サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ちいさなちいさな めにみえないびせいぶつのせかい

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちいさなちいさな めにみえないびせいぶつのせかい
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 取扱開始日:2014/08/26
  • 出版社: ゴブリン書房
  • サイズ:30cm/32p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-902257-30-4
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ちいさなちいさな めにみえないびせいぶつのせかい

著者 ニコラ・デイビス (文),エミリー・サットン (絵),越智 典子 (訳),出川 洋介 (監修)

身のまわりにいる、目にみえない、ちいさな、ちいさな生き物-微生物。その存在と、人間の暮らしとの関わり、自然界での大きな役割を、子どもたちにわかりやすく伝えるイギリスの科学...

もっと見る

ちいさなちいさな めにみえないびせいぶつのせかい

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

身のまわりにいる、目にみえない、ちいさな、ちいさな生き物-微生物。その存在と、人間の暮らしとの関わり、自然界での大きな役割を、子どもたちにわかりやすく伝えるイギリスの科学絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ニコラ・デイビス

略歴
〈ニコラ・デイビス〉ケンブリッジ大学で動物学を専攻。さまざまな野生動物の研究をおこない、自然科学番組の制作や、子ども向けの本の執筆などで活躍。
〈エミリー・サットン〉エジンバラ芸術大学卒業。イラストレーター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

微生物

2015/02/01 17:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポニー - この投稿者のレビュー一覧を見る

微生物の世界を新たな視点で見せてくれる。
科学の入門書。小さな子から読める科学絵本!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい!

2015/01/31 03:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いちにいさんだー - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう絵本があると、小学1年生でも微生物とはどういうものなのかがわかって良いと思います。

まずはこの絵本で微生物とはどういうものなのか理解をさせた上で、次の本に進もうと思います。


しかし、次の良書が見つからず、図書館で借りてきてもまだかいたいと思う本が見つからないので、この著者さんの次の科学絵本があれば読み聞かせしてあげたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小学高学年向け課題図書ですが

2015/09/11 08:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomo - この投稿者のレビュー一覧を見る

2015年の青少年読書感想文コンクールの課題図書ですが、本文はすべてひらがなで書かれていて、内容も幼稚園年長くらいから理解可能なのではと思います。小学低学年なら十分理科的に理解できる描き方で、目に見えない微生物について語りかけてくれます。図書館で見つけたら、借りてみても良いかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

微生物

2015/10/21 06:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学校低学年でも微生物に対して理解ができるような絵本です。大人が読んでもとってもおもしろいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/08 19:50

投稿元:ブクログ

イギリスの科学絵本(5歳から~)

めにみえない微生物の存在がわたしたちの生活に関わっていることを知ることができる本

「だからびせいぶつが たべたものは かじられて なくなったりせずに、 ゆっくりと ほかのものに かわっていく。

なまごみは、たいひに。
ぎゅうにゅうは、ヨーグルトに。
いわは、つちに。」

絵が科学っぽくなくてすてき。
科学っぽいアレルギーなしに、おはなしの中で少しずつわかっていかれるのはいいね。

2015/10/19 21:38

投稿元:ブクログ

興味深い微生物の世界を、美しくて楽しげな絵本という形で見せてくれた。
大人でも驚かされる事実が分かりやすく書いてあり、子供には自然と親しめるのではと思った。

2015/03/31 13:11

投稿元:ブクログ

めにはみえないけど、そこらじゅうにいる「びせいぶつ」
どうぶつでもしょくぶつでもない、ちいさなちいさないきものの、ふしぎなちからを わかりやすくうつくしい絵でしょうかいしてくれる絵本です。どうしてそんなちいさないきものが「とてつもなくおおきなしごとをしている」のか、この本をよめばわかりますよ。

2015/05/06 03:55

投稿元:ブクログ

こちらはノンフィクションですが形態が絵本となっているので、絵本編の中で紹介します。目には見えない微生物の姿を働きを子どもたちにとてもわかりやすい絵と説明で紹介してくれるイギリスの科学絵本です。微生物とは何か、そして私たちの生活が微生物の働きなしでは成立しないことなどを子どもにわかりやすい例えで表現しています。また科学絵本でありながら、芸術性という部分でも素晴らしく美しい作品です。ブックトークなどでもぜひ紹介して欲しいと思います。

2015/09/09 20:45

投稿元:ブクログ

親戚の子の夏休みの読書感想文のために購入。
本屋さんにて3冊ほど読みたい本を手に取ってもらって、「トーナメント戦しよ!どれが1位か決めよや!」って言ったら見事この本が彼の1位だった。
ちなみに「短いからこの本選んだんちゃうよな?」って聞いたら目を逸らして「うん、おもしろそうやもん」って。ほんまかい。
でも読んでみると結構深かった!おもしろいよ微生物の世界。ひらがな多いけど高学年用の課題図書です。
微生物はいろんなところにいるよ。マグマや岩の中や、冷蔵庫の裏側にも。みたいな文があったので、親戚の子に「マグマとか岩の中は見られへんから、ちょっと冷蔵庫の裏見てみ!微生物おるかもしれんで!」ってふざけ半分で調べさせたら「見えへん。ホコリしか見えへん」ってマジメに言われた。微生物を見ようとするその心意気は買いたい。

2014/10/24 23:31

投稿元:ブクログ

あくまで上品な絵本のたたずまいを崩すことなく、
しかして微生物の本だ。

「シロナガスクジラより大きいものって・・・」とか
「たまごってふしぎ」とかに似ている味わい。

しかし最近思うのだが、実はこういう科学絵本って需要がめっちゃ少ないのではないだろうか?

科学好きには相手にされないし、
文学好きにも相手にされないし、
文学が好きでありつつ科学も好きっていうニッチ需要なのかなぁ。

個人的には結構好きなのだけど・・・

2016/05/12 20:39

投稿元:ブクログ

最近出版された本?のようですが、時代を感じる手描き感のある絵柄です(^_^)
よくある説明が多い絵本ですが、微生物がPOPで可愛く描かれているので楽しい!

なんと言っても、インパクトがあるのは
ゾウリムシと増えていく微生物ですね(^_^);
インフルになっちゃうのは怖いから
手を洗わなきゃって思いますよね( ´∀` )

2015/08/04 15:09

投稿元:ブクログ

図書館で借りた本。
子供の夏休みの読書感想文の宿題の課題図書なので、予約して借りました。 課題図書っていうから、普通の図書っぽい野を想像していたのに、絵本でほとんど字が無かった。 感想文、大変そうだ。

2016/03/08 18:59

投稿元:ブクログ

この本は、びせいぶつがどこにいるか、なんびき体の中にいるかが分かります。びせいぶつはみ近なところで大変なしごとをしていると、前は知らなかったけど、知ったら気持ち悪く感じました。

2015/06/30 18:57

投稿元:ブクログ

20140930 朝3年生 ODA
20150616 5年生 課題図書紹介 ブックトーク
20150630 朝6年生 課題図書紹介ブックトーク
20170124 朝3年生

2015/06/25 23:41

投稿元:ブクログ

地球が生物を生み育み、生物がまた地球を育んだ。

青少年読書感想画コンクール課題図書です。
スタンダードな科学絵本なので、物語よりむしろ感想文は書きやすいのではないかと思います。
どこにでもいて、地球を形作る力にも大きく関わっている微生物の世界は、良い題材になるでしょう。

自然・いきもの絵本 ランキング

自然・いきもの絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む