サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. マレーシア航空機はなぜ消えた

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マレーシア航空機はなぜ消えた
マレーシア航空機はなぜ消えた マレーシア航空機はなぜ消えた

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/08
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219027-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

マレーシア航空機はなぜ消えた

著者 杉江 弘 (著)

2014年3月8日、乗客乗員239名を乗せて突如消えたB777。これは「事故」か、それとも「事件」なのか? ジャンボ機乗務時間世界一の元機長が、航空史上最大のミステリーを...

もっと見る

マレーシア航空機はなぜ消えた

1,620(税込)

マレーシア航空機はなぜ消えた

1,296(税込)

マレーシア航空機はなぜ消えた

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2014年3月8日、乗客乗員239名を乗せて突如消えたB777。これは「事故」か、それとも「事件」なのか? ジャンボ機乗務時間世界一の元機長が、航空史上最大のミステリーを解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

B747ジャンボ機乗務時間世界一の元機長が、航空史上最大のミステリーを解き明かす!
乗客乗員239名を乗せて突如消えた、5つ星エアライン・マレーシア航空370便。筆者は事件当初から、前例なき異常の原因を予測していた。同じ空域での豊富な飛行経験なくしては語れぬ真実。テレビ朝日「ワイド!スクランブル」をはじめとする16日連続スタジオ生出演で、なにが「正しく」、なにが「ガセネタ」かを明らかにしてきた筆者が、未曽有の航空機事故の真実に迫る。【商品解説】

目次

  • ●はじめに
  • ●序章/事故発生
  • ●1章/インド洋に消えたMH370便の航跡
  • ●2章/通信手段「エーカーズ」は切断されていなかった
  • ●3章/あり得ない報道と情報操作
  • ●4章/新手のハイジャックか? パイロットの自殺か?
  • ●5章/飛行は最後はどのように
  • ●6章/ブラックボックスはなにを明らかにするのか
  • ●7章/すでに明らかになった「教訓」
  • ●終章/事件の全体像と「核心」に迫る

著者紹介

杉江 弘

略歴
〈杉江弘〉1946年愛知県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。元日本航空機長。運航安全推進部在籍時には「スタビライズド・アプローチ」など航空界の安全施策を行う。著書に「機長の告白」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

事故原因に真摯に取り組んだ本

2015/03/22 01:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウクライナ上空で撃墜された17便ではなく、今年の3月にマレーシア上空で行方不明となった370便の事件について、かつて現役機長として現場空域の飛行経験もある著者による分析。事件発生直後に流れた「中央アジアまで飛行してタリバンに引き渡されたのでは」、「米軍が極秘に機体を保管しているのでは」等の様々なゴシップ的な推論に対して、現在私たちが知りうる情報と機長としての経験をもとに検証していきます。非常に理路整然と選択肢を一つ一つ消してゆく著者の推論の進め方には飛躍がなく、説得力があります。その著者がもっとも可能性が高いと推測するのが「機長自らの政治的な意図を動機とした事件ではないか」というもの。なぜその結論に収斂するのかは本書を読んでみてください。
この事件に限らず、様々な過去の航空機事故を引き合いに出し、その根底には「空の旅は何よりも安全が最優先で、人生のよき思い出となるべきであって決して悲劇の現場となってはならない(本書あとがきより)」という著者の強い信念が伝わってきます。
日本では航空機に限らず事故調査が「再発防止」よりも「刑事責任追及」に重点が置かれている現状に対する警鐘など著者の様々な提言にも共感できる部分が多いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

事件の真相に迫っていると思うが、やはり真実がしりたい

2015/01/26 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タロー - この投稿者のレビュー一覧を見る

マレーシア航空機の失踪事件について、パイロット経験をもとに専門的に分析しており、納得度も高く、興味深い。自分自身海外出張等で飛行機に乗る機会が増えているだけにとても関心がある。事件の真相に迫っていると思うが、やはり真実が解明されることを期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/23 11:38

投稿元:ブクログ

機長がかなり衝動的に犯行を決意したと言う可能性も決して否定できない。

なぜ事件の核心に迫らないでそれらしい解説をするのだろうか?

