サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

軍事力が中国経済を殺す(講談社+α新書)
軍事力が中国経済を殺す(講談社+α新書) 軍事力が中国経済を殺す(講談社+α新書) 軍事力が中国経済を殺す(講談社+α新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-272861-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

軍事力が中国経済を殺す (講談社+α新書)

著者 相沢 幸悦 (著)

世界不況下、かつての日本のように欧米へ「集中豪雨的輸出」ができない中国は、工業設備の活用のため軍拡に走る。その結末は? 2017年、超インフレ襲来による中国経済の崩壊を予...

もっと見る

軍事力が中国経済を殺す (講談社+α新書)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界不況下、かつての日本のように欧米へ「集中豪雨的輸出」ができない中国は、工業設備の活用のため軍拡に走る。その結末は? 2017年、超インフレ襲来による中国経済の崩壊を予測する。【「TRC MARC」の商品解説】

2014年春、ついに中国でデフォルトが始まった! しかし、世界不況下、かつての日本が行ったように欧米へ「集中豪雨的輸出」をすることもできない。そこで工業設備の活用のため、お鉢が回ってきたのが軍事力の増強、すなわち軍拡である。
 こうして中央銀行たる中国人民銀行は、この軍拡と、治安維持、不良債権の買い取り、環境対策のため、政府へのマネー供給機関に成り下がる。すると中国元の信認が失われ、インフレが亢進していく。そして、中国経済の命脈は2017年に途絶える――。【商品解説】

目次

  • 序 章 軍事力が中国を殺すプロセス
  • 第1章 中国バブル完全崩壊
  • 第2章 三重苦に喘ぐ中国経済
  • 第3章 格差拡大と民衆暴動の真実
  • 第4章 ストップした投資の裏側
  • 第5章 軍事力が成長を止めるメカニズム
  • 第6章 領土拡張が招く財政赤字
  • 第7章 日本の中国包囲網の成果
  • 第8章 暴走する中国人民銀行

著者紹介

相沢 幸悦

略歴
〈相沢幸悦〉1950年秋田県生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。埼玉学園大学経済経営学部教授。著書に「アメリカ依存経済からの脱却」「品位ある資本主義」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/25 19:24

投稿元:ブクログ

2014年春、ついに中国でデフォルトが始まった! が、世界不況下、かつての日本のように欧米へ「集中豪雨的輸出」をすることもできない。そこで工業設備の活用のため、お鉢が回ってきたのが軍事力の増強、すなわち軍拡である。こうして中央銀行たる中国人民銀行は、この軍拡と、治安維持、不良債権の買い取り、環境対策のため、政府へのマネー供給機関に成り下がる。インフレの亢進で、中国経済の命脈は2017年に途絶える!

2016/12/15 02:36

投稿元:ブクログ

2014年刊。著者は埼玉学園大学経済経営学部教授。
 
 中国破綻を煽る書だが、厚みのなき内容で、短時間でのスキッピング・ザッピングに適している。
 結局、日本の平成バブルに酷似した現中国の資産バブルがどの程度か、そして米サブプライムローン破綻に類似するオフ・バランス目的の証券価値の暴落が、どの範囲の金融機関の体力を、どの程度痛めつけるかにかかるのだろうなぁとの感。
 これは公開情報が乏しく(実際本書でもデータ的には大したことは書かず。かつ資産バブルは簿価と時価をどうとるかで損失規模を隠蔽できるので判断が難しい)不明点多し。
 そうなる可能性もあるし、破綻範囲・損失規模が小さければそこまでには至らず、ソフトランディングは可能。というくらいしか言えない。

 エネルギー・資源問題は別として、軍事覇権よりも、軍装備品輸出大国を指向した軍備の技術的進展(さらには米へのキャッチアップ)を狙っているのではという印象。
 さすがに、正面切って米国と現在対決できると考えているほど、能天気ではあるまい。

 なお、中国のエネルギー問題は、石炭=環境という観点以外、本書では余り触れられない。

 そもそも、著者の著作を見ると、金融論(恐慌やバブル等を含む)・金融制度論(中央銀行論を含む)が専門のように見える。生データに信憑性の置けない中国の金融政策論をどこまで論じられるのかは疑問なしとしない。まして軍事政策論は著者のテリトリーとしてはどうなんだろうか…。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む