サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

吾輩ハ猫ニナル
吾輩ハ猫ニナル 吾輩ハ猫ニナル

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/16
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/135p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219064-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

吾輩ハ猫ニナル

著者 横山 悠太 (著)

日中混血の青年カケルは、上海の親元を離れ日々を徒然に暮らしている。ある日、ビザの更新のために日本へ行くことになり、オタクの聖地、秋葉原に辿り着く。その馬鹿馬鹿しくも傑作な...

もっと見る

吾輩ハ猫ニナル

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

吾輩ハ猫ニナル

1,296(税込)

吾輩ハ猫ニナル

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日中混血の青年カケルは、上海の親元を離れ日々を徒然に暮らしている。ある日、ビザの更新のために日本へ行くことになり、オタクの聖地、秋葉原に辿り着く。その馬鹿馬鹿しくも傑作な結末とは?―ユニークなルビで読む者を圧倒する文章表現。クリティカルな日中文化論、そして見事な漱石論(パロディ)。大型新人のデビュー作。第57回群像新人文学賞受賞作。第151回芥川賞候補作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【群像新人文学賞(第57回)】日中混血の青年カケルは、ある日、ビザの更新のため日本へ行くことに。オタクの聖地・秋葉原に辿り着くと…。日本語と中国語を混交した文体、ユニークなルビで、青年の成長をユーモラスに描く。『群像』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

上海に住む日中混血(ダブル)の青年、カケル。
親元を離れ日々を徒然に暮らしていたが、ビザの更新のため日本に行くよう母親に言われる。一人旅のすえたどりついたのはオタクの聖地、秋葉原。その馬鹿馬鹿しくも傑作な結末とは?
 ――「日本語を学ぶ中国人を読者に想定した小説」、すなわち「カタカナを使わない小説」を書くというコンセプトのもと綴られるカケルの物語は、見たことのないルビ使い、日本語と漢語を大胆不敵に混交した文章で、読むものを幻惑し圧倒します。言語自体を相対化する文章表現、日中現代文化への風刺、漱石や子規他近代文学のパロディなどなど、知的な企みは、新鮮な驚きに満ちています。思わず声を出して笑ってしまう、個性的なユーモアにも注目してください。
「面白い小説」そして「優れた批評」を一度に堪能できる、今年を代表する文学が誕生しました!【商品解説】

著者紹介

横山 悠太

略歴
〈横山悠太〉1981年生まれ。岡山県出身。岡山城東高校卒業。留学生。北京在住。「吾輩ハ猫ニナル」で第57回群像新人文学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.7

評価内訳

2014/09/01 10:00

投稿元:ブクログ

中国語と日本語+Jポップ読みみたいな雰囲気。中国語が堪能な方に読んでもらったら「むかつくわー」とのこと。すごく面白かった。特にスピッツのくだり。
気の抜けた会話文と地の文の硬くも柔らかくもないあの感じ。漱石好きは楽しめる(すごく笑った)。それともやっぱり「むかつくわー」になるのかな。

2015/11/14 00:36

投稿元:ブクログ

あらゆるところに企みが隠されていて楽しい。日本語がかなり相対化されていて、言葉遊びも満載。それをひとつびとつ味わっているうちに読了。ただ、知的にはたいへん満足できたけれど、別世界に連れてはいかれなかった。ひとつには、恐るべき他者が描かれていないからだろう。スケッチ的には描いてあるが、それと関わりを持ちかけたとたん、主人公は猫になってしまう。

2014/09/06 01:10

投稿元:ブクログ

「日本語を学ぶ中国人」を、想定した文体は、中国語を学ぶ日本人にとってもニヤリとしてしまいます。
タイトルどおり、夏目漱石のパロディが散りばめてあるらしいのですが、私は殆ど読んでなくて、そこまでは楽しめず。

2014/08/19 01:59

投稿元:ブクログ

漢字を中国語で書いた小説。日本語と中国語が混ざった文体。中国語が初級でも、使われている漢字が面白かった。

2016/02/27 10:54

投稿元:ブクログ

中国語で書かれた日本語の本。趣向が面白い。文も徐々に吸い込まれるような不思議な感覚。日本人の父と中国人の母を持つ主人公のドタバタ劇が単調ようだけどジワジワ来る文章で面白い。