2014/09/23 00:00

投稿元:ブクログ

今の若手はダメだ的な発言や、デシタル表示の計器を批判してアナログ計器を賛美するなど、老害感が鼻につくところではあるが、内容は素晴らしく面白い。著者にしかないであろう専門的な知見のもと、納得感のある結論に持っていっている。

2016/08/26 08:57

投稿元:ブクログ

そういや、あの事件はどうなったんだろう?と気になって読んでみた。
真相自体は闇の中ではあるが、少なくとも有り得ない仮説が何なのかは理解できたとともに、ケースとして出された過去の航空事故の解説が簡にしてよくまとまっておりよかった。

2014/10/08 01:30

投稿元:ブクログ

発生が2014/3/8。現時点(2014/10)でも謎の事件。情報網がこれだけ発達した社会にあっても、「消える」という事態が生じているのだから、尋常ではない。航空安全の専門家が様々な可能性を提示する。真相が明らかになる日は来るのか。

2014/11/03 06:30

投稿元:ブクログ

今年(2014)3月上旬にマレーシア航空機の消息が不明になり、私も最後はよく把握していませんが、不明のまま忘れられているような事件がありました。筆者は、事故ではなく、事件と断定していようですね。

インターネットなどの技術が発達しているわりには、わからないで終わってしまう事件が現在でも起きてしまうのですね。数日前から、それらの真相?に触れている本も読み始めたので、それは読み終わってからアップするとして。

この本は元パイロットでありジャンボ機を実際に操縦されていた杉江氏により書かれた本です。パイロットらしくその観点からこの事件はどうだったのかと考察されています。最終的な見解が少なくとも私が知る限りでは無いこの事件について、この本に書かれていることは参考になりました。いずれ真相が出てくるとイイですね、ケネディ大統領暗殺や911事件のように。。

私も仕事がら時々飛行機に乗って外国に行きますが、日本の空港に着陸するときにいつもほっとします。このような事件が起きないように祈るばかりです。

以下は気になったポイントです。

・現代のハイテク機は、コンピュータを駆使した自動化システムにより平常時であればパイロットはラクにフライトできる。その反面いったんトラブルが発生すると、何から手をつけていいかわからなくなり、パニックに陥りやすくなる(p18)

・1965年にシンガポールからマレーシアから離脱独立したのを契機に、マラヤ航空は両国政府の共有となり1967年にはマレーシア・シンガポール航空となった。1971年に共有が解消されて、分離。(p20)

・1977年当時の日本航空は機長全員管理職制度を導入していて、部下の副操縦士は上司に何もいえず、クアラルンプール事故を起こした(p27)

・MH370便と官制、マレーシア航空や政府とやりとりする手段として、無線・トランスポンダー・エーカーズの3種類がある(p66)

・対象の便の航跡や、燃料切れになった地点は、エーカーズにより当局側は把握していたと考えられる。(p74)

・何の連絡も無く航路をはなれて左旋回してインド洋方面にむかったこと、トランスポンダーのスイッチが切られたこと、事故ではなく事件の可能性が高いのに公表していない(p77)

・日本では事故が発生すると、国交省が所轄する運輸安全委員会と警察が同時に調査を始める、この方法はアメリカの方法ではない。他の部分(整備、飛行場、官制、パイロット訓練等)はアメリカ式なのに(p105)

・安全な航空会社の選び方として、アメリカのメジャー航空会社の、大型機で運行する便を推奨する(p112)

・現在の機長の航空法上の権限とは、出発時にすべてのドアが閉められた後は、到着していずれかのドアが開かれるまで、たとえ航空会社の社長であれ内閣総理大臣であれ侵す事が出来ない(p190)

・三人から二人乗りになったことで、航空機関士が受け持っていた業務を二人でカバーする必要が有る。そのためにグラスコックピット仕様を採用、全ての計器類を配置できないので、3種類のディスプレーに全ての情報を内在、表示をデジタル表示にした(p196)

2014年11月3日作成

2014/10/01 22:34

投稿元:ブクログ

ウクライナ上空で撃墜された17便ではなく、今年の3月にマレーシア上空で行方不明となった370便の事件について、かつて現役機長として現場空域の飛行経験もある著者による分析。事件発生直後に流れた「中央アジアまで飛行してタリバンに引き渡されたのでは」、「米軍が極秘に機体を保管しているのでは」等の様々なゴシップ的な推論に対して、現在私たちが知りうる情報と機長としての経験をもとに検証していきます。非常に理路整然と選択肢を一つ一つ消してゆく著者の推論の進め方には飛躍がなく、説得力があります。その著者がもっとも可能性が高いと推測するのが「機長自らの政治的な意図を動機とした事件ではないか」というもの。なぜその結論に収斂するのかは本書を読んでみてください。
この事件に限らず、様々な過去の航空機事故を引き合いに出し、その根底には「空の旅は何よりも安全が最優先で、人生のよき思い出となるべきであって決して悲劇の現場となってはならない(本書あとがきより)」という著者の強い信念が伝わってきます。
日本では航空機に限らず事故調査が「再発防止」よりも「刑事責任追及」に重点が置かれている現状に対する警鐘など著者の様々な提言にも共感できる部分が多いです。

2014/09/18 22:37

投稿元:ブクログ

謎の航空機失踪事件。機が失踪したおかげで巨万の富を得た者がいるんじゃないの?半導体の特許を独占できたのはロスチャイルドじゃないの?という陰謀説を頭に入れながら読むと楽しいですぜダンナ。

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む