作りつづけた喫茶店「大坊珈琲店」があった。店主・大坊勝次がコーヒーと店のあり方を綴ったマニュア...

もっと見る

大坊珈琲店

3,240(税込)

ポイント :30pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

南青山に、38年間自家焙煎とネルドリップというスタイルを変えずに、コーヒーを作りつづけた喫茶店「大坊珈琲店」があった。店主・大坊勝次がコーヒーと店のあり方を綴ったマニュアル、関戸勇による写真、縁のある35人の寄稿文を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

南青山に、38年間自家焙煎とネルドリップというスタイルを変えずに珈琲を作りつづけた喫茶店があった−。店主・大坊勝次が珈琲と店のあり方を綴ったマニュアル、関戸勇による写真、縁のある35人の寄稿文を収録する。〔私家版 2013年刊の改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

表参道の交差点にほど近く、38年間変わらぬスタイルで営業を続けた喫茶店「大坊珈琲店」は2013年12月に惜しまれつつ閉店した。
店主の大坊勝次が豆選びから焙煎、ブレンドをも自ら行い、ネルドリップで作るコーヒーは、濃いめながら酸味と甘味が溶け合い、苦味がまろやかに包み込まれている、すっきりとした味わい。その一杯を求めて、文化人を含む多くの人たちが通っていた。店内で焙煎から行われており、コーヒーを淹れるまでの無駄のない一連の動きを楽しむ人も。むく材のカウンターも椅子も壁も焙煎の煙で燻され、過ぎた年月により落ち着きを増していた。BGMは音量がほどよく絞られたジャズ。器、本、絵画、花など、店内にある細部にいたるまで店主のこだわりが感じられ、コーヒーを味わうための最適な空間が整えられていた。
本書はそれらのこだわりが綴られたエッセイ「大坊珈琲店のマニュアル」をはじめ、写真家・関戸勇による店内外の写真、縁のある35人による寄稿文で構成。大坊珈琲店を愛する人には懐かしく、コーヒーや喫茶店が好きな人も追体験することで、コーヒーの味わいと空間に浸れる内容となっている。
本書はもともと閉店時に1000部限定で制作された私家本を改訂したもの。デザインは私家本同様、猿山修が手がけ、大坊珈琲店を思わせる静謐な雰囲気が漂う装幀にする。好きなコーヒーや喫茶店がひとつあるだけで、日常が豊かになることを感じさせる一冊。【商品解説】

目次

  • 店主・大坊勝次による自家焙煎、ネルドリップ、内装、音楽、器、本などに対するこだわりが綴られたエッセイ「大坊珈琲店のマニュアル」/写真家・関戸勇が撮影した大坊珈琲店の写真/縁の方々による寄稿文
  • [寄稿者]
  • 佐藤隆介、永六輔、矢崎泰久、武部守晃、葉山葉、小林庸浩、十文字美信、長谷川櫂、天児牛大、糸井重里、平松洋子、杉山英昭、嶋中労、門上武司、小川幸子、川口葉子、五十嵐郁雄、鳥目散帰山人、横山秀樹、升たか、遊佐孝雄、本多啓彰、渋澤文明、立花英久、立花文穂、切明浩志、岡戸敏幸、金憲鎬、芦澤龍夫、沖本奈津美、長沼慎吾、清田大志、金恵貞、大野慶人、小澤征爾

著者紹介

大坊 勝次

略歴
〈大坊勝次〉1947年岩手県生まれ。南青山の喫茶店「大坊珈琲店」店主を務めた。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/06 17:29

投稿元:ブクログ

南青山にあった「大坊珈琲店」の珈琲と店のあり方を綴ったマニュアル、とのこと。

いい店だったんだろうな。
おそらく、わたしには敷居の高いような。

2014年11月29日北摂アーカイブス講演会で展示されていた本。

2014/07/16 21:33

投稿元:ブクログ

美味い珈琲が飲みたくなってきた、、、

誠文堂新光社のPR(特設サイト)
http://www.seibundo-shinkosha.net/pickup/daiboucoffee/

2014/10/26 21:58

投稿元:ブクログ

読み進めるにつれ、もっと早くコーヒーにハマればよかった、無念と…。
行きたかったな。
飲みたかったな。

2015/04/13 19:40

投稿元:ブクログ

村上春樹さんとはランニングの話ばかりしたそうです。向田邦子さんとは、はじめ何をしている方か知らずに話していたと。

青山にあった大坊珈琲店のマスター自らが書いたマニュアルと写真集。珈琲の作り方のみならず、店そのもの、空間のすべてをどの様に作り上げていったのか。頑固さと繊細さを持ち合わせた、あの一見無愛想なマスターは読書家なだけでなく、絵画、陶芸、そしてスポーツ好きだったんだ…。

後半は、交流のあった多方面に渡る人々の懐かしい話や閉店を惜しむ言葉が。
ある方は、カウンターでたまたま一緒になった人に、ガンダムXの第39話にある台詞を教えてもらったそうです。
「(怪我をした兵士のケンカに医師が)ケガにゲリラも新連邦もなかろう。それより一杯どうかね。たいがいの事はコーヒーを飲む間に心の中で解決するものだ。」

何度も通ったけれど、もっと何もかもをしっかり味わっておきたかったと読んでしみじみ。

2016/01/04 21:42

投稿元:ブクログ

大坊さんの珈琲への究極的な探求と、机、椅子、花、絵など大坊珈琲店を構成する全てのものへの思いを知れる。特に、大坊さんの絵や花への姿勢、捉え方はすごく魅力的に感じた。

珈琲屋さんをしたいなら、珈琲をしたいなら、きっとこの本は読まなければいけないなと思う。

大坊珈琲店の再オープンを願う。

酒・ドリンク ランキング

酒・ドリンクのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む