2015/01/06 12:14

投稿元:ブクログ

中国語使いだが、意味不明だ。外国人の日本語の勉強にもならないし。作者の練習文章或いは自慢を読まされた感じ。

2014/08/15 15:45

投稿元:ブクログ

こういう書き方があったのね!という新鮮な驚きがあった。でも…、それ以上のものではなかったような…。淡々とした書きぶりに独特のユーモアがあって、何かもう一押しあれば好きになりそうな気がする。

2014/09/05 22:43

投稿元:ブクログ

「吾輩ハ猫二ナル」(横山悠太)を読んだ。何なんだこれは。前菜だけで終わってしまったディナーのようだ。確かに新しくて面白いんだが、圧倒的に量が足りない。もう少し読みたいのに。電子書籍の難点は、本の厚さが目視できないことと、脚注がある場合に本文と行ったり来たりの操作が面倒なことだな。

2014/12/26 11:11

投稿元:ブクログ

主人公は森見登美彦の作品張りの「めんどくさい」人物。
めんどくささ全開で上海から蘇州での一人暮らし、そして東京秋葉原での体験までを綴る不思議物語。
最後数ページは意味不明(^^

2014/09/02 01:06

投稿元:ブクログ

ごく短い作品ですが,読むのはちょっと苦労しました。
奇抜でおもしろい試みですね。
ウィットに富んだ駿の独白が心に残りました。

2015/06/01 22:12

投稿元:ブクログ

中国育ちの日本人による身辺雑記&日本旅行記という体で書かれた小説(著者は中国留学中の日本人とのこと)。旅行記は日本を外部の視点で異化して描いているのだが、舞台が秋葉原だけに元々異化されているのではないかと思わないでもない。

2014/08/02 00:57

投稿元:ブクログ

2014年群像新人文学賞受賞作であり、先日の芥川賞候補作となった作品(受賞はならず)。著者のデビュー作。

日本語を学んでいる中国人の友人が「日本語はとにかくカタカナがやっかい」自分の日本語レベルで読める小説はないかと聞かれ、ひと昔前の小説を渡した。すると今度は「カタカナが少ないのは良いが、時代遅れの漢語ばかりで読みにくい。とくに夏なんとかという作家の作品は漢字の使い方がでたらめ」だという。そこで、日本語を学ぶ中国人のための小説を書こうと思い立つ。その作品が「吾輩ハ猫二ナル」であった。

文章はカタカナを全て漢字に置き換え、また
日本語と漢語が激しく入り乱れる。最初は読みづらくもありますが、疲れることなくだんだんと慣れてくるのは散りばめられた現代の日本や中国に対するユーモラスな風刺表現のおかげでしょうか。
作中にあるスピッツの名曲「ロビンソン」の歌詞の解釈には笑ってしまいました。
物語を楽しむというよりも、実験的(知識の乏しい僕には少なくともそう感じられました)な文章表現を楽しむ作品だと思います。

2015/07/23 21:59

投稿元:ブクログ

おもしろい(興味深い)小説である。どの文字(中国の漢字、日本の漢字、ひらがな、カタカナ)をどのように配置(本文か、ルビか)するかによって、同じ出来事を描いても、全く見え方が異なるし、読み手の頭の使い方も変わる。(漱石が明治時代にやったことと同じと言えば同じなのだろうが、今までに無い角度で漢字仮名交じり文を読んでいるという感覚は、漱石の文章より本書の方が強い。)それを軽妙なストーリーとともに様々に変奏して実証している。物語としての感動はないが、その着想や構成の巧みさはお見事。読んで損はない。

2015/06/04 19:48

投稿元:ブクログ

*図書館の所蔵状況はこちらから確認できます
http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103880&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

2014/07/18 03:38

投稿元:ブクログ

群像新人賞受賞作、芥川賞候補作。
本誌で読んだときから、独特の言語感覚が気になっていた。単行本で再読しても、やはりこの語彙のセンスに注目してしまう。この『日常的な非日常感覚』というのが非常に『群像』らしい新人賞受賞作だと言えるんじゃないだろうか。『新潮』や『文學界』のカラーではない。

候補になったニュースを目にしてから、芥川賞をとってくれないかと応援していたのだが、受賞には至らなかった、残念。